米下院、ブロックチェーンがスモールビジネスにもたらすメリットを探る公聴会を予定──2000年代のインターネットブーム再燃なるか

米下院、ブロックチェーンがスモールビジネスにもたらすメリットを探る公聴会を予定──2000年代のインターネットブーム再燃なるか

米下院スモールビジネス委員会はブロックチェーン技術が起業家にもたらすメリットについて議論する予定。

協定世界時(UTC)3月4日16時30分に予定されている公聴会「Building Blocks of Change: The Benefits of Blockchain Technology for Small Businesses(変化の構成要素:スモールビジネスにとってのブロックチェーン技術のメリット)」では、スタートアップ企業が生産性を高め、セキュリティを強化するためにブロックチェーン技術を利用する方法を探る。

「ブロックチェーンには、モノのトラッキング、グローバルサプライチェーン、デバイス間でのピアツーピア・トランザクションなど、ほかにも多くの用途がある」とナディア・M・ベラスケス(Nydia M. Velazquez)委員会は述べた。

委員会では複数の参考人が証言を行う。OwnumのCEOシェーン・マクラン・ビゲロー(Shane McRann Bigelow)氏、PopcomのCEOドーン・ディクソン(Dawn Dickson)氏、Protocol Labsの法律顧問マービン・アムモリ(Marvin Ammori)氏、American Enterprise Instituteの客員研究員ジム・ハーパー(Jim Harper)氏だ。

現在、世界中の多くの企業、政府が、サプライチェーン全体でのモノやサービスのトラッキング、利害関係者間の透明性と信頼性の向上など、さまざまな用途へのブロックチェーン技術の活用を検討している。

ビゲロー氏はメールで、公聴会がブロックチェーン技術におけるアメリカのリーダーシップを示すものになることを期待していると述べた。かつて1990年代から2000年代にかけてアメリカがインターネットブームをリードしたように。

「スモールビジネス委員会は、ブロックチェーンが仮想通貨だけでなく、我々の日常生活を向上させるためにどのように利用できるかを検討することで2020年をスタートさせることによって、アメリカに尽くそうとしている」

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸
写真:Shutterstock
原文:US House Committee to Hold Hearing on Blockchain Benefits for Small Businesses

おすすめ記事: