SBI証券が預かり20兆円突破、マネパがドル円スプレッド縮小ほか──7/11~7/17の株式・FX投資ニュース

SBI証券が預かり20兆円突破、マネパがドル円スプレッド縮小ほか──7/11~7/17の株式・FX投資ニュース

日興証券、ドコモ&お金のデザイン協業サービス拡充へ


日興証券は7月12日、NTTドコモとお金のデザインの3社において、協業で資産運用サービス拡充に向けた協議の検討に合意したと発表した。「長期・分散・積立」を軸とし、現行サービスの利便性向上やiDeCoへの対応を目指す。

お金のデザインはロボアドバイザー「THEO」の運営会社。現在3社は「THEO+docomo」や「日興フロッギー+docomo」などのサービスを提供している。

今後若年層・投資未経験層向けに、NTTドコモの決済サービスを活用した積立投資およびiDeCo提供に向け検討を行う。

なお、日興証券は2021年1月にお金のデザインの証券業務部分の吸収を発表している。同社の顧客口座は8月1日に日興証券に承継される。規模は2021年6月末時点で17万口座972億円。

【PR】SMBC日興証券の強みや手数料、評判や口コミは?三大証券会社の一角

OANDA、取引の分析機能の提供終了

OANDA Japanは7月12日、「取引のパフォーマンス機能(Chasing Return)」の提供終了を発表した。終了は8月14日。

同機能は過去の取引履歴を分析できるサービス。過去のデータをダウンロードしたい場合は事前に行うよう注意喚起した。

【PR】OANDA(オアンダ)のFX評判:短所、シストレ、デモ、MT4、スプレッド

トレイダーズ証券、FXツールに新機能追加

トレイダーズ証券は7月12日、FXサービス「みんなのFX」および「LIGHT FX」において、取引画面で「実効レバレッジ」を確認できる機能を追加した。それぞれ取引ツール画面から確認できる。

実効レバレッジとは全ポジション評価額を有効証拠金額で割ったもの。FX会社に預ける証拠金に対しポジション全体で何倍の取引を行っているか表している。実効レバレッジが画面で確認できることでリスク管理が容易になるだろう。

【PR】LIGHT FX(トレイダーズ証券)評判:短所、スワップやキャンペーン

マネックス証券、海外ETF5本追加

マネックス証券は7月13日、海外ETFの追加を発表した。追加したのはいずれもDirexion社のETF。ベンチマークの2、3倍の値動きを目指すレバレッジ型ETFなど5本を追加した。追加されたETFは以下の通り。

追加された海外ETF一覧

  • Direxionデイリー ジュニア・ゴールド・マイナーズ・インデックス ブル2倍ETF
  • Direxionデイリー 地方銀行ブル 3倍ETF
  • Direxionデイリー エアロスペース・アンド・ディフェンス ブル3倍ETF
  • Direxionデイリー MSCIブラジル ブル2倍ETF
  • Direxionデイリー ムーンショット・イノベーターズETF

【PR】マネックス証券の取引手数料は?口コミ・評判、口座開設方法などを一挙紹介

ウェルスナビ5,000億円突破

ウェルスナビは7月14日、預かり資産が5,000億円を突破したと発表した。同社の正式リリースは2016年7月。約5年で大台を達成した。

ウェルスナビはロボアドバイザー「WealthNavi」を提供しており、利用者は20万人。同社によると預かり資産、利用者ともに国内首位。今後は1兆円を目指すとしている。

SBI証券、預かり資産20兆円突破

SBI証券は7月14日、6月末時点で預かり資産が20兆円を突破したと発表した。同社によると、コロナ禍で非対面ニーズが顕在化したこと、比較的良好な相場環境が背景にあるとしている。

ネット証券は顧客獲得競争が過熱しているが、預かり資産ではSBI証券のシェアが高い。楽天証券が追随しているが、預かり資産は12.9兆円だ。

主要ネット証券 預かり資産一覧

  • 楽天証券:12兆8,808億円 (2021年6月)
  • マネックス証券:5兆2,451億円(2021年6月)
  • 松井証券:2兆8,020億円(2021年5月)
  • auカブコム証券:2兆6,562億円(2021年6月)

【PR】SBI証券の取引手数料や口コミ・評判は?口座開設方法なども解説

マネーパートナーズ、「ドル円」スプレッド縮小

マネーパートナーズは7月15日、FXサービス「パートナーズFX nano」において、「米ドル/円」基準スプレッドの引き下げを発表した。現行0.3銭のところ、7月16日以降0.2銭で取引できる。

マネーパートナーズ 基準スプレッド引き下げ内容

米ドル/円:0.3銭→0.2銭

【PR】マネーパートナーズの評判:短所・注意点、スワップポイントも

キャンペーン関連情報

PayPay銀行、投資信託キャンペーン開始

PayPay銀行は7月15日、投資信託キャンペーンを開始した。9月30日までに初めて投資信託口座を申し込み、10月15日までに開設が完了すればもれなく現金200円が進呈される。

また、9月30日までに初めて投資信託を1銘柄1万円以上買うと現金800円がもれなく進呈される。ただし旧ジャパンネット銀行を含め、7月14日以前に投資信託を買ったことがある方は対象外。

マネックス証券、米国ETFキャンペーン開始

マネックス証券は7月16日、米国ETF買い付け手数料のキャッシュバックキャンペーンを開始した。期間は9月30日まで。「米国株定期買付サービス」を通じ、対象ETF10銘柄を買い付けた際の手数料が全額キャッシュバックされる。

対象ETFは以下の通り。

マネックス証券 キャンペーン対象ETF一覧

  • SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF
  • バンガード・米国高配当株式ETF
  • インベスコQQQトラストシリーズ1
  • バンガード・米国増配株式ETF
  • iシェアーズ・コア米国高配当株ETF
  • iシェアーズ優先株式&インカム証券ETF
  • バンガード・米国トータル債券市場ETF
  • バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF
  • iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETF
  • グローバルX NASDAQ100・カバード・コールETF

FX初心者向け情報一覧

FXとは?初心者向けFX入門の基礎
FX口座開設と審査の対策、業者の選び方や注意点
FX会社口座比較ランキング──スプレッド、スワップポイント、通貨ペアほか
FXの始め方──人気のFX会社5社ごとに解説

|文・編集:coindesk JAPAN編集部
|画像:Shutterstock.com

おすすめ記事: