ビットワイズ、運用残高が1億ドル超──暗号資産インデックスファンドにヘッジファンドの資金流入

ビットワイズ、運用残高が1億ドル超──暗号資産インデックスファンドにヘッジファンドの資金流入

暗号資産(仮想通貨)のインデックスファンドを提供しているビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)の運用資産が、1億ドル(約105億円)を超えた。

ビットワイズは、ヘッジファンドやファミリーオフィスなどからの需要が高まっていると発表文で述べた。

関連記事:650兆円超、富裕層の資産を管理するファミリーオフィスがデジタル資産に注目する理由

増加した流入資金の主な受け先は、さまざまな暗号資産で構成された「Bitwise 10 Crypto Index Fund」で、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)などの時価総額で上位の暗号資産の値動きを追うファンドだ。

「2年にわたってこの分野で築いてきた基盤を収穫している。数年来の記録を更新することは驚きではない」とビットワイズの最高投資責任者、マット・ホーガン(Matt Hougan)氏はCoinDeskに語った。

リスクヘッジとしての長期的価値

ビットワイズの運用資産の増加は、機関投資家によるビットコイン市場への参入と並行している。また、マイクロストラテジー(MicroStrategy)やスクエア(Square)などの上場企業がビットコインの保有を発表しており、ビットコインをインフレのリスクヘッジとして扱う企業も現れてきた。

「これまで慎重だった多くの人が再評価の時期だと確信することになった」とビットワイズのハンター・ホースリー(Hunter Horsley)CEOは発表文で述べた。

ビットワイズはSEC(米証券取引委員会)からビットコインETF(上場投資信託)の承認を得ようと試みたが、失敗に終わっている。

翻訳:下和田 里咲
編集:増田隆幸、佐藤茂
画像:ビットワイズの最高投資責任者、マット・ホーガン氏(CoinDesk archives, modified by CoinDesk)
原文:Bitwise Tops $100M in Assets Under Management

おすすめ記事: