Image courtesy of Ledger

バイナンスの投資部門、ブロックチェーン・ベンチャーに助成金。「意欲的なコミュニティが必要だ」

Brady Dale
公開日:2019年 4月 19日 15:00
更新日:2019年 4月 19日 15:00

仮想通貨取引所、バイナンス(Binance)の投資部門であるバイナンス・ラボ(Binance Labs)は、オープンソースブロックチェーンの開発を進めるスタートアップ3社それぞれに1万5000ドル(約168万円)の助成金を提供した。

助成金が提供されたのは、ミンブルウィンブル(Mimblewimble)ブロックチェーンを実装した仮想通貨、グリン(Grin)用モバイルウォレットのアイアンベリー(Ironbelly)、プライバシーを守るテキストメッセージプロトコルのHOPR、そしてアップグレードが可能なチェーン付ウォレットのキツネ・ウォレット(Kitsune Wallet)の3社。

バイナンスが2019年4月12日(現地時間)にブログで発表した内容によると、これら3社は、バイナンス・ラボが立ち上げた「フェローシップ・プログラム」初の「フェロー」となる。同プログラムは、アーリーステージのオープンソース開発プロジェクトに資金およびサポートを提供するというもの。

バイナンス・ラボのディレクター、フローラ・サン(Flora Sun)氏は、イノベーションには、「アイデアを思いつき、新しいプロジェクトを立ち上げ、新製品を市場に送り出すような開発者や起業家で構成される意欲的なコミュニティ」が必要だと話す。

同氏はさらにこう続けた。

「我々の役割は、より全体的な実用性を向上させるための基礎やインフラの構築に貢献し、ブロックチェーン市場の成長を促進するアーリーステージのプロジェクトを支援すること」

バイナンス・ラボは、アーリーステージのブロックチェーンプロジェクトを支援する「インキュベーション・プログラム」も実施している。同社は昨年12月、プログラムをベルリン、ブエノスアイレス、ラゴス、シンガポール、および香港の5つの都市に広げることを発表した。

また、アルゼンチン政府は先月、同国のスタートアップインキュベーター、ラタムEXファウンダーズ・ラボ(LatamEX Founders Lab)、およびバイナンス・ラボから出資を受けている同国のブロックチェーンスタートアップに最大5万ドルを投資すると発表した。

翻訳:Yuta Machida
編集:佐藤茂、浦上早苗
写真:Binance image via Shutterstock
原文:Binance Labs Grants $45,000 to 3 Open-Source Blockchain Startups