独ダイムラーとコメルツ銀行、トラックの充電料金を無人で決済システム──開発に着手

独ダイムラーとコメルツ銀行、トラックの充電料金を無人で決済システム──開発に着手

Brady Dale
公開日:2019年 8月 9日 15:00
更新日:2019年 8月 9日 15:00

ドイツのコメルツ銀行(Commerzbank)は、人間が財布を取り出さずに、トラックが充電料金を支払うことを可能にする、マシン・ツー・マシン決済用のブロックチェーンソリューションを開発した。

コメルツ銀行は同行のインキュベーター研究開発ユニットと、ダイムラー・トラック(Daimler Trucks)と共同で「タンク充電ステーションとトラックシステム間の料金の完全自動決済プロセスを扱う」とされるシステムに取り組んだ。

2019年8月8日(現地時間)付の発表によると、システムが機能することはすでに証明されている。試験的トランザクションにおいて、コメルツ銀行はブロックチェーンシステムにユーロを入金し、決済のためにダイムラー・トラックスに送った。

しかし、ユーロがどのようにシステム上で取引されるかや、充電ステーションが支払いをどのように受け取り、処理するかなどの詳細についてコメルツ銀行はあまり説明していない。

機械が「ますます相互接続され、ますます自律的になる」につれ「決済の引き金となる人間無しに」相互決済を可能にする必要性が高まっている、とコメルツ銀行は述べている。

「現状の決済システムは、そのような完全に自動化された支払いプロセスをまだ描くことができない」と、同行は語った。

コメルツ銀行のトランザクション・バンキング部門取締役、ステファン・ミュラー(Stephan Müller)氏によれば、この新しいブロックチェーンプラットフォームは、コメルツ銀行がブロックチェーン技術にますます力を注いでいることの一環である。同氏は次のように述べた。

「最近の証券取引のデジタル化や、ブロックチェーン技術の利用に続き、我々は現在、分散型台帳技術(DLT)ベースの決済構造に重点を置いています。我々は銀行として、顧客のためのデジタル決済アーキテクチャの構築も当然我々のミッションだと考えています」

コメルツ銀行は、自動化された機械向けの決済プロセスが、将来完全に自律的に処理できるようになることが、今回の試験運用で「証明された」と述べた。さらに今回の進歩は、短期間で効率性の改善をもたらす可能性があり、マシーン・ツー・マシーンコミュニケーションが適用可能な他の産業においても将来性がある、と付け加えた。

翻訳:山口晶子
編集:町田優太 
写真:Concept automated truck courtesy of Daimler
原文:No Humans Required: Commerzbank Develops Blockchain Payments for Automated Trucks