アメックス・ゴールド・カード5種類を比較
──自分にあったタイプをみつけよう

アメリカン・エキスプレスのゴールド・カードは、個人向け、ビジネス(法人)向け、提携先企業などで5種類に分かれている。個人向けとしては、自社発行のノーマルなプロパー・カード「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックス・ゴールド)」、航空会社のANAと提携して自社で発行した「ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」、デルタ航空と提携して自社で発行した「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」、ライセンス提携して他社が発行した「セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カード」がある。そして、経営者や個人事業主を対象にしたビジネス・カードとして、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」がある。

年会費を比較──1万~3万円台と開き

まず、5種のカードの年会費(いずれも税込)から見ていこう。

種類年会費家族カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード3万1,900円1枚目無料、2枚目以降1万3,200円
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード3万4,100円1万7,050円
デルタスカイマイル・アメックス・ゴールド  2万8,600円  1枚目無料、2枚目以降1万3,200円  
セゾンゴールド・アメックス1万1,000円1,100円
アメックス・ビジネス・ゴールド3万4,100円(追加カード)1万3200円

ライセンス提携のセゾンは低め

提携カード(ANAとデルタ)はプロパー・カードに準じた額だが、ライセンス提携カードのセゾンゴールドは年会費が低い。

家族カードについても比較してみる。プロパー・カードのアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは家族カードの年会費が1枚無料で発行でき、2枚目からは1万3,200円の年会費が必要だ。家族カードでももちろん、空港ラウンジの利用や旅行先でのサポートを受けられる。

提携カードの2枚を比べると、ANAは家族カードの1枚目が無料ではないが、デルタスカイマイルは1枚目が無料。

セゾンゴールドはファミリーカードという名称で追加可能だ。1枚あたり1,100円の年会費で、最大4枚まで発行できる。

また、ビジネスゴールドに家族カードはなく、従業員などに持たせる「追加カード」というものがある。こちらも1枚目から無料ではない。

入会特典を比較──それぞれお得な入会の方法

続いて入会特典を比較してみる。各カードで条件やポイント数、計算方法がさまざまだ。

種類利用額獲得最大ポイント/マイル獲得最大ポイント相当額
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード3カ月以内に50万円3万ポイント300万円
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード3カ月以内に70万円4万8,000ポイント/5万マイル480万円/500万円
デルタスカイマイル・アメックス・ゴールド6カ月以内にビジネス利用3万3000マイル330万円
セゾンゴールド・アメックス2カ月以内に5万円とキャッシング、ファミリーカード発行1600ポイント8000円
アメックス・ビジネス・ゴールド1年以内に200万円3万ポイント300万円

プロパーカードの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は入会後3カ月以内に1,000円使えば1,000ポイント、20万円使えばさらに9,000ポイント、50万円を使えばさらに1万5,000ポイントのボーナスがもらえる。

ポイントは通常使用の場合、100円で1ポイント獲得できるため、50万円の利用で5,000ポイントなので、これらを合計すると、計3万ポイント。これは300万円分のカード利用に相当する。カード取得後に高級時計やロードバイク、貴金属など、50万円を超える大きな買い物をカードですれば、通常の6倍のポイントをもらうことも可能だろう。マイルに交換して特典航空券と引き換えれば、近場の海外旅行を楽しむぐらいなら十分に行けるだろう。

ANAゴールドカードにも魅力的な入会特典

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は同様に70万円の支払いで4万8,000ポイントに5万マイルと7倍近くにもなる。例えば、2人で1週間程度の海外パックツアーに参加すれば、カード利用は70万円を超えるだろう。十分に獲得が可能な特典だ。コロナ禍が落ち着いて海外に行き来できるようになれば検討したい。

デルタスカイマイルはデルタ航空ユーザー必見の入会ボーナス

「デルタスカイマイル」は入会ボーナスが8,000マイル。利用額ではなく、デルタ航空の航空券を購入すればマイルをもらえる仕組みで、エコノミーだと1万8,000マイル、ビジネスだと2万5,000マイルのボーナスだ。デルタのヘビー・ユーザーにとっては大きなメリットになるだろう。

セゾンゴールドはポイント運用に使える

「セゾンゴールド」の入会特典は、獲得最大ポイント数やポイント相当額。アメックスのポイントとは異なり、セゾンによる「永久不滅ポイント」が付与される。他のカードと比較すると、目を引くほどではないのだが、セゾンにしかないものがある。それは「ポイント運用サービス」というもので、100ポイントから投資信託やつみたてNISAで運用ができるのだ。手数料も無料だ。ポイントは獲得するだけでなく、自ら運用で育てられるかもしれないというわけだ。

アメックス・ビジネス・ゴールドは通常カードより高ポイント

「アメックス・ビジネス・ゴールド」は入会後1年以内に200万円のカード利用で通常よりも1万ポイント(100万円分)が多くつく。仕事で必要な高額備品をカードで購入すれば、クリアできる金額だろう。

大きな支出がともなうタイミングで入会すれば、入会特典を最大化することは、それほど高いハードルでもなさそうだ。獲得最大ポイントのカード利用相当額で比較すると、ANAアメックス・ゴールドが一番お得ということになる。

トラベルで比較──似ているようで微妙な差

T&E(トラベル&エンターテイメント)カードの代表格であるアメックス・カード。ゴールドは海外旅行関連の特典・付帯サービスもワンランク上のサービスが提供されている。アメックス・ゴールドのトラベル関連のサービスを基準に他のカードと比較してみよう。

まず、複数のカードに付帯しているサービスを基本サービスとするならば、以下のようなものだ。

基本サービス
1)空港ラウンジ無料(同伴者1名まで)
2)手荷物無料宅配サービス
3)エアポート送迎サービス
4)空港クロークサービス
5)無料ポーターサービス
6)空港パーキング優待
7)旅行傷害保険
8)海外旅行先での日本語サポート
9)海外用レンタル携帯電話特別割引など

これらの基本的なサービスでも、提携先と発行元で内容に多少の違いがある。旅行障害保険の最高補償額に違いがあったり、ANAアメックスには無料ポーターサービスがなかったり、アメックス・ビジネス・ゴールドには空港パーキング優待がなかったり、セゾンゴールドは無料ラウンジが、国内空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のみだったりする。海外の空港ラウンジを利用したい場合は、エコノミー利用でも世界の空港のVIPラウンジが有料で使える権利「プライオリティ・パス」の会員資格に別途入る必要がある。

 種類基本サービス独自サービス
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード○(航空便遅延費用補償は海外のみ)プライオリティ・パスは年2回まで無料。ゴルフコースの予約、専用の旅行予約サイト、一休.comのような外部の予約サイトの利用が可能。
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード○(航空便遅延補償は国内のみ。海外は2021年春より)規定の金額以上の支払いで航空券に換えられるANA SKYコインをプレゼント。空港内とANAショッピングサイトの買い物を優待。加盟店ではポイントとマイルがダブルで貯まる、グループ便利用でボーナスマイル。
デルタスカイマイル・アメックス・ゴールド○(ただしプライオリティ・パスはなし。航空便遅延補償はなし)デルタ航空の上級会員資格を初年度は無条件で利用可能。優先手続き、優先搭乗、空席があれば無料アップグレード。デルタ航空利用で3倍のマイル付与。入会時・初フライト・継続時にマイルボーナス、スカイチームラウンジを無料利用可。
セゾンゴールド・アメックス△(航空便遅延費用補償は海外のみ)海外空港ラウンジの利用のために、プライオリティ・パスに登録するには優遇年会費(1万1000円)が必要。傷害保険は国内外ともに5000万円まで。海外キャッシングが可能。
アメックス・ビジネス・ゴールド○(空港パーキング優待はない。航空便遅延補償は国内のみ)JALオンラインなら、国内線を搭乗の直前まで予約、変更、キャンセルできる法人専用運賃「eビジネス6」を利用できる。

アメックス・ゴールドは旅行中の手厚い補償が魅力

アメックス・ゴールドは、本人はもちろん家族カードを持つ配偶者や子どもも国内外29の空港ラウンジを利用できる。さらに、通常99米ドルで空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」も年会費無料、1回32米ドルかかる利用料も年間2回まで無料になる。

旅行に伴う補償が大きいのも魅力のひとつだ。アメックス・ゴールドは海外旅行の際、航空便の遅延で宿泊費や食事代などの臨時出費があった場合に補償してくれる。荷物の到着が遅れた際に衣類などを購入した場合にも補償があり、万が一の事態に備えた手厚い補償が受けられる。

ANAアメックス は旅行中の買い物で割引特典あり

ANAアメックスは、空港内や機内、ANAオンラインショップでの買い物にカードを利用・提示すると割引価格で商品購入可能だ。全国の各空港にあるANA FESTA(全日空商事空港ショップ)でカードを提示し、1,000円(税込)以上の買い物で5%オフに、機内での販売品購入にカードを利用すると10%オフになる。

デルタスカイマイルは航空関連サービスが充実

デルタ航空の一部国際線で、出発の72時間前に空席があれば無料でアップグレードできる「デルタ・コンフォートプラス」特典が受けられる。エコノミークラスに比べて足元が広くなるほか、ゆとりある座席で旅行を楽しめるのが特徴だ。さらに、専用の荷物棚スペースの利用や、機内エンターテインメント「デルタスタジオ」も楽しめる。

また、手荷物の優先受け取りや搭乗口への優先案内、満席時のキャンセル待ちの優先空席案内など、デルタ航空のヘビーユーザーにとって使い勝手の良いサービスが充実している。チケット窓口で航空券発券の際、通常は発行手数料が必要になるがデルタスカイマイルユーザーは無料で発券可能だ。

セゾンゴールド・アメックスはラグジュアリーな宿泊優待が魅力

セゾンカード会員専用の旅行予約・問い合わせデスク「tabiデスク」が利用できる。大手旅行会社のパッケージツアーが最大8%オフで利用でき、WEBからは24時間いつでも申し込み可能だ。

また、セゾンゴールド・アメックスユーザー限定の宿泊優待プランも用意されている。休暇村の宿泊料金が10%オフになるほか、京都にオープンしたラグジュアリーホテル、HOTEL THE MITSUI KYOTOのカード会員特別優待も必見だ。2名分の朝食が無料になるほか、レストランやスパで利用できる1万円分のホテルクレジット付与、ウェルカムドリンクサービス、部屋のアップグレードなど複数の特典を受けられるという。HOTEL THE MITSUI KYOTOの宿泊優待は2021年3月31日チェックアウト分まで利用可能だ。

アメックス・ビジネス・ゴールドはシェアオフィスがお得

出張先で仕事場所を確保したいとき、全国200か所以上のシェアオフィスやコワーキングスペースを事前予約なしで利用できる「OFFICE PASS(登録制)」が最大10%オフになる。

純粋に付帯サービスの項目数だけで言えば、プロパーのアメックス・ゴールドが充実していると言える。しかし旅行の移動手段として、航空機の利用頻度を考えると、ポイントとマイルがダブルで貯まり、なおかつ航空機利用でマイルが増えるANAアメックス・ゴールドは、ANAを使うことを前提にすれば、海外旅行好きや出張の多いビジネスパーソンには、メリットが大きいと言えそうだ。デルタスカイマイルは、デルタのファンには検討の価値があるだろう。

エンターテイメントで比較──ゴールド・ダイニングはアメックス・ゴールドのみ

アメックス・カードのもうひとつの特徴がエンターテイメントに強いことだが、エンタメ関連のサービスで比較してみる。アメックス・ゴールドの目玉サービスの一つに数えられるのが、全国約200店の高級レストランを2人以上で予約すると、所定のディナーコース料理の1人分が無料になる「ゴールド・ダイニング by 招待日和」だ。

コース料理は1人分3万円程度のものがあり、誕生日や結婚記念日など特別な日に使うだけで、年会費を払うだけの価値がある。同じレストランは半年に1度しか利用できないが、レストランを変え続ければ毎日でも利用できるし、2人で行けば半額になるというものだ。これはアメックス・ゴールドにしかついていない。

このほか、入手困難な希少価値の高いワインをはじめ、季節のおすすめワインを購入できる「ゴールド・ワインデスク」、チケットショップのeプラスでチケットの先行販売や特別プランを申し込める「チケット・アクセス」、JAZZやR&Bなどのステージを楽しめるライブ・レストラン「コットンクラブ」(東京・丸の内)の利用、新国立劇場での観劇特典、ユニバーサルスタジオのVIPツアーなどエンタメの特典も多い。

 種類 ゴールド・ダイニングby 招待日和 ワインデスク・コットンクラブ・新国立劇場 独自サービス・特記事項
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード USJのVIPツアー。京都観光ラウンジ。
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ×  
デルタスカイマイル・アメックス・ゴールド ×  
セゾンゴールド × × セゾン独自サービス多数
アメックス・ビジネス・ゴールド × ゴルフ・デスク。京都観光ラウンジ。ビジネス・カード会員限定イベント

なお、セゾンゴールドはロフトやパルコ、西友といった小売店のショッピングなどで優遇される独自のサービスが付帯しているほか、アメックス・ビジネス・ゴールドはクラウドソーシングの仕事依頼サイトや名刺管理サービス、シェアオフィスの優待利用などビジネスサポートが受けられる点が他のカードにはないサービスだろう。

補償で比較–––アメックス・ゴールドには新プロテクションが登場

ステータスの高いアメックス・カードは、補償サービスも充実しており、安心して利用できるのが特徴だ。万一のトラブルに備えた補償についても比較してみよう。

まず、アメックス・カードには、インターネットで不正利用された場合に補償される「オンライン・プロテクション」をはじめ、カードで購入した商品の返品を受け付ける「リターン・プロテクション」、購入品の破損や盗難の損害を補償する「ショッピング・プロテクション」、病気や怪我による入院などで、予定していた出張やコンサートに行けなくなった場合のキャンセル費用を補償する「キャンセル・プロテクション」などのプロモーション・サービスが備わっている。

さらに、アメックス・ゴールドは2021年1月から保有しているスマートフォンが破損した場合、修理代金を最大5万円まで補償する「スマートフォン・プロテクション」もスタートした。ANAアメックスは2020年9月からこの補償が始まっているが、補償額は最大3万円だ。その他の補償内容はどのゴールドカードも差はない。

ポイントで比較–––ポイントかマイルか、ANAアメックスならダブル取りも可能

アメックス・カードは利用額100円につき1ポイントが付与される。獲得したポイントには3年間の有効期限が設けられているが、別途「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると有効期限が無期限になり、さらにポイントを他社マイルや商品に移行する際にレートが上がる仕組みだ。メンバーシップ・リワード・プラスは別途年会費が3,300円必要だが、アメックス会員のみが参加できるイベントや体験の交換にも利用できるため、ぜひ登録しておきたい。

アメックス・ビジネス・ゴールドはアメックス・ゴールドと同じポイント付与条件だ。アメックス・ゴールドと違うのは、貯まったポイントを一度でもアイテムと交換すれば、ポイントの有効期限が3年から無期限になることだ。ポイントの交換先は提携航空各社のマイル、500以上の厳選されたアイテムのほか、他社ポイントプログラムなどがある。

ANAアメックスはポイント・マイル・コインが貯まる

ANAアメックスは、アメックスの通常ポイントに加えANAカードマイルプラス加盟店でカードを利用すると、100円につき1マイルが自動加算されるためダブルで獲得可能だ。

さらに、カードを継続するたびに2,000ボーナスマイルが付与されるほか、毎年12月31日までに規定額以上利用すると翌年3月末ごろに「ANA SKYコイン」が1万コイン(1万円相当分)付与される。例年は1月1日から12月31日まで300万円以上のカード利用が必要だが、2020年はコロナ禍の影響により9月から12月末まで60万円以上の利用という条件だった。

デルタスカイマイルはボーナスマイルが貯まりやすい

デルタスカイマイルは他のアメックス・ゴールドと異なり、ポイントではなくデルタ航空のマイルが貯まる。日常のショッピング利用額100円につき1マイルが貯まり、航空券の購入などデルタ航空関連の支払いには100円につきさらに2マイルのボーナスマイルが付与される仕組みだ。

上述の通り、入会後6か月以内にデルタ航空の航空券を利用するとボーナスマイルが付与されたり、海外での利用でボーナスマイルが1.5倍貯まったりと、デルタユーザーは保有しておくべき1枚だと言えるだろう。

セゾンゴールドは永久不滅ポイントを付与

セゾンゴールドは国内でのカード利用額1,000円につき永久不滅ポイントが1.5ポイント、海外での利用で1,000円につき2ポイントが付与される。また、別途年会費4,400円を支払うと「SAISON MILE CLUB」に登録でき、ショッピング利用額1,000円につきJALマイルが10マイル自動的に貯まるという。永久不滅ポイントとマイルを同時に貯めることはできないため、ポイントよりマイルを優先して貯めたい場合は申し込むと良いだろう。

自分のライフスタイルにあった「ゴールド」を選ぼう

アメックスのゴールドに位置付けられる5種のカードには、それぞれ特性があり、それに連動したサービスで強みを発揮する。

自分の日々の生活やライフスタイルには、どのゴールド・カードがマッチしているのか。入会前によく検討してから決めよう。きっと年会費以上のリターンを感じられるはずだ。


※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各クレジットカード会社の説明に基づき、各クレジットカード会社の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各クレジットカード会社の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各クレジットカード会社のサイトでお申し込みを行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。