Operaの暗号資産対応ブラウザー、8つのブロックチェーンへの対応を追加──Web3.0に注力

Operaの暗号資産対応ブラウザー、8つのブロックチェーンへの対応を追加──Web3.0に注力

Opera Crypto Browerは、現在、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンに対応しているが、さらに8つのブロックチェーン──ソラナ(Solana)、ポリゴン(Polygon)、StarkEx、Ronin、Celo、Nervos DAO、IXO、ビットコイン(Bitcoin)への対応を追加する。

OperaのCrypto Ecosystem責任者スージー・バット(Susie Batt)氏は、デスクトップ版はすでにポリゴン・ブロックチェーンにアクセス可能で、残りへの対応は「まもなく」と語った。アンドロイド版Operaは、8つのブロックチェーンへの追加対応が行われるが、iOS版の予定は明らかにされていない。

Web3.0ユーザーの爆発的増加に期待している暗号資産対応ブラウザーは、Operaだけではない。Braveも暗号資産ウォレットを搭載し、複数のブロックチェーンをサポートする予定だ。こうした取り組みによってユーザーは、レイヤー2チェーンを含むさまざまなDeFi(分散型金融)エコシステムにアクセスできるようになる。

「ユーザーに環境に配慮したソリューションを提供することは、Operaの重要なミッションであり、レイヤー2に活動を移すことは、ユーザーの二酸化炭素排出量を最小限に抑えることに大きな役割を果た」とバット氏はメールで述べた。「我々は、これがWeb3.0の大規模な普及の最後の1ピースになる得ると考えている」。

元祖ウェブブラウザの1つであるOperaは、2018年から約3億5000万のユーザーに向けて暗号資産プロダクトを開発している。2022年1月には「Crypto Browser Project」のベータ版を発表した。

「メインストリームのユーザーを引き付けるために、Web3.0は、ユーザーインターフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)の両面で、Web 2.0の変革を必要としている。これはOperaが得意とするところ」(バット氏)

ブロックチェーンにリスクがないわけではない。Roninが29日に公表した6億2500万ドル(約770億円)のハッキングは、特にブロックチェーン間で暗号資産を移動させる「ブリッジ」機能のセキュリティに疑問を投げかけている。

関連記事:暗号資産史上最大、770億円がハッキング──人気NFTゲーム「アクシー・インフィニティ」のRonin Network

「ユーザーのプライバシーとセキュリティは、我々の最優先事項」とバット氏は述べ、ユーザーはまだ初期段階にある暗号資産エコシステムのリスクを理解する必要があると指摘した。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Shutterstock
|原文:Opera’s Crypto Browser to Support Solana, Polygon, StarkEx in Web 3 Push

おすすめ記事: