3月12日の暴落、イーサのキラーアプリ「DeFi」に大きな負荷

3月12日の暴落、イーサのキラーアプリ「DeFi」に大きな負荷

3月12日の暴落の際、あまりにも多くの人がイーサリアムブロックチェーンを使おうとしたため、多くのアプリケーションが機能しなくなった。

過去にも処理が混雑

特にDeFi(分散型金融)が大きな打撃を受けた。

DeFiプラットフォームに価格情報を提供する分散型サービス──業界では「オラクル」と呼ばれる──が機能できなくなった。

オラクルは正確な価格データを送信することができず、トレーダーはブロックチェーン上にトランザクションを記録するために法外な手数料を支払うことになってしまった。

振り返ると2017年、イーサリアムネットワークは混雑が激しくなり、多くのプロジェクトのトランザクションを実行できなくなった。

2017年、イーサリアムに過剰な負担をかけたのは、強気相場の中で多くのトランザクションを発行し過ぎたNFT(ノンファンジブルトークン)のゲームアプリ「クリプトキティーズ(CryptoKitties)」だった。

ある時点では、処理を待つトランザクションが3万件も溜まった。

複数の価格フィードが機能停止

3月12日の大規模なトランザクションはイーサリアム価格の危険な急落によって引き起こされた。価格はイーサリアムで初めて24時間で30%下落した。

価格オラクル──主にチェーンリンク(Chainlink)あるいはメイカー(Maker)のV2──が12日の大きな犠牲者となった。

bZxの共同創業者兼CEOトム・ビーン(Tom Bean)氏によると、チェーンリンクの21のオラクルのうち、いくつかは主要取引時間中に機能停止に陥った。

DeFiプラットフォーム、Aaveの創業者兼CEOスタニ・クレチョフ(Stani Kulechov)氏は、実際の市場価格とメイカーの作成したフィードの間で「20%の価格差」があるデータをメイカーのオラクルが送信するのを目撃したと述べた。

オラクルは、オンあるいはオフチェーンのソースからデータを集める。オンチェーンのソースからデータを引き出すコントラクトは、そのリクエストをイーサリアムネットワークの他のトランザクションによって締め出され、V2およびチェーンリンクのオラクルの機能障害につながった。

イーサリアムメインネット上ではオーダーの処理も滞り、トレーダーは決済のために法外なガス代(手数料)を支払うことを余儀なくされた。

例えば、ユーザーは取引所のdYdX、あるいはレンディングプラットフォームのヌオ・ネットワーク(Nuo Network)で取引することができなかった。どちらのDeFiプラットフォームも12日と13日の両日、大量の未処理分を実行するために手数料システムを変更した。

「ネットワーク状況が皆に影響を与えている」とAaveのクレチョフ氏は述べた。

「価格データを更新するためだけに、160Gwei(ギガウェイ)のガス代を支払う必要がある」

メイカーダオでは4億円超の担保が消失

メイカーダオ(MakerDAO)が間違いなく、12日の最大の敗者だった。

400万ドル(約4億3000万円)以上が失われ、担保が消え去った投資家が困惑したまま取り残された。この事態への対応として、メイカーコミュニティは13日、一定のリスク対策の再構築を投票で決定した。

DeFi取引所のbZxも新たな取引と貸付を一時停止し、監査が行われるまでこれらの機能をオフラインにするとビーン氏は述べた。

bZxは最近、操作された価格データを使ったフラッシュローン攻撃を受けた後、チェーンリンクに移行した。当記事執筆時点、チェーンリンクの全オラクルが機能している。

「問題はデータプロバイダーがタイムリーなアップデートを提供できないこと。現状のレートを問い合わせることはできる。だが、実際の市場価格から大きく乖離している」とビーン氏は述べた。

チェーンリンクの共同創業者セルゲイ・ナザロフ(Sergey Nazarov)氏はCoinDesk宛てのメールで「特別な市場の状況」がイーサリアムメインネット上で「一時的な混雑を引き起こした」と述べた。

ナザロフ氏は、混雑は緩和され、それ自体も複数の価格フィードからデータを引き出すチェーンリンクの全オラクルは今は正確な価格データを提供していると述べた。

DeFiは壊滅しなかったが…

他のDeFiアプリは強引な対策を取らずにトランザクションの急増に対処した。

分散型取引所ユニスワップ(Uniswap)の創業者ヘイデン・アダムズ(Hayden Adams)氏のツイートによると、同取引所では取引高が2倍になり、過去最高の5300万ドル(約57億円)に達した。

CoinGeckoによると、カイバー・ネットワーク(Kyber Network)もまた、約3000万ドル(約32億円)と24時間の取引高の最高記録を更新した。

これらは結局、何を意味するのだろうか? DeFiは壊滅しなかったが、成功もしなかった。

「仮想通貨がグローバルな資産クラスになることを望むなら、我々にはより優れたDeFi(インフラ)が必要」とマルチコイン・キャピタル(Multicoin Capital)のマネージング・パートナー、カイル・サマニ(Kyle Samani)氏は13日にツイートした。

「現状は、桁違いに不十分だ」

翻訳:山口晶子
編集:増田隆幸
写真:Shutterstock
原文:Thursday’s Market Madness Strained Ethereum’s Killer App: DeFi

おすすめ記事: