クラーケン・ジャパン、事業撤退を決定

クラーケン・ジャパン、事業撤退を決定

暗号資産取引所のクラーケン・ジャパンを運営するPayward Asia株式会社は12月28日、来年1月31日をもって日本での事業の停止と金融庁登録の暗号資産交換業の廃止を決定したと明らかにした。

発表によると、日本撤退は「現在の日本市場を取り巻く情勢と世界的な暗号資産市場の低迷が原因」といい、「Krakenは今後、Payward Asia株式会社を通じて日本の顧客にサービスを提供することはありません」としている。

クラーケン・ジャパンは顧客に対し、2023年1月31日までに口座に保有する法定通貨および暗号資産を出金するよう呼びかけている。

|文・編集:coindesk JAPAN編集部
|トップ画像:Krakenより

おすすめ記事: