ビットコインとゴールド、急騰──FRB、無制限の量的緩和を発表

ビットコインとゴールド、急騰──FRB、無制限の量的緩和を発表

FRBが新型コロナウイルス危機の中で経済を支えるために、無制限の量的緩和を発表したことを受け、ビットコイン価格はゴールドや株式先物とともに急上昇した。

CoinDeskのBitcoin Price Indexによると、協定世界時(UTC)3月23日12時の発表直後、ビットコインは1時間で5860ドルから6628ドルに急上昇した。古典的な安全資産であるゴールドも1494ドルから1524ドルに上昇した。

FRBの発表は、家計や企業への資金供給を支えるために、無制限の資産の買い入れなど、より強力な行動を取っていることを示した。

FRBは「円滑な市場機能と、金融政策のより広範な金融情勢への効果的な波及をサポートするために、必要な量の米国債および住宅ローン担保証券(MBS)の買い入れを継続する」と述べた。

本質的にはFRBは現在、必要に応じて債券の買い入れを拡大する準備ができているということだ。FRBのバランスシートは先週、4兆7000億ドルという記録的な数字に達した。

FRBが経済支援に総力をあげたことにより、ウォール街の心理はビットコインおよびゴールドの上昇とともにプラスに転じた。ヨーロッパの取引時間中に900ポイント近く下落したダウ工業株平均に連動する先物は、現在400ポイント上昇している。

外国為替市場は、FRBの新たな量的緩和に反応して、ドルを売りに出した。主要通貨に対するドルの価値を示す米ドルインデックスは、FRBの発表後、102.80から101.70に下落した。

ビットコインがゴールドとともに上昇したことで、安全資産というストーリーが復活しそうだが、プラスの相関関係が続くかどうかは興味深い。

ゴールドとビットコインはここ2週間で急落し、2008年の暴落の記憶を呼び起こした。ゴールドは2008年3月から10月にかけて30%下落し、1030ドルから680ドルとなった。

その後、2011年9月にゴールドは1オンスあたり1900ドルを超える史上最高値を記録した。

「歴史は繰り返すものではないが、大量の財政・金融刺激策を考慮すると、次のビットコインの強気相場は続くと期待している」と仮想通貨デリバティブ調査企業Skew Marketは述べた。

記事公開時点、ビットコインは6383ドルで取引され、24時間で5.14%上昇した。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸
写真:Shutterstock
原文:Bitcoin, Gold Spike as Fed Unveils Unlimited Coronavirus Stimulus Package

おすすめ記事: