DeFiの取引高、1兆円超──3カ月連続で過去最高を更新

DeFiの取引高、1兆円超──3カ月連続で過去最高を更新

DeFi(分散型金融)サービスが急激に増加するなか、8月の取引高が1兆円を超えた。

デューン・アナリティクス(Dune Analytics)のデータによると、同サービスにおける取引高は先月、7月の45億ドル(約4800億円)から2.5倍以上に膨らみ116億ドル(約1兆2000億円)となった。3カ月連続で過去最高を更新した。

代表的な分散型取引プラットフォームのユニスワップ(Uniswap)は、7月の取引高を8月前半のわずか2週間で超え、取引高は283%増の67億ドルに達した。

関連記事:【特集】アメリカでブームを巻き起こすDeFi──急成長はバブルか、それとも持続可能か(後編)

取引高の減少を報告したプラットフォームは、LoopringとOasisの2つのみで、それぞれ5%減、3%減となった。

分散型取引プラットフォームの取引高(2019年1月〜)
出典:Dune Analytics, CoinDesk Research

ユニスワップは取引高の大幅な増加に加え、プラットフォームに上場している取引ペア総数がほぼ倍増し、8月末時点で6867ペアになったという。ユニスワップでは、誰でもトークンを上場することができ、現在、6020のトークンが取引可能だ。

ユニスワップで取引可能なペア数
出典:Dune Analytics, CoinDesk Research

分散型取引の指数関数的な成長は、従来型の暗号資産(仮想通貨)取引所にも影響を与えている。大手取引所のバイナンス(Binance)やデリバティブ取引所のFTXなどが、ユニスワップのようなプラットフォームが発行したさまざまなトークンを上場している。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸、佐藤茂
画像:Dune Analytics, CoinDesk Research
原文:Decentralized Exchange Volume Rose 160% in August to $11.6B, Setting Third Straight Record

おすすめ記事: