暗号資産の時価総額、2兆ドルを突破──アルトコインが急上昇【市場動向】

暗号資産の時価総額、2兆ドルを突破──アルトコインが急上昇【市場動向】

●ビットコイン(BTC)は5日16時(日本時間6日6時)時点、59,002.29ドル付近で取引され、過去24時間で1.75%上昇した。

●過去24時間の価格レンジは、56,846.97ドル~59,243.04ドル(CoinDesk 20のデータ)。

●1時間足チャートでは、10時間平均と50時間平均を上回って取引されており、テクニカル分析では強気シグナルとなっている。

ビットコインは5日、またも心理的レベルである6万ドルの突破に失敗し、5万9000ドル付近の安定した取引となっている。

8つの大手暗号資産(仮想通貨)取引所でのスポット取引高は5日、約20億ドルとなり、前日から大きな変化はなかった。

出典:CryptoCompare

一方、ビットコインの30日ボラティリティーも低下し、約56%と年初以来の低水準となっている。

出典:CoinDesk Research

イーサリアムとアルトコイン

●イーサリアムは5日16時(日本時間6日6時)時点、2,105.07ドル付近で取引され、過去24時間で2.05%上昇した。

●過去24時間の価格レンジは、2,005.46ドル~2,124.70ドル(CoinDesk 20のデータ)。

●1時間足チャートでは、10時間平均と50時間平均を上回る水準で取引されており、テクニカル分析では強気シグナルとなっている。

クラーケンでのイーサリアム価格推移
出典:TradingView

5日のマーケットの話題は、ビットコインでもイーサリアムでもなく、いくつかのアルトコインに集中した。アルトコインの価格上昇により、暗号資産全体の時価総額は2兆ドルを超えた。

トロン(TRX)、テゾス(XTZ)、ビットトレント(BTT)をはじめとする暗号資産は過去24時間で2桁パーセンテージ台の上昇を記録した。

「ビットコイン価格は5万5000ドル〜6万ドルの間で安定しており、投資家が他の暗号資産を探る強気の市場環境を作り出している。これはビットコインのドミナンスの低下と一致しており、我々がどのような市場サイクルに積極的に参加しているかを示す先行的なトレンド指標になっている」とVoyager Digital共同創業者兼CEOのスティーブ・エーリッヒ(Steve Ehrlich)は述べた。

ビットコインのドミナンス:(暗号資産全体の時価総額に占めるビットコインの時価総額の割合)

TradingViewによると、ビットコインのドミナンスは年初の約73%から約57%まで低下している。

CoinDesk 20に掲載されている暗号資産の価格は5日、ほとんどが上昇している。5日16時(日本時間6日6時)時点で上昇している主な暗号資産は以下のとおり。

・リップル(XRP)35.42%
・オーキッド(OXT)28.13%
・テゾス(XTZ)20.3%
・ステラ(XLM)15.61%
・イオス(EOS)13.05%

一方、下落した暗号資産は以下の通り。

・コスモス(ATOM)マイナス1.1%

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:TradingView
|原文:Market Wrap: Bitcoin Steady Near $59K; Gains in Altcoins Push Crypto Market Cap to $2T

おすすめ記事: