リブラ崩壊危機——脱退組にビザ、マスターカード、イーベイ、ストライプ、メルカドパゴ、ペイパル

リブラ崩壊危機——脱退組にビザ、マスターカード、イーベイ、ストライプ、メルカドパゴ、ペイパル

Brady Dale
公開日:2019年 10月 12日 19:20
更新日:2019年 10月 13日 10:20

マスターカード(Mastercard)、ビザ(Visa)、電子オークションを手掛けるイーベイ(eBay)、決済サービスを提供するストライプ(Stripe)、そしてメルカドパゴ(Mercado Pago)は、フェイスブック(Facebook)の主導するリブラ協会から脱退した。

10月11日(現地時間)のフィナンシャルタイムズ(The Financial Times)の報道によると、政治的圧力を受け、また今週のペイパル(PayPal)による離脱に続いて、イーベイとストライプがリブラのプロジェクトから離れることとなった。CoinDeskはマスターカードの広報担当者からこの撤退について確認を得た。

マスターカードの声明文において広報担当者は以下のように述べている。

弊社は、本時点でリブラ協会の会員にならないという決定を致しました。今後も弊社は自らの戦略に集中し、たゆまぬ努力を惜しまず、世界中でフィナンシャル・インクルージョンを可能とするべく邁進して参ります。我々はこのような取組がはらむ価値を信じており、リブラの歩みを引き続き注視して参ります。

ビザの広報担当者も同様に、CoinDeskに対して以下の通り述べた。「弊社はこれをもって、リブラ協会に参加しないという決定を致しました。我々は今後も注視を続け、同協会が規制上の要求を完全に満足するに足るか等の多くの要素を勘案して最終的な決断を下すことになるでしょう。弊社は引き続きリブラに注目して参りますが、これは、きちんと規制がなされた環境下でのブロックチェーンに基づくネットワークによって、安全なデジタル決済という価値がより多くの人々や場所、特に新興および発展途上の市場にもたらされると信じているからです」

イーベイの広報担当者はフィナンシャルタイムズに対し、同社はリブラ協会の掲げるビジョンを尊重する一方で、自社顧客に対する「管理された支払い体験」を提供する方向を選んだと話した。

ストライプの広報担当者からは、同社の離脱につき確認が得られ、次のように説明がなされた。「世界中の人々にとってオンライン取引がより身近なものになることを目指すプロジェクトを応援するのが弊社です。リブラにはその可能性があり、我々はその歩みに注視して参ります。より後のタイミングでリブラ協会と協働する可能性もございます」

メルカドパゴの広報担当者は、本プロジェクトについては見通しがよりはっきりとした時点で、リブラにつき再検討すると話した。

リブラ協会は、初の公式会合を来週に控えている。フェイスブックとその子会社カリブラを含め、残存する23の会員は同協会の憲章へ署名を行う予定となっている。フェイスブックの広報担当者は10月11日(現地時間)、同会合は予定通り行われると述べた。

リブラについて初めて発表がなされた際、リブラ協会は28の会員を擁していたが、いずれの会員も法的拘束力のない基本合意書を交わすのみであった。

NPOのキヴァ(Kiva)とマーシー・コー(Mercy Corps)、ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)、仮想通貨のカストディサービスを行うアンカレッジ(Anchorage)、ウォレット・プロバイダーのザポ(Xapo)はすべて、リブラ協会に留まるつもりであると10月11日(現地時間)にCoinDeskに対して語っている。

規制当局による反対

フェイスブックは2019年6月、リブラ構想を公表し、現在銀行サービスを利用できていない10億人以上の人々に、銀行サービスを提供することを目指した野心的なプロジェクトを発表した。

しかし、同プロジェクトは即座に世界中の政治家からの反発を受け、ドイツフランス政府関係者はローンチの阻止を約束し、アメリカのマキシン・ウォーターズ(Maxine Waters)下院議員は規制上のハードルを乗り越えるまで開発の一時中止を要求した。

さらに最近では、ブライアン・シャッツ(Brian Schatz)上院議員とシェロッド・ブラウン(Sherrod Brown)上院議員が、ストライプ(Stripe)、ビザ(Visa)、マスターカード(Mastercard)に同じ内容の書簡を送り、国際金融システムにリブラがもたらす可能性のある「恐ろしい」影響について警告し、プロジェクトへの参加が、彼らの事業に対する規制当局からの監視の強化につながる可能性もあるとほのめかした。

フェイスブックのCEO、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏は、ウォーターズ議員が委員長を務める下院金融サービス委員会で、10月23日に証言が予定されている。

翻訳:CoinDesk Japan(後半部分:山口 晶子)
編集:T.Minamoto
写真:Libra image via Shutterstock
原文:Facebook CEO Mark Zuckerberg image via Frederic Legrand – COMEO / Shutterstock