欧州大手のBitstamp、リップル取引を停止へ──米国顧客を対象に1月8日から

欧州大手のBitstamp、リップル取引を停止へ──米国顧客を対象に1月8日から

ヨーロッパ最大級の暗号資産取引所「ビットスタンプ(Bitstamp)」は、米国の顧客を対象にリップル(XRP)の取引と預け入れサービスを1月8日から停止する。

米証券取引委員会(SEC)がリップル社を提訴したことを受けて、複数の取引所はリップルの取引サービスを取り止めている。ビットスタンプの措置は米国顧客を対象にしたもので、米国以外の国地・地域は対象外となる。同社、取引を停止したの後でもリップルの引き出しは可能だと述べた。

「リップル(XRP)は証券であるとするSECの提訴を受けて、当社はアメリカの顧客に対するリップルの取引と預け入れを2021年1月8日に停止します。アメリカ以外の国には、影響はありません」

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸、佐藤茂
画像:Bitstamp
原文:Bitstamp to Halt XRP Trading, Deposits in US Due to SEC Lawsuit

おすすめ記事: