【市場動向】ビットコインは3日連続で下落、一時490万円を割る

【市場動向】ビットコインは3日連続で下落、一時490万円を割る

ビットコインは12日、3日連続で下落し、今週はじめに4万6800ドル付近の3カ月ぶりの高値を記録したあと、一時4万4000ドルまで下落した。

「今は4万6000ドル超えを望む声はあまり多くないが、大規模な売りもない」とデジタル資産金融サービス企業Eqonexのマット・ブロム(Matt Blom)はコメントした。

イーサリアムも下落しており、当記事執筆時点、3000ドルの大台のすぐ上で推移している。

投資調査会社ファンドストラット(FundStrat)は「暗号資産市場は、1週間のポジティブな価格パフォーマンスの後、ひと息ついている」と述べた。

最新価格

●ビットコイン (BTC):4万4475.6ドル、−4.54%
●イーサリアム(ETH):3063ドル、−6.04%

●S&P500:4460.8、+0.3%
●ゴールド:1753.5ドル、+0.15%
●10年物米国債:1.372%(11日:1.341%)

暗号資産への規制をめぐる動きは12日も続き、米下院議員が公開書簡で、上院を通過したインフラ法案の暗号資産に関する税条項を修正するようナンシー・ペロシ下院議長に求めた。

条項にある「ブローカー」という用語の現在の定義が広すぎて、一部の事業体にとって遵守が難しくなる可能性がある。

この法案に対する暗号資産業界の反発は、業界の影響力が大きくなっていることを示していると指摘する人もいる。

「我々は議会でのこの戦いの後、法務、コンプライアンス、政府との関係構築への投資が増加し、分散型プラットフォームのイノベーションが加速すると考えている」とファンドストラットは述べている。

深まる謎、ハッカーが流出させた暗号資金を返却

今週はじめにPoly Networkから流出した約6億ドル(約660億円)の暗号資金のうち、半分以上が返却された。Poly Networkのツイートによると、協定世界時(UTC)12日午前8時18分(日本時間17時18分)時点、約3億4200万ドルが返却されている。

イーサリアムブロックチェーンでの取引データに書き込まれたメッセージで、ハッカーと見られる人物は「楽しみのために」に今回の不正行為を行ったと書いている。

「私はお金にはあまり興味はない! 人は攻撃されると傷つくことは知っている。だが、攻撃から何かを学ぶべきではないか?」とPoly Network Exploiter 1として特定されている人物は述べている。

アルトコイン状況

DAO Makerから約700万ドル(約7億7000万円)流出:中国のブロックチェーンセキュリティ分析会社PeckShieldによると、資金調達プラットフォームのDAO Makerが12日にハッキングされ、700万ドル以上が流出した。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk
|原文:Market Wrap: Bitcoin Slides as US Lawmakers Wrangle Over Crypto Tax Proposal

おすすめ記事: