テレビ朝日、凸版印刷のメタバース空間に出店──商品展示から販売まで

テレビ朝日、凸版印刷のメタバース空間に出店──商品展示から販売まで

テレビ朝日は6月6日、凸版印刷が提供するメタバースモールアプリ「メタパ」に、テレビ朝日の本社社屋をイメージしたバーチャル店舗を構築したと発表した。テレビ番組で紹介した商品を展示し、販売まで手掛ける。

テレビ朝日本社内で実際に運営している「テレアサショップ」「EX GARDEN CAFE」を、メタバース内に構築。また、通販番組などで紹介した商品を3DCG化して展示。さらに、AR機能を使って実寸大表示することにより、サイズ感や部屋に置いたときのイメージを確認できる。

テレビ朝日は昨年、NFTの販売を行う国内初のテレビ局となった。メタバースも活用することで、Z世代に向けたコンテンツ構想を進めている。

関連記事:テレ朝がメタバースとNFTで構想するZ世代のテレビ

|取材・テキスト:菊池友信
|編集:佐藤茂
|トップ画像:テレビ朝日の発表文より

おすすめ記事: