仮想通貨取引所クラーケン (Kraken)の評判や日本からの登録方法について解説

(公開日:

仮想通貨取引所Kraken (クラーケン)とは?

取扱通貨数100種類超(日本在住の場合8種類)
最低取引数量0.0001 BTC(ビットコイン)
スマホアプリ対応あり
カスタマーサポートヘルプセンター

Kraken (クラーケン)は2011年に米国に設立された最古の取引所である。ビットコインのレバレッジ取引に初めて対応したのもKraken (クラーケン)であり、日本も含む世界中の多くのユーザーから利用されている。本社はサンフランシスコにあるが、ユーロ圏であるヨーロッパにおいて取引高と流動性が高くシェアを伸ばしている状況だ。

Kraken (クラーケン)のメリット

Kraken (クラーケン)を利用する主なメリットは下記の3点が挙げられる。

  • 強固なセキュリティ対策が整っている
  • ユーザー数が多く流動性が高い
  • カスタマーサポートが充実

強固なセキュリティ対策が整っている

Kraken (クラーケン)は世界の仮想通貨取引所の中でも最高レベルのセキュリティであると評価されている。Kraken (クラーケン)に入金された仮想通貨は、すべてオフラインでインターネットから隔離された場所で保管される。これをコールドウォレットと呼ぶが、仮想通貨の管理方法として安全性が非常に高い方法として知られている。

コールドウォレットで懸念すべきリスクはオフラインの保管場所に対する物理的なアクセスとなるが、Kraken (クラーケン)のサーバーは24時間体制で監視カメラと警備員によって監視されているため、物理的なアクセスを防ぐ仕組みも整っている。アカウントは、Google AuthenticatorとYubikeyの2段階認証で保護され、その他にもさまざまなセキュリティ対策が整っていることが世界でKraken (クラーケン)が評価される理由となっている。

ユーザー数が多く流動性が高い

Kraken (クラーケン)は、世界中で400万人を超えるトレーダーがユーザー登録を行っている。ユーザー数が多く流動性が高い取引所は、取引の成功確率や、成立するまでのスピードが速くなるため、取引のスピードを重視する人にとって流動性は取引所を選ぶ上で重要な要素だ。

カスタマーサポートが充実

Kraken (クラーケン)はヘルプセンターにおいて24時間年中無休でオンラインサポートをしている。多言語に対応しており日本語への対応も可能だ。よって、日本から利用している場合でも時間を気にせずに気軽に相談できる環境が整っているといえるだろう。また、ヘルプセンターのページには、よくあるご質問という形で入出金、口座開設、取引に関する質問がまとめられている。

海外取引所は日本から利用する場合は、日本語に対応していないことから説明やサポートが少ないので上級者向けになることが多いが、Kraken (クラーケン)は初心者にも優しい取引所といえるだろう。

Kraken (クラーケン)のデメリット

一方で、Kraken (クラーケン)を利用するデメリットは2点ある。

  • 登録に時間がかかる
  • 日本に在住している場合は通貨の選択肢が狭まる

登録に時間がかかる

Kraken (クラーケン)はセキュリティ対策が整っている反面、国内取引所と比較すると登録に大きく時間がかかってしまう。国内取引所では即日で取引を始められる取引所が多いが、Kraken (クラーケン)は口座開設審査から、書留郵便が送付されるまで取引を開始できない。到着には2~5日程度かかるといわれているが、居住地域によってはこの限りではない。Kraken (クラーケン)の口座開設は、ある程度余裕を持って行う必要があるだろう。即日で取引を開始したいなら最短10分で口座開設できるGMOコインなどの国内取引所を推奨する。

日本に在住している場合は通貨の選択肢が狭まる

Kraken (クラーケン)は100種類を超える仮想通貨を取り扱っているが、日本の在住者に提供する仮想通貨は制限される仕組みとなっている。日本から取引できる通貨は8種類となっているため、多くの国内取引所と比較しても取引できる通貨数は少ない。つまり、海外取引所を利用するメリットである取扱通貨の多さは、日本から利用する場合は享受できないということになる。

Kraken (クラーケン)の取扱通貨

日本に在住しているユーザーが取引できるKraken (クラーケン)の取扱通貨は下記の8種類だ。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • チェーンリンク(LINK)
  • ライトコイン(LTC)
  • オーエムジー(OMG)
  • リップル(XRP)

日本に在住していない場合は2022年時点で109種類の通貨から取引可能だ。具体的な取扱通貨はこちらのページから確認できる。

Kraken (クラーケン)の評判・口コミ

良い口コミ

良い口コミとしては「セキュリティが高い」という評判が最も多い。Kraken (クラーケン)がハッキングされることがあれば、仮想通貨のセキュリティを根本から揺るがしかねないといわれるほど信頼されている。また、海外取引所で「日本語、日本円の入金に対応している」ことを評価する声もあった。

悪い口コミ

悪い口コミは「入金処理が遅い」「取引ツールが使いづらい」という評判があった。また、Kraken (クラーケン)は2018年に一度日本から撤退しており、2020年に復活しているが以前のアカウントを引き続き使用できなかったことに不満を抱く声もあった。

Kraken (クラーケン)の手数料

Kraken(クラーケン)の手数料体系は下記の通りである。

入金手数料・出金手数料

Kraken(クラーケン)の日本円に関する入金手数料は無料となっている。最低入金額は1,000円からだ。仮想通貨の入金手数料もEther (HEX)を除いてすべて無料だ。

一方で、出金手数料は日本円では250円、最低出金額は1,250円だ。ビットコインの出金手数料は0.00002 BTCとなっている。仮想通貨の出金手数料の詳細や最新の手数料情報に関してはこちらのページを参考にしよう。

取引所手数料・販売所手数料

Kraken(クラーケン)の取引手数料は、過去30日間の取引量に応じて変化する仕組みとなっている。

 MakerTaker
$0~$50,000相当0.16%0.26%
$50,001~$100,000相当0.14%0.24%
$100,001~$250,000相当0.12%0.22%
$250,001~$500,000相当0.10%0.20%
$500,001~$1,000,000相当0.08%0.18%
$1,000,001~$2,500,000相当0.06%0.16%
$2,500,001~$5,000,000相当0.04%0.14%
$5,000,001~$10,000,000相当0.02%0.12%
$10,000,000以上0.00%0.10%
Makerは受取の手数料、Takerは支払いの手数料

取引量が増えるほどどちらの手数料も0.02%下がり、$10,000,000に相当する取引量に達するとMaker手数料は0%になる仕組みだ。販売所手数料は一律して1.5%となっている。

Kraken (クラーケン)のモバイルアプリ

Kraken (クラーケン)はPCだけではなくモバイルアプリにも対応しており、クラーケン Pro (Kraken Pro)を提供している。クラーケン Proは高度な取引機能と操作性の良さを両立しており、ワンタップでまとめてポジションの表示・非表示が可能となっている。ただし、初心者が使用するには画面が分かりにくいかもしれない。ある程度、仮想通貨の取引に慣れた人であれば手に馴染みやすいツールといえるだろう。

Kraken (クラーケン)の登録方法

Kraken (クラーケン)の登録は、下記の手順で行える。

  • ①アカウントを作成する
  • ②個人情報の入力と本人確認
  • ③書留郵便を受け取り口座開設

①アカウントを作成する

Kraken (クラーケン)のアカウントはこちらのページから開設できる。

アカウントの開設に必要なのはメールアドレスのみだ。ユーザー名とパスワードを設定してアカウントを作成しよう。

②個人情報の入力と本人確認

アカウントの開設が終了すると、個人情報の登録に移る。本人確認書類の提出は画像をアップロードする形式だ。本人確認には有効な公的身分証明書2点または、公的身分証明書1点に加えて補完書類を提出する必要がある。

  • 在留カード
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

上記の公的身分証明書に加えて補完書類にあたるのが、住民票や、公共料金などの領収書だ。必ず2点以上書類を用意する必要があるので準備があるか確認しよう。

③書留郵便を受け取り口座開設

個人情報の入力と本人確認が終了すると審査が始まる。審査が完了してから日にちを空けてから書留郵便が届く仕組みだ。書留郵便を受理されたことが確認されると、システムより口座開設完了のメールが届き、取引が開始できる。

クラーケン以外の代表的な国内の取引所

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinを運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM.com証券を傘下に抱える合同会社DMM.comのグループ会社。売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。DMM.com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。

取扱仮想通貨 24種類
手数料 販売所:スプレッド
最低取引数量 BTC/JPY:0.0001, ETH/JPY:0.001, XRP/JPY:1
スマホ対応 初心者向け「STモード」と豊富な機能の「EXモード」が選べる
セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施
DMM Bitcoinの口コミ•評判口コミを見る
  • アプリ日本最大級の大手取引所なので、システム的にもしっかりしていますし、セキュリティ対策もされているので、安心して使うことができています。は使いやすく、注文方法も簡単。手数料もリーズナブルで使いやすく、欠点を探すのが難しいくらいの取引所だと思います。

    ★★★★★5点
    (40代・男性)
  • DMM Bitcoinは一年中サポート対応をしてくれるので、不安が大きい初心者さんでも安心して使うことができると思います。

    ★★★★4点
    (20代・女性)
  • 若い人にも使いやすいんじゃないかな。画面はスマホ版は見やすくわかりやすく、レスポンスも良いです。ここが一番良い点だと思いますね

    ★★★★4点
    (20代・女性)
bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。創業者の加納裕三氏は、一般社団法人 日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めており、 グループ子会社のbitFlyer Blockchainでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。

取扱仮想通貨 14種類
手数料 取引所:0.01〜0.15%/販売所:無料
最低取引数量 取引所:0.001BTC/販売所:0.00000001BTC
スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能
セキュリティ マルチシグを他社に先駆けて導入
bitFlyerの口コミ•評判口コミを見る
  • bitiFlyerはセキュリティ面で安心できるのが大きいです。 世界でセキュリティが1位というインパクトは凄い。

    ★★★★4点
    (30代・男性)
  • とても見やすいホーム画面で使いやすい取引所です。自分の資産が現在プラスなのかマイナスなのかが分かりやすい。

    ★★★★4点
    (40代・女性)
  • アプリも非常に使いやすいので良いと思いました。初心者の方にも十分におすすめできます

    ★★★★4点
    (20代・女性)
GMOコイン

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、「GMOコイン 暗号資産ウォレット」の使いやすさで初心者にも人気がある。6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているGMOクリック証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。

取扱仮想通貨 23種類
手数料 取引所:-0.01%〜0.05%/販売所:スプレッド
最低取引数量 0.00005 BTC / 回(販売所)、0.0001 BTC / 回(取引所・現物取引)
スマホ対応 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ
セキュリティ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理
GMOコインの口コミ•評判口コミを見る
  • 仮想通貨のFX取引がスマホでササッとできます。外出中、合間の時間、寝ながら、などなどかなり便利です。ちなみに、チャート機能もあります。

    ★★★★★5点
    (30代・男性)
  • 一言で言うと、とても満足です。アプリで手軽に取引ができるので、仮想通貨取引に明るくない人でも、ハードルが低いところが良いです。

    ★★★★4点
    (20代・女性)
  • 過去の取引内容が取引画面の下方に表示されるため、一気に値が動き始めた時などに、目標を瞬時に判断することが出来るのが大きな武器だと思います

    ★★★★4点
    (20代・女性)

最後に

Kraken (クラーケン)は、セキュリティ対策が最高レベルの仮想通貨取引所であるため、ハッキングなどの被害に遭うリスクをできる限り最小限に抑えたい人に向いているといえるだろう。金融庁の許諾も得ているが、日本在住の場合は取扱通貨数が極端に減少するためメリットをすべて享受しきれない点に注意が必要だ。金融庁の許諾を得ている取引所の中で取扱通貨の種類を重視するならCoincheck(コインチェック)などの20種類近い通貨を取り扱う国内取引所を選ぶことを推奨する。

参考文献

取引の最小注文サイズ(数量)および数量の小数点以下桁数について(日本居住のお客様)【Kraken (クラーケン)】
https://support.kraken.com/hc/ja/articles/360050845612

セキュリティ【Kraken (クラーケン)】
https://www.kraken.com/ja-jp/features/security

KrakenグループのPayward Asia株式会社、日本での入出金と取引の開始のお知らせ【PR TIME】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000063540.html

取扱通貨と通貨ペア(日本居住のお客様)【Kraken (クラーケン)】
https://support.kraken.com/hc/ja/articles/360048283392

サポート【Kraken (クラーケン)】
https://support.kraken.com/hc/ja

米クラーケンの日本再参入──戦略、役割、変わる暗号資産 インタビュー【coindeskjapan】
https://www.coindeskjapan.com/84017/

アカウントの開設とお取引までの流れ【Kraken (クラーケン)】
https://support.kraken.com/hc/ja/articles/36004877731

本人確認書類の種類と注意点について(日本居住のお客様)【Kraken (クラーケン)】
https://support.kraken.com/hc/ja/articles/360049840412

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする