ビットコイン、反発するも不透明感【米記者の市場解説】

ビットコイン、反発するも不透明感【米記者の市場解説】

世界的に金融市場がゆっくりと押し戻す中、ビットコイン(BTC)は2020年3月12日(現地時間)の厳しい急落から、やや回復を見せた。

時価総額トップの仮想通貨であるビットコインは、4000ドル(約43万円)を割った後少し値上がりし、3月14日5時(日本時間)時点で5431ドル(約59万円)で取引されている。ビットコインはいまだにここ24時間で15%値下がりしているが、コインベース(Coinbase)で3月13日11時(日本時間)に12カ月ぶりの安値3855ドル(約42万円)を記録した後、トレーダーはビットコインを買い始めた。

一方、このタイミングでの反転は、ビットコイン支持者の想定以上に、従来型市場と相関関係を持っているという意見を裏付けている。

買いはコインベースで3月13日11時(日本時間)に始まり、少しの回復が見られた。
情報提供元:TradingView

「安値からの値上がりは、株式市場での反転と一致していました」と、ロンドンに拠点を置く店頭型マーケットメーカー、B2C2のCEO、マックス・ブーネン(Max Boonen)氏は指摘した。

日経平均株価のローソク足チャートはいまだに10日間移動平均未満で取引されているが、若干の値上がりを見せた。                        情報提供元:TradingView

確かに日本の日経平均株価のチャートでは、売り手よりも買い手の方が多いことを示す、緑のローソクがコインベースでの買いと同じ頃、3月13日11時(日本時間)に現れている。他の市場の株式も上昇しており、アメリカのS&P 500は3月14日5時(日本時間)時点で9%上昇している。

一方、ニューヨーク連邦準備銀行は3月12日(現地時間)、金融システムに1.5兆ドル(約162兆円)のキャッシュを供給することを発表し、非常時にはキャッシュと国債が、人々の欲するものであると思えるところ、そのニュースはトレーダーに対して、ビットコインはインフレからの避難先として大きな可能性を持つと思わせるに至った。

「最終的には、量的緩和政策によって世界により多くの法定通貨が供給されるに連れ、ビットコインは真価を認められるようになるでしょう。ビットコインが存在する根本的な理由は今やさらに強くなっているのです」と、2008年の金融危機以来中央銀行が採用している量的緩和政策に触れながら、アルゴリズム投資企業クロノス・リサーチ(Kronos Research)のジャック・タン(Jack Tan)氏は述べた。

大量の仮想通貨を保有するクジラと呼ばれる大口投資家は、通常よりも頻繁にコインを動かしているようで、ビットコインの価格がまだ8000ドル(約86万円)の高値にあった3月8日(現地時間)に、取引所であるバイナンスには1702BTCが流入した。それ以来、下落によってビットコインは4600ドル(約50万円)〜5900ドル(約64万円)の間で値動きし、一部の人々は買いのチャンスに大喜びしている。

機関投資家、セミプロ、個人投資家、その中間のすべてのタイプのトレーダーが、根本的には安定して、遠くない将来での回復の機が熟している売り過ぎの市場においてバリュー投資のチャンスに乗っています」と、ロンドンに拠点を置くデジタル資産企業ベクアント(Bequant)のリサーチ担当責任者、デニス・ビノコウロフ(Denis Vinokourov)氏は述べた。

3月14日5時(日本時間)時点で、過去24時間で6%値下がりしたイーサ(ETH)や、こちらも6%下げたリップル(XRP)などの他の主要仮想通貨の取引は、依然として不透明感は拭えないことを示している。

「価格が回復することを見込んでいますが、現在の地政学的環境と、進行するコロナウイルスの流行によって、その回復のタイミングと規模は少し不透明です」とベクアントのビノコウロフ氏は付け加えた。

トレーダーは常に、市場のタイミングを見計らうのに苦労し、仮想通貨はボラティリティの高さで悪名高い。この辺りの価格で買いたいが、ビットコインの乱高下を注意深く見守っている状況だ。

30日間のBTC/USDボラティリティは上昇し、デイリー利益の標準偏差で3%以上を記録。
情報提供元:Bitcoin Volatility Index

米トランプ大統領の発言に注意

スウェーデンに拠点を置いて活発に投資を行う店頭型トレーダーのヘンリク・クーゲルバーグ(Henrik Kugelberg)氏は、仮想通貨の購入に忙しい。しかし、ドナルド・トランプ大統領のしばしば気まぐれな意思決定によって、歯車が狂う可能性があると警告した。

「今日さらに買いました。しかし、トランプ大統領の手札はまだすべて明らかにはなっておらず、(ビットコインが)再び値下がりする可能性が高いです」とクーゲルバーグ氏は述べた。

翻訳:山口晶子
編集:T. Minamoto
原文:Bitcoin Ekes Out Gains but Remains in Red Amid Broader Market Rebound

おすすめ記事: