SBIが暗号資産に注力──SBI VCトレードがB2C2をマーケットメーカーに追加、SBI FXトレードとコラボでXRP付与も

Sponsored
SBIが暗号資産に注力──SBI VCトレードがB2C2をマーケットメーカーに追加、SBI FXトレードとコラボでXRP付与も

暗号資産投資が活気づく中、SBIグループがこの分野の事業に注力、中でも取引所のSBI VCトレードは活発な動きを見せている。取引所のマーケットメーカーにイギリスのB2C2を追加、流動性が以前にもましてよくなるとの期待が高まっている。また、同じSBIグループのSBI FXトレードと共同でキャンペーンを9月末まで開催しており、新たに暗号資産投資を始めようとする投資家の注目を集めつつある。

B2C2がマーケットメーカーに 流動性が高まり「注文が通らない」ことが減る

SBI VCトレードはBTC、ETH、XRPを取り扱い

SBI VCトレードの取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の3種で、日本円建ての現物取引を提供している。BTC以外の暗号資産を板取引で売買できる、国内で数少ない取引所の一つだ。スマホ向けには「VCTRADE SP」としてモバイルアプリを提供、販売所として「VCTRADE」、取引所の「VCTRADE Pro」がある。

今回、SBI VCトレードがマーケットメーカーとしてB2C2を採用したと発表したのは、同社の取引所「VCTRADE Pro」だ。

マーケットメーカーとはどんな存在か?

マーケットメーカーは、株やFXの投資家ならなじみがある存在だろう。一定量の資産を保有し、取引所から資格を得て市場で大規模な売買をする参加者のことで、市場の流動性を保つため確保するためには不可欠とされる。流動性が高まれば、「注文が通らない」「約定するまでに時間がかかる」といったことが少なくなっていくだろう。SBI VCトレードは「取引所サービスでの価格改善、板取引所における流動性の拡大等、お客さまの取引環境の改善・拡充につながる」とコメントしている。

海外の取引所からも支持されるB2C2

同社がマーケットメーカーに迎えたB2C2は、英国だけではなく米国や日本などにも拠点を構えてグローバルに事業を展開している。欧米の大手投資銀行の為替・金利・商品部門などを経験した電子取引部門出身のトレーダーやクオンツ・アナリストが参加しており、24時間365日にわたって暗号資産の流動性を提供、各地の取引所から信頼を得ている。

今回の連携が実現した背景には、SBIグループの中間持株会社SBIファイナンシャルサービシーズがB2C2の株式を取得したことがある。B2C2のマキシム・ブーネン(Maxim Boonen)CEOはこの合意が発表された今年7月、「我々の洗練されたマーケットメイカーとしての各種戦略とSBIグループの顧客基盤などの強みが融合することにより、我々はゲームチェンジャーとなれると確信」しているとコメントした。


BIVCトレード、SBI FXトレードの口座開設でXRPがもらえるキャンペーン

SBIグループが暗号資産領域に注力していると紹介したのは、このマーケットメーカーの追加だけが理由ではない。

SBI FXトレードが「CFD取引」の提供を開始

たとえば、SBI FXトレードが8月28日に、暗号資産の差金決済(CFD)取引の提供を始めている。CFD取引は少額の資金(証拠金)があれば、レバレッジをかけて大きな額の取引ができる。売りから入ることもできるので、相場が下げ局面にあっても利益をねらえる取引と言える。

VCトレードの口座を持っていてもXRPがもらえるかも

そして現在、このSBI FXトレードと、SBI VCトレードの両社の口座を開設することで、最大150XRPがもらえるキャンペーンが開催されている。

口座がない場合:最大150XRP
VCトレード開設(50XRP)+FXトレード開設とアンケート回答(50XRP)+FXトレードでCFD口座開設(50XRP)
VCトレードの口座はあるが、FXトレードの口座がない場合:最大100XRP
FXトレード開設とアンケート回答(50XRP)+FXトレードでCFD口座開設(50XRP) 
VCトレードの口座はなく、FXトレードの口座がある場合最大150XRP
VCトレード開設(50XRP)+FXトレードのアンケート回答(50XRP)+FXトレードでCFD口座開設(50XRP) 

キャンペーン期間は9月30日までで、XRPが付与されるのはSBI VCトレードの口座だ。「まだ口座開設をしていない」「これから暗号資産取引を始めたい」「暗号資産CFD取引に興味がある」という人はまずキャンペーンページをチェックしてみてはいかがだろうか。

SBIグループはこのほかにも、暗号資産ファンドを設定する方針も今年明らかにしている。SBIホールディングスが「国内初の取り組み」と胸を張るこの暗号資産ファンドの組成について、同社は「SBIグループのリソースを結集した」と形容している。あらゆる金融資産を扱うグループだからこそ、こうした新しいファンドの組成や、今回紹介したXRPのキャンペーンのような会社を横断した展開もできるのだ。SBIグループの中で、暗号資産事業において重要な役割を果たすSBI VCトレードは要注目の存在と言えよう。

文・編集: CoinDesk Japan編集部広告制作チーム
イメージ:SBI VCトレードB2C2