株式、金、ビットコイン…不透明感漂う市場でリスク回避探る投資家

株式、金、ビットコイン…不透明感漂う市場でリスク回避探る投資家

ビットコインとイーサリアムは4月8日、暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引高の低迷が、いつにない警告を投資家にもたらすなか、わずかに上昇した。

この24時間で、ビットコイン(BTC)はニューヨーク時間の8日午後、2.8%上昇し、イーサリアム(ETH)は4.3%上昇した。

ビットコインから分岐した仮想通貨は大きく上昇し、特にビットコインゴールド(BTG)は18%、ビットコインSV(BSV)は16%も上昇、ビットコインキャッシュ(BCH)も6%上昇した。

ビットコインキャッシュは8日に初めての半減期を迎え、ビットコインSVは10日に半減期を迎えると予想されている(24時間の価格変動はすべて協定世界時8日20時50分、日本時間9日5時50分時点)。

株式市場

株式市場では、日経平均株価は2%上昇。非常事態宣言のなか、前例のない経済対策によって日経平均はこの1週間、上昇を続けている。

ロンドン株式市場のFTSE100種総合株価指数は、わずかに0.28%の下落した。ジョンソン首相が新型コロナウイルスに感染し、集中治療を受けているなか、2日間の上昇分を消し去った。

アメリカでは、S&P500種株価指数は3.4%上昇した。FRB(連邦準備制度理事会)は8日、会議の議事録を発表し、長期的な経済の不確実性に直面するなか、金利をゼロ近くに維持することを示した。

アメリカの株式市場がほぼ横ばいで取引を終えた直後、ビットコインは7日、7000ドル台まで下落した後、7100ドル台に上昇し、現在は7100〜7400ドルの範囲で安定しています。

4月6日からのCoinbaseでのビットコイン価格
出典 : TradingView

ゴールド

ゴールドは8日、わずかに0.04%下落したが、ここ数日はほぼ横ばいだった。こうした横ばいのパフォーマンスにより、トレーダーはビットコインに期待しているように、ゴールドも上昇するのではないかと考えている。

4月6日からのゴールド価格
出典:TradingView

「ビットコインは一般的に、ゴールドよりもはるかにボラティリティが高い。上昇すれば、すぐにゴールドを上回るだろう」と元ウォール街のアナリストで、現在はスタートアップのArbolでブロックチェーンに注力しているシッダールタ・ジャー(Siddhartha Jha)氏は述べた。

デリバティブ市場

ビットコインは、狭いレンジからすぐに抜け出す傾向があるが、デリバティブ市場を見ると、興味深い傾向を示している。

例えば、デリバティブ取引所BitMEXのビットコイン/米ドルの永久スワップ契約の取引高は低くなっている。

1月1日からのBitMEXでの取引高
出典:Paradigm API, CoinDesk Research’s Matt Yamamoto

しかし、ビットコイン価格はおよそ1カ月前の暴落以降、上昇を続けている。

1月1日からのBitMEXでの取引高とビットコイン価格
出典:Paradigm API, CoinDesk Research’s Matt Yamamoto

「取引高は下降傾向にある」と、現在、デリバティブプラットフォームのAlpha5を構築している暗号資産オプショントレーダーのビシャル・シャー(Vishal Shah)氏は述べた。

「これは、価格が少しずつ上昇している間のこと。私の考えでは、市場は何が起こるかわからず、どんな出来事にも対応したいと考えている。この分野では異例の反応だ」

もちろん、このリスク回避的な行動は、3月12日に行われたBitMEXでの恐るべき7億ドルの清算と何らかの関係があるかもしれない。

しかし、デリバティブへの投資が減少し、レバレッジが低くなったことで、スポット価格への下落圧力が緩和される可能性がある。

「こうした慎重なポジショニングは、市場は横ばいから高値に向かうと考えている可能性が高く、現在は安値にあるという我々の見解を裏付けている」とシャー氏は付け加えた。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸
写真:CoinDesk Bitcoin Price Index
原文:Top Cryptos Edge Up as Derivatives Data Suggests Newfound Risk Aversion Among Traders

おすすめ記事: