広告表示でトークンが得られるブラウザ「Brave」(ブレイブ)が正式版スタート──月間ユーザー870万

広告表示でトークンが得られるブラウザ「Brave」(ブレイブ)が正式版スタート──月間ユーザー870万

Brady Dale
公開日:2019年 11月 14日 17:00
更新日:2019年 11月 14日 17:00

月間870万ユーザーという広告拒否ブラウザ「Brave」を運営するブレイブソフトウェアは11月13日、正式版Brave1.0の提供を始めると発表した。トラックを拒否して利用者のプライバシーを保護するだけでなく、広告を表示すればトークンを得られる仕組みも備える。

ウォレットを搭載、独自トークン「BAT」組み込み

Braveブラウザはデフォルトで広告やトラッカーを拒否し、ユーザーのプライバシーを保護して高速のブラウジングを可能にする。同社がmacOSで検証した結果、GoogleのブラウザChromeと比べてページの読み込みでは平均27秒速いという。BraveブラウザはWindows、macOS、Linuxで使える。

広告やトラッカーの拒否は他のブラウザにも例があるが、Braveはウォレットを搭載し独自のトークン「BAT」を組み込んでいることに特徴がある。利用者は特定の広告を見るように設定すればBATを得られるほか、BATをWebサイトに支払う設定もできる。

ブレイブソフトウェアは、プログラミング言語JavaScriptの開発者ブレンダン・アイク氏が共同設立した。

文:小西雄志
編集:濱田 優
写真:Brave Webサイトより