アルトコインとは?将来有望なおすすめ銘柄・人気取引所・価格チャートを解説【2021年最新版】

仮想通貨(暗号資産)は、大きく分けてビットコインとアルトコインに分類することができる。多くのアルトコインは、ビットコインのプログラムを一部改変することによって誕生しており、ビットコインより多くのトランザクションをやりとりすることができたり、承認時間が短縮されているなどの特徴がある。本記事では、アルトコインの概要について説明した上で、将来有望なおすすめアルトコイン銘柄とアルトコインを購入する上でおすすめの取引所を整理する。

アルトコインとは

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)の総称。「alternative(代替の)」と「bitcoin」を組み合わせた造語である。仮想通貨(暗号資産)の中で最も有名なものはビットコインだが、世の中にはそれ以外にもイーサリアムやリップルをはじめとする数多くのアルトコインが存在している。アルトコインの中で時価総額が低い仮想通貨(暗号資産)は「草コイン」と呼ばれる。将来有望なアルトコインに早い段階から投資を行い、そのアルトコインの価格が上がれば、大きな利益を得られる可能性がある。

アルトコインに投資するメリット

アルトコインに投資するメリットは以下の通り。

より大きなリターンが狙える可能性がある

アルトコインの中には、ビットコインと比べて大幅に価格変動する銘柄もあるため、場合によっては、大きな値上がり益を期待することができる。

ポートフォリオ分散になる

ビットコインにのみ投資すると、ビットコイン価格が下落した際に資産が大きく目減りするリスクがある。仮想通貨(暗号資産)に限った話ではないが、1つの仮想通貨(暗号資産)にポートフォリオが偏ってしまうことは分散投資の観点から避けるべきである。ビットコイン以外の様々なアルトコインに投資することで、ビットコイン価格が急落した際の保有資産残高への影響を最小化することができる。

将来有望なアルトコインの特徴

将来有望なアルトコインの特徴は以下の通り。

用途が明確である

将来有望なアルトコインの特徴として、用途が明確であることが挙げられる。アルトコインの中には、プロジェクト内容や用途(結局どう役立つのか)が不透明な銘柄も少なくない。アルトコインに投資する際は、用途が明確であり、将来的な需要が見込める銘柄に投資するべきである。

開発が計画通りに進行している

アルトコインの中にはSNSで開発の進捗を公開しているプロジェクトもある。現在の開発状況をユーザーに対して明示的に開示することで、(比較的)「安全」な銘柄と認識され、需要が高まる可能性がある。アルトコインの中には開発が全く進んでいないコインもあり、開発の進捗を公開しているかどうかはチェックすべき項目の一つである。

将来有望なアルトコインおすすめ銘柄

上記を踏まえ、将来有望なアルトコインおすすめ銘柄を紹介する。

1位:イーサリアム(ETH)

1番目におすすめの銘柄は、イーサリアム(ETH)である。2015年7月に登場したイーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)に次ぐメジャーな仮想通貨と言われており、時価総額もビットコイン(BTC)に次ぐ第2位となっている(出典:仮想通貨時価総額上位100)。

ビットコインの技術を応用し、Vitalik Buterin氏によって開発されたイーサリアムだが、ビットコイン(BTC)が決済に利用される仮想通貨であるのに対して、イーサリアム(ETH)は分散型アプリケーション(Dapps)のプラットフォーム内で使用される通貨として開発された経緯がある。

イーサリアムの独自の特徴の一つとして、スマートコントラクト機能が挙げられる。スマートコントラクト機能とは、端的に言えば、契約の自動執行のことであり、条件を満たした場合に自動的に契約を実行するための仕組みのことを指す。契約情報はブロックチェーン上の書き込まれるため、改ざんされるリスクが少なく、契約の履行に第三者を介する必要がないため、コスト面でも競争力があると言われている。イーサリアム(Ethereum)を購入する上で、おすすめの取引所は「コインチェック」「GMOコイン」「DMMビットコイン」である。

2位:リップル

2番目におすすめの銘柄は、リップル(Ripple)である。リップル(Ripple)は、決済システムに特化したプラットフォームである。そのため、厳密に言えば、リップルネットワーク内で用いられるXRPが仮想通貨としての役割を果たすことになっている。

リップル(Ripple)は、中央集権的な管理主体が存在しないビットコインと異なり、リップル社という企業体によって運営されている。リップル(Ripple)は、分散型台帳技術を利用しているが、その仕組みはビットコイン(Bitcoin)に代表されるパブリック型のブロックチェーンとは大きく異なっている。具体的には、リップル社によって「信頼できる参加者である」と認定されたバリデーター(ユニークノードリスト:UNL)と呼ばれる承認者によって検証が実施され、一定数のバリデーターが取引の正当性を認めることによって、合意形成を図る仕組みを採用している。

リップル(Ripple)の優れたポイントの一つとして、処理速度の速さが挙げられる。ビットコイン(Bitcoin)の場合、決済処理時間は最短でも10分かかってしまうのに対して、リップルの場合は最短4秒で決済が完了する。これらの特徴に基づき、リップル(Ripple)には異なる通貨同士を接続する「ブリッジ通貨」としての役割が期待されている。リップル(XRP)を購入する上で、おすすめの取引所は「コインチェック」「GMOコイン」「DMMビットコイン」である。

3位:ビットコインキャッシュ

3番目におすすめの銘柄は、ビットコインキャッシュである。ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨であり、基本的な仕様はビットコインのそれと類似している。ブロックチェーンのブロックサイズを大きくしたことによって、ビットコインが抱えていたスケーラビリティ問題の解消を図ろうとしていることがビットコインキャッシュの最大の特徴である。ビットコインのブロックサイズの上限は1MBだが、ビットコインキャッシュでは、ブロックサイズの上限を8MBに拡大することによって、スケーラビリティ問題の解決を図っている。

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入する上で、おすすめの取引所は「コインチェック」「GMOコイン」「DMMビットコイン」である。

4位:ライトコイン

4番目におすすめの銘柄は、ライトコイン(LTC)である。ライトコイン(LTC)は、ビットコインのソースコードをもとに2011年10月に開発された仮想通貨である。ビットコイン(BTC)を金だとすれば、ライトコイン(LTC)は銀であると言われることがある。ビットコイン(BTC)のブロック生成時間が約10分であることに対して、ライトコイン(LTC)のブロック生成時間は約2.5分であり、決済スピードに優位性を持つ。また、ビットコイン(BTC)の発行上限枚数が2,100万枚であるのに対して、ライトコイン(LTC)の発行上限枚数は8,400万枚であることも押さえておきたい。ライトコイン(LTC)を購入する上で、おすすめの取引所は「コインチェック」「GMOコイン」「DMMビットコイン」である。

5位:ポルカドット

ポルカドットは、イーサリアムの共同創設者として著名なGavin Wood氏らが率いる「Web3 Foundation」によって考案されたプロジェクト。ポルカドットのエコシステムで流通するトークンは「DOT」と呼ばれる。ポルカドット (DOT)を購入する上で、おすすめの取引所は「コインチェック」「GMOコイン」「DMMビットコイン」である。

最後に

アルトコインは、価格変動が大きく、金融商品としてハイリスク・ハイリターンな側面が存在するため、その性質を正確に理解した上で取引を行うことが必要である。本記事で紹介したおすすめのアルトコインに関する情報を踏まえた上で、安全なアルトコイン取引を開始することを推奨する。