米コインベース:資産900億ドル、ユーザー数は4300万超

米コインベース:資産900億ドル、ユーザー数は4300万超

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営する米コインベースが、事業規模を拡大させている。

コインベースは22日、同社のHPに記載する概要ページを更新し、運営する取引所に登録するユーザー数が4300万を超えたことを明らかにした。また、同社の取引プラットフォームにおける総資産額は900億ドル(約9.3兆円)に達した。更新前の資産額は250億ドルと記載されていたが、いつの時点での金額かは定かではない。

コインベースの資産の増加は、北米の機関投資家がビットコインへの投資を強化していることが背景にある。ビジネスデータの管理・分析サービスを展開する米マイクロストラテジーや、投資会社のラファーインベストメント(Ruffer Investment)などは、コインベースを利用してビットコインの大口投資を行ってきた。

コインベースのカストディサービスが管理する資産は、900億ドルの総資産の5割を占める。また、コインベースは、機関投資家による10億ドルを超える大口取引を行ってきたと、同社グループがまとめた報告書で述べている。

コインベースは現在、株式上場に向けた準備を進めている。昨年12月には、上場申請に関する資料を米証券取引委員会(SEC)に提出した。一部の報道によると、米投資銀行のゴールドマン・サックス・グループがコインベースの上場準備を支援しているという。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:佐藤茂
|画像:Shutterstock
|原文:Coinbase Now Has Over $90B in Assets on Platform

おすすめ記事: