リップル(XRP)、430億円相当が犯罪に使われる──信頼性への影響は?

リップル(XRP)、430億円相当が犯罪に使われる──信頼性への影響は?

犯罪者はXPR(リップル)を違法行為に利用している。だがビットコイン(BTC)ほどではない──ブロックチェーン監視企業エリプティック(Elliptic)のレポートで明らかになった。

約430億円が犯罪行為に

約4億ドル(約430億円)相当のXRPがさまざま詐欺やダークネットでの犯罪行為に関わっている可能性があるとエリプティックは11月20日(現地時間)に発表されたレポートで述べた。

大きな額に聞こえるかもしれないが、XRPのトランザクションの0.2%にすぎない。比較すると、8億2900万ドル(約900億円)、トランザクションの0.5%にあたるビットコインがダークウェブで利用されてきたとエリプティックは指摘した。

「金額に関わらず、これはまさにXRPが違法行為に使われていることを示している」とエリプティックの共同創業者でチーフ・サイエンティストのトム・ロビンソン(Tom Robinson)氏は語った。

「そのため、こうしたトランザクションを取り扱う企業であれば、違法行為に使われていないかを確認する必要がある。違法行為で得た資金のロンダリングに利用されたくはないから」

主要顧客の金融機関に与える影響

そうした懸念は特にXRPがターゲットとする市場、すなわち金融機関にとっては深刻だ。XRPの供給量の60%を保有すると見られ、運用資金を確保するためにXRPを定期的に売りに出している分散型台帳技術(DLT)スタートアップのリップル(Ripple)はここ数年、XRPを利用するソフトウエアを銀行に売り込んでいる

リップル社の広報担当者は次のように述べた。

「他の仮想通貨と同じように、XRPはオープンソースかつ分散型で、誰でも利用できる。一方、リップルが運営するXRPのトランザクションは安全で、規制を受けた機関を通して行われる」

エリプティックのようなブロックチェーン監視企業は、薬物、武器、児童の性的虐待、ランサムウェア・アズ・ア・サービスなどにおける仮想通貨の関与に取り組んでいる。XRPの場合、トランザクションの大半は詐欺行為に関連しているとロビンソン氏は述べた。

例えば、大部分はプラス・トークン(Plus Token)詐欺によるものだった。2019年6月、中国当局は太平洋上の島バヌアツで、中国と韓国の人々から数十億ドル相当の仮想通貨を集めたこの詐欺を画策した疑いで6人の中国人を逮捕した。

ダークウェブ上では、盗まれたクレジットカード番号などを購入するために仮想通貨が使われることが増えており、エリプティックは他の仮想通貨とともにXRPを受け入れているそうしたウェブサイトを数多く発見した。

しかしロビンソン氏は、XRPの違法行為での利用が比較的少ないことは、他の仮想通貨と比較すると、伝統的な金融業界との結びつきが強いためかもしれないと述べた。

「リップルネットワーク自体が大手の伝統的な銀行をターゲットとしているという事実は、XRPを利用しようとする犯罪者には都合の悪いことかもしれない」

XRPの優位性とは?

リップルは、海外送金の際に中継地点となるコルレス銀行を結ぶ、安価で効率的な仮想通貨ネットワークを提供し、ほぼリアルタイムに近いクロスボーダー決済を提供することを目指している。

2015年には、金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)からアンチマネーロンダリング(AML)不履行で罰金を受けた最初の仮想通貨企業となった。しかしこれは、始まったばかりの仮想通貨業界の間では肯定的に捉えられていた。当時、リップルは他の仮想通貨企業よりも認可を受けるところに最も近い位置にいることを意味していたためだ。

同じことは、エリプティックの検査を受けたという文脈でXRPについて言えるかもしれないとロビンソン氏は述べた。XRPを使った違法行為に焦点をあてることは、リップルネットワークの信用性を改善するだけだから。

「どんな種類でも、価値の移転メカニズムがあるところには、違法利用の可能性がある」とロビンソン氏。

「このことを明確にし、どこで発生しているかを理解できることは、銀行に懸念ではなく、安心を与えるはず」

念のために記すと、エリプティックはXRPのみを調査した。「我々はリップル社といかなるやりとりも行っていない」とロビンソン氏は述べた。

XRPのもう1つの大型投資家は、日本のSBIホールディングス。同社は2019年にも、エリプティックの2300万ドル(約25億円)の投資ラウンドを主導した。

SBIインベストメントの海外投資担当執行役員、 仁位朋之氏は当時、同社がエリプティックに関心を持ったのは、同社がXRPに関しては最高のブロックチェーン監視企業だからとインタビューで語った

翻訳:山口晶子
編集:増田隆幸
写真:FBI/Wikimedia Commons
原文:XRP Is Used in Crime, But Far Less Often Than Bitcoin, Elliptic Says

おすすめ記事: