IBMと海運大手マースクのブロックチェーンに日系コンテナ船企業など2社が参加

IBMと海運大手マースクのブロックチェーンに日系コンテナ船企業など2社が参加

IBMと海運大手マースク(Maersk)が共同で運用するブロックチェーンプラットフォームに、さらに2社の大手海運会社が加わった。

現地時間7月2日の発表によると、世界第5位の海運会社ハパック ロイド(Hapag-Lloyd)と日本郵船(NYK)、商船三井(MOL)、川崎汽船(K-Line)のコンテナ船事業を統合したオーシャンネットワークエクスプレス(Ocean Network Express:ONE)が「TradeLens」ブロックチェーンに参加した。

これは先月TradeLensに参加した世界トップ5の海運会社CMA CGMとMSCに続くもの。

TradeLensは2018年はじめ、マースクとその子会社ハンブルグ・スド(Hamburg Süd)、そして貨物量で世界第17位のシンガポールを拠点とするPIL(Pacific International Lines)のみで運用を開始した。

2018年、TradeLensはマースクの競合会社を呼び込むことに苦戦した。CoinDeskが伝えたように、ライバル企業はIBMとマースクが所有するプラットフォームを避けた。

いずれにせよ、競合各社にとって、こうした懸念は消え去ったようだ。今、TradeLensには、ZIM、高麗海運(KMTC)、サフマリン(Safmarine)、シーランド(Sealand)、シーボート マリン(Seaboard Marine)、南星海運(Namsung)、 Boluda、APLなど、15の海運会社が参加している。

IBMのサプライチェーンソリューションセールス担当バイスプレジデント、トッド・スコット(Todd Scott)氏は、運用の正当性、データのプライバシーの確保、APIの公開、海運業界およびサプライチェーン業界で知られている共通規格への準拠など、多くの取り組みを行ったと語った。

プラットフォームの所有に関して、何か根本的な変更があったのかという質問に対して、スコット氏は次のように答えた。

「所有権は変わっていない。TradeLensは今でもIBMとマースクが共同所有する製品、資産、知的財産。そこは全く変わらない」

声明の中でハパック ロイドのIT担当マネージングディレクター、マーティン・グナス(Martin Gnass)氏は「TradeLensは、パートナーシップモデルを含め、業界で必要とされている変革を推進するなかで極めて大きな進歩を遂げた」と語った。

ハパック ロイドの広報担当者はCoinDeskにメールで以下のように述べた。

「TradeLensに関して、我々は他の大手海運会社と同様に、IBMとマースクによって提案された初期のガバナンスモデルには満足できなかった。一方で、彼らはアプローチをその変え、我々、そしてCMA CGM、MSCといった他の会社がプラットフォームに参加できるものにそのアプローチを変えた」

同広報担当者は、新しいアプローチの詳細については「商業上の秘密事項」のためコメントできないと述べた。

他のプロジェクトの影響

スコット氏はTradelensの最近の急成長について、もう1つの見解を示した。

同氏は、海運および物流各社は、他のソリューションを検討し、IBMのTradeLens(オープンソースのブロックチェーン基盤「Hyperledger Fabric」を使って構築されている)をベストなソリューションと判断した可能性があると語った。

「複数の海運会社が参加したプロジェクトの中には、TradeLensのような結果を出せなかったものがあるのだと思う。こうしたこともTradeLensに有利に働いた可能性がある」とスコット氏。

分かりやすい事例が、アクセンチュアが運営する海運ブロックチェーンだろう。シンガポールを拠点とする貨物量で世界第12位の海運会社アメリカンプレジデントラインズ(American President Lines:APL)と物流大手キューネ・アンド・ナーゲル(Kuehne + Nagel)が参加した。

APLとその親会社CMA CGMは現在、どちらもTradeLensに参加している。CMA CMG、APL、アクセンチュアにコメントを求めたが、記事執筆時までに返答は得られなかった。

ブロックチェーンを活用したIBMの主要なサプライチェーン ── ウォルマートが支援するFood TrustとTradeLens ── が稼働し、大量のデータを処理している今、これらは、いつ、IBMに利益をもたらすのだろうか?

「我々はコーナーを曲がり始めたばかり」とスコット氏。

「具体的なことやタイミングは分からないが、エコシステムが価値を認識するようになれば、商業化は実現する。そう遠い未来ではない」

翻訳:Masaru Yamazaki
編集:浦上早苗
写真:Shipping port image via Shutterstock
原文: IBM-Maersk Shipping Blockchain Gains Steam With 15 Carriers Now on Board
(編集部より:記事中の企業名に誤りがありました。訂正して記事を更新しました)

おすすめ記事: