アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
「ゴールド」の名にふさわしいステータスとサービス

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

「富裕層が持つカード」として広く知られ、信用力の高さから世界で確固たる地位を築いてきたアメリカン・エキスプレス・カード。中でも「ゴールド・カード」は、“ワンランク上”の付帯サービスや特典を楽しみたいというビジネスパーソンから人気を博している。
50,000ポイント獲得も可能
最近は年会費数千円のゴールドも登場しているが、そんな時代だからこそ、”本物のゴールド”たる「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の魅力が際立つ。仕事にプライベートにワンランク上を求めるエグゼクティブなら、その特徴は是非とも知っておきたいところだ。入会後3ヶ月間のカード利用に応じて50,000ポイントの獲得も可能と、意外な特徴も持っている。

ワンランク上の“重量級ゴールド”

年会費3万1,900円(税込)
ブランドアメリカン・エキスプレス
ポイント還元率100円につき1ポイント(基本還元率1%)
保険国内旅行傷害保険:最高5,000万円まで
海外旅行傷害保険:最高1億円まで
航空便遅延費用補償
キャンセル・プロテクション
ショッピング・プロテクション
リターン・プロテクション
オンライン・プロテクション
ETCカード年会費:無料(5枚まで発行可) 発行手数料:935円(税込)
家族カード1枚目:無料 2枚目以降:13,200円(税込)
申し込み条件20歳以上で本人に安定継続した収入のある方

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード

ワンランク上のカード

アメックスのクレジットカードはランク別に3種類ある。エントリーランクの「アメリカン・エキスプレス・カード」、その上位の「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」、さらに最上位の「プラチナ・カード」だ。それぞれの略称は順に「グリーンカード」、「ゴールド・カード」、「プラチナ・カード」だ。個人カードとしては航空会社ANAとの提携カードなどが、法人や個人事業主が持つビジネスカードが、それぞれのランク別にある。

入会条件は「20歳以上で安定した継続的な収入」とされていて、それ以外の審査基準は明らかにされていない。ただ、カードのランクを考えれば、グリーンカードよりも高い基準を満たすことが求められていると考えて間違いないだろう。

他社ゴールドとは一線を画す

アメックス・ゴールド・カードと同様、他社カードもゴールドをエントリーランクよりもワンランク上に位置づけている。ただ、ゴールド・カードが“乱発”ぎみである以上、「ゴールド」の言葉の意味が下がっていることは否めない。

そんな中で、アメックスの「ゴールド・カード」は、そうしたカードとは一線を画したカードだろう。たとえば、ゴールド・カードの付帯サービスの代表格が、海外旅行の際のメリットだ。主なものとして空港ラウンジの利用、旅行傷害保険、手荷物無料宅配、航空便遅延補償がある。

参考までに他社のゴールド・カードと比較してみよう。

年会費2,200円のショッピングサイト系ゴールド・カード(Rカード)では、国内28空港のラウンジと海外2空港で、利用は年間2回までに限られている。また、年会費1万1,000円の銀行系ゴールド・カード(Mカード)でも、ラウンジ利用は本人のみ。これに対し、アメックスのゴールド・カードは同伴者1名も無料で使える。さらに、海外1,200ヵ所以上のラウンジを有料で使用できる会員資格「プライオリティ・パス」もついている。

どの航空会社に搭乗してもラウンジを利用でき、スマートフォンのアプリから空港ラウンジを検索できる。さらに、国内の主要空港ラウンジも利用制限なく使える。ソフトドリンクやアルコールはもちろん、場所によっては軽食が用意されているところもあり、ぜひ利用したい。

プライオリティ・パスが利用できるのは、カード会員と家族カード会員で、年会費無料(通常99米ドル)で登録できる。さらに、1回32米ドルの利用料が年間2回まで無料となる。なおこのサービスは、Priority Pass Ltd.が運営。サービスを利用するには、事前に「プライオリティ・パス・メンバーシップ」への登録が必要だ。

旅行傷害保険はRカードが国内旅行はなし、Mカードはアメックスのゴールド・カードと同様に、補償額は最高5,000万円だったが、Mカードは海外も国内と同じ最高5,000万円だったのに対し、アメックスのゴールド・カードは最高1億円だ。空港への手荷物無料宅配や遅延補償はRカードやMカードにはなかった。このほかにも他社のゴールドにはないサービスがついてくる。

会費は高いがそれに見合う付帯サービス

アメックスのゴールド・カードは年会費が3万1,900円(税込)。家族カードは1枚目が無料、2枚目以降は1万3,200円となる。年会費が安い「ゴールド」カードが増えている中で、3万円超の年会費は“異彩”を放っているかもしれない。ただ、アメックスのゴールド・カードの付帯サービスや特典が他社のゴールド・カードの内容と比較してみれば、この会費額にも納得がいくのではないだろうか。

ポイント還元率の高い旅行予約サイトが利用できる

アメックス会員専用の旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン」を利用すると、カード会員限定の旅行特典を受けられたり、ポイントで支払いができたりする。貯まったポイントとカード払いの併用も可能だ。

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインは、国内外のホテルや航空券、レンタカーのオンライン予約が可能なカード会員様専用旅行予約サイト。アメリカン・エキスプレスが持つグローバルネットワークならではの充実した商品で、幅広い選択肢から自由に旅のアレンジができる。優待料金やポイント特典など、カード会員様限定の特典も用意されている。

電話1本で国内外の旅行の手配をしてくれる「HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」(運営:エイチ・アイ・エス)も利用できる。

さらに、対象のホテル・レンタカー・国内航空券の予約で、通常1ポイントのところボーナスポイントが1ポイント付与されるため、2倍の還元率になるのも注目だ。

ザ・ホテル・コレクション

国内外600以上のホテルが参加するプログラムで、2泊以上の予約をすると部屋のアップグレードや、レストラン・スパなどの施設の利用料金を100米ドル相当できる。プログラムに参加する日本国内すべてのホテルが、Go Toトラベル対象だ。

ゴールド以上の会員特典で、対象ホテルにはハイアットリージェンシー京都やヒルトン東京など一流ホテルが含まれている。予約段階でスイートルームを選択した場合などは当日のアップグレードが難しくなるが、スタンダードな客室を予約しておけば、普段はなかなか泊まれない客室を楽しむことができるだろう。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの特別入り口からのパーク入場、レストラン割引などが受けられる、アメックス会員限定のVIPツアーを利用できる。 2021年2月4日にグランドオープン予定のスーパー・ニンテンドー・ワールドエリアのアトラクションへ優先案内されるほか、ハリーポッターやスパイダーマンなど人気のアトラクションの中から5つを選び、優先案内してくれる。

同じく2月4日オープン予定のキノピオ・カフェなど、パーク内レストランでの食事代が10%割引されるなど、テーマパークファンにはたまらない特典と言えるだろう。このVIPツアーはアメックス会員専用の申し込み枠を1日20名分用意しているという。

汎用性が高いポイント

カードを利用して貯まったポイントの移行先は、提携航空会社のマイルのほか、提携ポイントプログラム、商品券やEクーポンに移行可能だ。たとえば、JALやANAのマイル、楽天ポイント、Tポイント、Amazonギフト券が挙げられる。

その他にも、常時500以上の取扱いがあるアイテムとの交換、会員限定イベントへの参加申し込みに利用することもできるという。

ポイントを貯めやすいメンバーシップ・リワード・プラス

アメックスのポイントプログラムは、カード年会費とは別に年間参加費3,300円(税込)を支払うと「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入できる。未加入の場合ポイントの有効期限は最大3年間だが、メンバーシップ・リワード・プラス加入者は無期限になる。

さらに、加入者はポイントの交換レートが高まる。たとえば、ポイントをANAのマイルへ移行したい場合、メンバーシップ・リワード・プラス未登録の場合だと最少2,000ポイント必要になる上、1,000マイルのためレートは半減してしまう。しかし、メンバーシップ・リワード・プラス登録者の場合は最少1,000ポイントから、1,000マイルのレートで移行可能だ。

ポイントはカード利用後の代金に充てることも可能だが、メンバーシップ・リワード・プラス未登録の場合は1ポイントが0.3円のレート、登録している場合は1ポイント1円で利用でき、大きな差が生じるためぜひ加入しておきたい。

メンバーシップ・リワード ポイント移行先

提携航空会社

日本航空 JALマイレージバンク
全日空 ANAマイレージクラブ
デルタ航空 デルタスカイマイル
ブリティッシュエアウェイズ エグゼクティブクラブ
キャセイ・パシフィック アジア・マイル
カンタス航空 フリークエントフライヤー
アリタリア-イタリア航空
ヴァージン アトランティック航空
エールフランス-KLM航空
エティハド航空
エミレーツ航空
カタール航空
シンガポール航空
スカンジナビア航空
タイ国際航空
チャイナエアライン
フィンランド航空

一部提携航空会社のポイント移行には、別途参加登録費用が必要で、ポイント移行には諸条件がある。

提携ホテルグループ

ヒルトン ヒルトン・オナーズ
マリオット Marriott Bonvoy

提携ポイントプログラム

楽天ポイント
Tポイント

交換できる商品券・Eクーポン例

Amazonギフト券
Apple Store
スターバックス
ファミリーマートEクーポン(交換一時停止中)

オリジナルイベントへの参加

アメックスではポイントを利用して、オリジナルイベントに参加できる。プロゴルファー・青木功氏とまわるラウンドプレーや、世界遺産・清水寺で貸し切りの夜間特別拝観など、非日常の時間を過ごせるイベントが企画される。ポイント払いで参加、カード払いで参加するものなど、開催イベントごとに参加条件が異なるため、こまめにチェックしておきたい。

メンバーシップ・リワードのボーナスポイント

上述のメンバーシップ・リワード・プラス加入者が利用できる「ボーナスポイントプログラム」は、プログラム対象加盟店でボーナスポイントを獲得できる。通常より多くのポイントを貯めることができ、通常100円で1ポイント獲得のところ、100円で最大10ポイント付与される。

たとえば、ホテル予約サイトのじゃらんは、100円で2ポイントが通年付与され、沖縄県のホテル・シギラミラージュでは10ポイントが通年付与されるなどかなりお得だ。

利用方法はボーナスポイント・パートナーズの提携店にて通常通りカードを利用するだけで、上記のように通年ポイントアップされている提携店や、期間限定で多くのポイントが付与される提携店もある。

入会後3ヵ月以内の利用で5万ポイントの獲得も可能

ステータスカードであるがゆえ、こうしたお得なポイント獲得制度があることを知らない人もいるかもしれない。

入会後3ヵ月以内のカード利用で、利用額に応じて最大50,000ポイントの獲得が可能だ。付与されるのはメンバーシップ・リワードのポイント。

・入会後3ヶ月間のカード利用で100円ごとに9ボーナスポイント
・50万円のカード利用で獲得できる通常利用ポイント5,000ポイント
 ※ボーナスポイント上限45,000ポイント
 ※3ヶ月間、100円=10ポイント(通常1ポイント+ボーナス9ポイント)
まずはゴールド・カードのページを確認するといいだろう。

日常生活の不安に対応

またアメックスのゴールド・カードは日常生活の不安を解消してくれる保険サービスも充実している。

病気やケガなどで旅行やコンサートなどのイベントに行けなくなった場合に、1人最大10万円までキャンセル料を補償してくれる「キャンセル・プロテクション」。ネットでの買い物に第三者に不正使用された場合、支払いが不要になる「オンライン・プロテクション」。

そしてカードで購入した商品の返品が不可だった場合、90日以内なら1商品につき最高3万円相当額まで、1会員口座につき年間最高15万円相当額まで払い戻す「リターン・プロテクション」。購入後の商品でも破損や盗難に遭えば90日間、年間最高500万円まで補償する「ショッピング・プロテクション」などは心強いサービスだろう。

もしもの際、旅行やコンサートなどに行けずキャンセルせざるを得なくなった際には「キャンセル・プロテクション」が利用できる。病気やケガはもちろん、急な出張などのため、すでにカードで代金を支払っている旅行やコンサートに行けなくなった場合に、年間最高10万円までを補償してくれるという。

海外旅行先で、24時間いつでも日本語でのサポートを受けられる「オーバーシーズ・アシスト」も便利だ。緊急時のヘルプはもちろん、レストランの予約、現地でのミュージカルなどチケットの案内、レンタカー手配や現地情報で不明なことがあれば気軽に尋ねられる。世界中ほとんどの国から24時間無料で利用できるため、海外旅行に慣れていない場合でも心強い。

さらに、「航空便遅延補償」があるため、海外旅行で飛行機の遅れによって搭乗時間がずれた際にも、空港で一夜を明かす必要はない。臨時出費となった宿泊費や食事代はもちろん、手荷物の到着が遅れたことで購入した衣類などの生活必需品まですべて補償してくれる。これで、飛行機が遅れた際にも慌てずに済むだろう。

2021年から新しい特典も追加 1月、2月からさらに魅力アップ

魅力の多いゴールド・カードが2021年、さらにその魅力を増している。1月、2月と新たな特典が開始されるのだ。

まず1月からはカード付帯保険として、「スマートフォン・プロテクション」。これは利用のスマートフォンが破損した場合、修理代金を最大5万円まで補償してくれるというものだ。補償条件があり、購入後2年以内の本保険の対象となるスマートフォンであれば、保険期間中(1年間)、通算して支払限度額(5万円)を限度として請求できるという。

スマートフォン・プロテクションの補償内容

・補償対象スマートフォン(1台のみ)
・補償範囲破損(スクリーンガラス割れ損害を含む)
・対象端末購入日より2年以内のスマートフォン
・支払限度額5万円
・免責金額1事故につき1万円

さらに2月からは、継続特典として、「ザ・ホテル・コレクション」の国内対象ホテルで2泊以上の予約の際に使える1万5,000円分のクーポンがプレゼントされる。対象ホテルは、ヒルトン東京や帝国ホテル東京をはじめ東京・箱根・京都・沖縄の11か所で、チェックインの際にゴールド・カードとクーポンを提示して利用する。上述したザ・ホテル・コレクションの通常特典である部屋のアップグレード、館内施設100米ドル相当オフとの併用も可能だ。

そして、スターバックス コーヒージャパン公式モバイルアプリなどで使えるスターバックス特典(3,000円)もプレゼントされる。受け取り方法は2月までにアメックス公式サイトで発表されるという。

タッチ決済にも対応

タッチ決済とは、専用リーダーにカードをタッチするだけで支払いが完了する「接触不要(非接触)」な決済方法。申し込み、設定変更、専用アプリのダウンロードも不要。

Apple Payを利用するには

Touch ID/ Face IDなどを使うことでセキュリティを高められるApple Payを利用するには、アメックスのサービスアプリをダウンロードして、クレジットカード番号などを登録する。またはWalletアプリにクレカの情報を登録すれば利用できる。

支払い方法は2種類

(1) クレジット払い……カード利用代金明細書に利用した加盟店が表示される
(2) クイックペイ払い

Apple Payが使えるところ

Apple Payが使えるのは、コンタクトレス決済対応の端末が設置されている国内外のお店。また日本国内の「QUICPay(クイックペイ)」「QUICPay+(クイックペイプラス)」対応の店舗でも利用できる。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのクチコミ

他カードと比べて付随サービスが抜群にいい

(男性/40代/2018年から使用/★★★★★)カードの付随サービスが他カードに比べて抜群に良いです。仕事で海外出張などが多いのですが、現地でサポート用の専用カウンターがあったり、日本語で応対をしてくれるためホテルや交通機関の急な予約や変更の対応が容易にできます。また空港ではカードラウンジが利用できることに加えて、空港の飲食店ではカード提示で無償で飲食ができたりするなどの付帯サービスがあるため、空港での乗り換えで長めの時間ができてしまった際などにはとても重宝しています。 全体的に付帯サービスが充実しているのがこのカードの良いところだと思い満足しています。

米国旅行の際、別のカードは不正利用されてしまったが……

(男性/20代/2019年から使用/★★★★★)一番は旅行に行くときに特典がものすごくあるということです。レストランでは、一人食事無料になるなどとても嬉しい特典があります。また、ホテル予約の時は優待サイトがありますので比較的安く宿泊することができます。ステータスがあるので、店員からサービスを受けることもしばしありました。また、セキュリティが高いので満足しています。以前、アメリカに行ってカードを使用しました。違うカードは不正利用されましたが、このカードは不正利用されず非常に満足しています。

旅行先で飛行機の遅延があったが保険でカバーできた

(女性/30代/2019年から使用/★★★★)国内外を問わず、旅行することが好きで、旅行の保険が手厚いのでこちらのカードを登録しました。1人で国内旅行をしている時、飛行機が遅延し半日長く滞在しなければならないことがありましたが、その際に国内渡航便遅延保険の存在を思い出し、利用させて頂きました。半日帰るのが遅くなってしまいましたが、飛行機を待つ時間で、空港でおいしい食事を楽しめて、その代金を補償してもらったので、とても得をした気分で、国内一人旅を無事終えることができました。

コロナ禍の前は著名人を招いてのイベントを開催、飽きさせないコンテンツ多数

(男性/40代/2020年から使用/★★★★)会員の生活に対して、密着したサービスの提供を心がけているように感じます。また色々なキャンペーンやイベントの開催等も多く、会員が常に会員サイトやメールマガジンが気になってしまいます。最近では輸入ワインのオンラインショップとのキャンペーンや、某コーヒーショップでのキャッシュバック還元をしていました。時には有名な著名人を招いてのイベントも開催していましたが、現在は新型コロナウイルスの影響で控えているようです。そのように会員に飽きさせないコンテンツを次々と設けて、生活にクレジットカードを有効活用出来るしくみづくりをしているカードです。

「ゴールド」にふさわしい輝きで豊かな毎日を

今回はアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを取り上げた。年に数回、海外に出張したり、旅行に出かけたり、誕生日や結婚記念日などを高級レストランで祝いたい人であれば、年会費3万1,900円を負担しても、十分に“お釣り”があることが分かったのではないだろうか。

年会費の安さにひかれて格安の「ゴールド」を選ぶのか、それとも本物の「ゴールド」を選んで、その輝きにふさわしい毎日を送るのか──。じっくり考えてから決めたいところだ。



クレジットカード選びに迷ったら

「クレジットカードの選び方──入会前のチェックポイント」はこちらを

各カードの詳細情報はこちら

画像:American Express International, Shutterstock


※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各クレジットカード会社の説明に基づき、各クレジットカード会社の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各クレジットカード会社の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各クレジットカード会社のサイトでお申し込みを行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。