ウクライナ政府、CBDCの開発でステラを採用

ウクライナ政府、CBDCの開発でステラを採用

ウクライナ政府が、同国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発で、ステラブロックチェーンをその基盤に採用した。

ウクライナのデジタルトランスフォーメーション省と、非営利団体のステラ開発財団(Stellar Development Foundation)は4日、覚書に調印。ウクライナのデジタル通貨開発と暗号資産のエコシステムの整備を進めていく。

ウクライナのCBDC開発を巡っては、ウクライナ国立銀行(NBU)が2017年からその研究を積極的に進めてきた。同省は、ステラとのパートナーシップが今後、ウクライナのデジタル通貨開発の基盤になると、4日付の発表文で述べた。

「デジタルトランスフォーメーション省は現在、暗号資産の開発における法的環境の整備を行っている。ステラ開発財団と協力することで、ウクライナの暗号資産業界を発展させ、将来的には世界の金融エコシステムへの統合に導いていくことが可能になる」(同省・Oleksandr Bornyakov大臣)

ステラ開発財団は2014年に、リップルの共同創業者であるジェド・マカレブ氏によって設立された。ユーロに連動するステーブルコインの発行を計画するドイツの老舗銀行などが、ステラの基盤を採用している。

ステラ開発財団のデネル・ディクソンCEOによると、同財団は現在、複数の政府とCBDCの開発に関する協議を進めている。

翻訳・抜粋:CoinDesk Japan編集部
編集:佐藤茂
写真:ウクライナの首都・キエフ(Shutterstock)
原文:Ukraine Government Picks Stellar to Help Build National Digital Currency

おすすめ記事: