アルトコインの取引ができる5つの取引所/販売所と選び方の3つのポイント

(公開日:

アルトコイン(Alternative Coin)は日本語に訳すと代替のコインであり、ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)は総じてアルトコインと呼ばれる。具体的にはイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などの暗号資産がアルトコインに分類される。

アルトコインを取引するならビットコインを取引するよりも取引所選びが重要だ。なぜなら取引所によって、取り扱うアルトコインが異なるからだ。本記事ではアルトコイン取引所の選び方と5つの取引所を紹介する。

アルトコインの取引所/販売所の選び方の3つのポイント

アルトコインを取引する取引所/販売所の選び方のポイントは3つある。

  • 取扱銘柄の多さで選ぶ
  • 手数料やスプレッドで選ぶ
  • 流動性の高さで選ぶ

取扱銘柄の多さで選ぶ

取引所ごとに取り扱うアルトコインの種類と数は異なるので、投資の選択肢を広げるなら取扱銘柄の多さで選ぶことが重要だ。しかし、新規上場がなければ取引を続ける上での選択肢が広がらないので、近年の新規上場の状況も踏まえた上で、将来的に取扱銘柄が多くなることが期待される取引所も候補となるだろう。

手数料やスプレッドで選ぶ

アルトコインを取引するなら手数料とスプレッドの確認が重要だ。取引所取引では手数料が無料でも販売所取引では手数料が発生する場合があるので、それぞれの手数料を確認したい。また、アルトコインの買値と売値の差額のことをスプレッドと呼び、この差額は投資家が負担し、取引所の収入源となっているので実質的な手数料である。

アルトコインのスプレッドは状況によって変動しやすく、同じ時間帯でスプレッドを比較しない限り一概にどの取引所のスプレッドが安いとは言い切れない。また、一つの取引所を利用してスプレッドを安く済ませるなら、販売所よりも取引所を利用するほうがスプレッドは安くなる。

流動性の高さで選ぶ

取引量が多く流動性が高いビットコインと比較するとアルトコインは取引する人が少ないため流動性が低い。アルトコインを取引するなら取引件数が多く流動性の高い取引所を選ぶことで取引が成立しやすくなる。

また、一般的には取引量の多い取引所のほうがスプレッドの幅が小さくなりやすいので、売買成立の容易さと手数料の節約の上でも多くの人が取引している取引所を選ぶメリットが大きい。

アルトコインの取引所を比較

アルトコインの取引ができる取引所に関して取扱銘柄と手数料に関して比較した。

取引所/販売所取扱銘柄数手数料
Coincheck17種類取引所:無料
販売所:0.1〜5.0%
GMOコイン14種類取引所Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所:無料
DMM Bitcoin19種類 (取扱通貨数は12種類)無料
bitFlyer13種類取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
bitbank19種類 (取扱通貨数は10種類)取引所
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
販売所:無料
※Makerは受取の手数料、Takerは支払の手数料

取扱銘柄数ではDMM Bitcoinbitbankが同率一位ではあるが、暗号資産同士の通貨ペアであるETH/BTCなどの銘柄も含むため、純粋な取扱通貨数が17種類であるCoincheckが最も多くの通貨を取り扱っている。スプレッドを含まない取引手数料はDMM Bitcoinが取引所・販売所共に手数料が無料となっている。

国内でアルトコインが取引できる取引所

Coincheck(コインチェック)

取扱銘柄数17種類
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
アイオーエスティー(IOST)
エンジンコイン(ENJ)
オーエムジー(OMG)
パレットトークン(PLT)
取引所手数料無料
販売所手数料0.1〜5.0%

Coincheckは取引所の中でも最も多い16種類のアルトコインを取り扱っている。東証一部にも上場しているマネックスグループの傘下であり、シンプルな操作性を持つスマホアプリのダウンロード数は累計で415万を突破した。

最低注文単位が500円以上であることも魅力であり、価格変動が大きくリスクの高いアルトコインに対しても少額投資がしやすい。具体的な投資方針が定まっていないアルトコイン初心者の方も気軽に口座を開設しやすいといえるだろう。

GMOコイン

取扱銘柄数14種類
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
取引所手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料無料

GMOコインは13種類のアルトコインを取り扱っている取引所であり、最も多くのアルトコインを扱っているCoincheckが取り扱っていないXTZ、DOT、ATOMを取り扱っているため、この3銘柄を取引したい投資家に対して差別化ができている。

つみたて暗号資産では毎月の合計積立金額が500円~5万円の範囲内でアルトコインに対して長期的な積立投資が可能だ。暗号資産への長期投資を考えるならGMOコインは利便性が高い取引所だ。

DMM Bitcoin

取扱銘柄数19種類(通貨:12種類)
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)                
オーエムジー(OMG)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
クアンタム(QTUM)      
ステラルーメン(XLM)
モナコイン(MONA)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
イーサクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
取引所手数料無料
販売所手数料無料

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引が中心の取引所であり、アルトコインと円の通貨ペアとアルトコインとビットコインのペアを取り扱っている。現物取引ができる通貨ペアはBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPY、ETH/BTCの4種類のみなので、取引所/販売所共に取引手数料無料でレバレッジ取引をしたい人に向いている。

bitFlyer(ビットフライヤー)

取扱銘柄数13種類
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
リスク(LSK)
リップル(XRP)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
ステラルーメン(XLM)
ネム(XEM)
テゾス(XTZ)
ポルカドット(DOT)
取引所手数料0.01~0.15%
販売所手数料無料

bitFlyerは12種類のアルトコインを取り扱い、国内最大級の取引量を誇る取引所である。多くの利用者が存在するため、流動性が高くスプレッドが安くなりやすいので短期目的でアルトコインを取引するなら口座開設しておきたい。

bitbank(ビットバンク)

取扱銘柄数19種類(通貨:10種類)
取扱通貨ビットコイン(BTC)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアム(ETH)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
取引所手数料Maker:-0.02%
Taker:0.12%
販売所手数料無料

bitbankは日本円とビットコインの通貨ペアも含めて19の銘柄を取り扱っている。アルトコインの取扱通貨は9種類と少ないが、すべてのアルトコインを取引所経由で取引できるのでスプレッドの幅が狭くコストを大幅に節約可能だ。

アルトコインを取引するなら複数口座を開設する

今回紹介した取引所にもそれぞれの強みがあるので、メリットを活かせる取引所/販売所の口座を複数開設するのがいいだろう。また、スプレッドに関しては比較する日時によって最狭となるスプレッドが異なるので、複数開設しておけば最も安いコストで取引がしやすくなる。

参考文献

Coincheck(コインチェック)で現在取引できる通貨は何種類?仮想通貨(暗号資産)の購入手順(Coin check)
https://coincheck.com/ja/article/336

手数料(Coin check)
https://coincheck.com/ja/info/fee

暗号資産(仮想通貨)チャート一覧・マーケット情報(GMOコイン)
https://coin.z.com/jp/corp/information/

手数料(入出金・取引)(GMOコイン)
https://coin.z.com/jp/corp/guide/fees/

つみたて暗号資産(GMOコイン)
https://coin.z.com/jp/corp/product/info/tsumitate/

DMM Bitcoinが選ばれる理由(DMM Bitcoin)
https://bitcoin.dmm.com/service

当社が取扱う仮想通貨について(bitFlyer)
https://bitflyer.com/ja-jp/virtual-currency-list

手数料一覧・税(bitFlyer)
https://bitflyer.com/ja-jp/commission

取扱通貨ペアおよび注文単位(bitbank)
https://bitbank.cc/docs/pairs/

手数料(bitbank)
https://bitbank.cc/docs/fees/

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする