SEC、ビットコインETFへの姿勢変化か──懸念への対処方法を要求

SEC、ビットコインETFへの姿勢変化か──懸念への対処方法を要求

米証券取引委員会(SEC)は、ビットコインETF(上場投資信託)を申請している投資会社ビットワイズ(Bitwise)に対して、価格操作、詐欺、他の潜在的な問題への対処方法を明らかにするよう求めた。SECが1日、同社に送った通知で明らかになった。

SECはまた、Bitwise Bitcoin ETP Trustの流動性と透明性についても懸念を示した。

とはいえSECの今回の動きは、これまでビットコインETF申請を却下し続けてきたことからは変化している。

過去2カ月、SECはウィズダムツリー(WisdomTree)、クリプトン(Krypton)、スカイブリッジ(SkyBridge)、フィデリティ(Fidelity)のETF申請を却下した。他にも、複数の申請を検討中だ。

ビットワイズには、回答に3週間の猶予が与えられている。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:ビットワイズの最高投資責任者マット・ホーガン氏(CoinDesk)
|原文:SEC Asks Bitwise to Address Concerns About Proposed Spot Bitcoin ETF

おすすめ記事: