米SEC、ビットコインETFの可否判断を5月中旬に延期

米SEC、ビットコインETFの可否判断を5月中旬に延期

Brady Dale
公開日:2019年 3月 31日 12:05
更新日:2019年 3月 31日 12:05

米証券取引委員会(SEC)は申請されている2つのビットコインETF(上場投資信託)の提案について可否判断を延期した。

提案の一つは、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)がNYSEアーカ取引所(NYSE Arca)と共同で申請したもの。SECは2019年3月29日(現地時間)、この提案に対する審査期限を5月16日にすると発表した。

2つ目はヴァンエック(VanEck)とソリッドX(SolidX)が、CBOE(シカゴ・オプション取引所)と共同で申請している提案で、SECはこの提案に関しても審査期限を5月21日に延長した。

翻訳・抜粋:CoinDesk Japan編集部
編集:佐藤茂、浦上早苗
写真:SEC image via Shutterstock
原文:SEC Postpones Decision on Bitwise, VanEck Bitcoin ETF Proposals