ニューヨークは「ビットコインの中心地になる」:市長候補

ニューヨークは「ビットコインの中心地になる」:市長候補

22日に行われたニューヨーク市長選予備選挙の前夜、民主党の有力候補者、エリック・アダムス(Eric Adams)氏は、ビットコインへの支持を簡潔に打ち出した。

「1年後には、違う街になっていると約束する。ニューヨークは、ライフサイエンスの中心地、サイバーセキュリティの中心地、自動運転車やドローンの中心地、そしてビットコインの中心地になるだろう」とアダムス氏は述べた。

アダムス氏は、マンハッタンを除くすべての地域でライバルをリードしており、市の犯罪撲滅と経済的繁栄を公約に掲げ、黒人層やラテン系の有権者からの支持を獲得した。

23日のニューヨーク・タイムズによると、アダムス氏は現在、2位のマヤ・ワイリー(Maya Wiley)氏に7万5000票の差をつけている。

ビットコイン推進派で、民主党の大統領予備選挙にも出馬したアンドリュー・ヤン(Andrew Yang)氏は、総得票数の11.7%しか獲得できず、撤退を表明した。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:エリック・アダムス氏(Shutterstock)
|原文:NYC Mayoral Front Runner Eric Adams Says City Will Become ‘Center of Bitcoins’

おすすめ記事: