アービトラージのメリット・デメリットや取引方法を分かりやすく解説!

(公開日:

暗号資産(仮想通貨)取引の一つにアービトラージ取引がある。日本語では「裁定取引」と表し、同じ仮想通貨の異なる市場間で生じた価格差をもとにした取引方法を指す。この記事ではアービトラージとは何かをご紹介する。

仮想通貨のアービトラージとは?

価格差を利用して利益を得る売買手法

アービトラージ取引(裁定取引)はアビトラの通称で呼ばれることもあり、同じ価値を持つ仮想通貨の、異なる市場での価格差をもとにした取引方法です。ビットコインやイーサリアムを始めとするアルトコインでアービトラージが行うことができる。

例を挙げると、A取引所でアルトコインに100万円の値がついていたのと同じとき、B取引所では101万円の値が付いていたとする。このようなケースでは、A取引所でアルトコインを購入しB取引所で売却すると、1万円の価格差が利益になる。このような取引をアービトラージという。

なぜ価格差が生まれるのか

アービトラージは、金利差や価格差によって利益を得る取引方法である。仮想通貨の場合は、取引所ごとの手数料の違いも価格差に影響する。その価格差はパーセント表示で表すとわずか1%程度だが、取引額が大きいと決して少なくない。

このような価格差のことを「利ざや」と呼び、裁定取引は「さや取り」とも呼ばれ、金融商品の取引では古くから行われている。アービトラージは市場経済の盲点を突いた巧みな取引方法と言える。

アービトラージの3つのメリット

1:知識をそこまで必要としない

アービトラージのメリットの1つは、取引の知識が少なくてもできることだ。単純に言ってしまえば、同単位の仮想通貨の価格を比較し、安い取引所で購入して高い取引所で売却するだけだからだ。通常の仮想通貨取引で利益を得るには、価格変動についての深い知識が必要となるが、アービトラージならば各取引所での価格を把握していれば良い。

2:価格変動が大きくなくても利益を出せる

仮想通貨の通常取引で利益を出すためには、実質手数料となるスプレッドを考慮する必要があり、スプレッドの分を超える値上がりがなければ、取引をしても利益を得ることができない。それなりの大きな価格変動が必要になるので、取引の機会を待つ必要がある。

しかし、アービトラージは各取引所での価格差により利益を得る方法であるため、必ずしも仮想通貨の価格変動を必要としない。価格変動を待たなくても取引できるので、当然売買のチャンスも多くなる。

3:通常の取引よりはリスクを抑えられる

前述のように、アービトラージは仮想通貨の大きな価格変動を待つ必要がないため、通常の取引よりもリスクが抑えられる。別々の取引所で現在表示されている価格をチェックし、その取引所間で送金と売買をするだけです。仮想通貨を購入してすぐに売却するので、所有している間に大きく値下がりするというリスクも避けられる。

アービトラージの3つのデメリット

1:ローリスクローリターンのため稼げる金額は小さい

アービトラージは取引所間のわずかな価格差を利用した取引なので、一度に大きな利益を得ることはできない。得られる利益は利ざやの分だけだ。

2:価格差が出ないと稼げないため時間がかかる

アービトラージは、各取引所ごとに仮想通貨の価格差が出なければ利益を得ることができない。価格差が出ていなければ、当然差が出るまで待つ必要がある。価格差が出る要因は金利などの外的要因のため、いつ価格差が出るかは分からない。

3:利益を出すためには大きな元金が必要となる

アービトラージはわずかな価格差を利用した取引のため、まとまった利益を出すためには大きな元手が必要となる。価格差のパーセンテージはわずか1%程度で、手数料を考慮した上で100万円単位の元手を用意すべきだろう。

アービトラージの注意点

送金までの時間がかかる可能性がある

アービトラージで利益を得るためには、価格差を確認してから即座に取引を行う必要がある。取引に時間がかかってしまうと、その間に仮想通貨が値下がりして利益を得られなくなることもある。

しかし、取引所によっては送金に時間がかかることがあり、せっかくの取引のチャンスを逃してしまうこともある。送金にかかる時間は決して一定ではなく、各システムのさまざまな要因が絡んでくるため、普段は即座に入金されていても、場合によっては時間がかかることもあることを想定しておくべきだ。

取引所によっては手数料がかかる

アービトラージで得られる利益は少ないため、事前に手数料をよく比較検討して取引所を利用しなければならない。特に売買手数料と送金手数料には注意が必要で、売買手数料は無料の取引所を選ぶべきだろう。

「販売所」での取引は、売買手数料が無料でもスプレッドによる実質手数料がかかる。コインチェックでは、他のユーザーと直接取引する「取引所」での売買手数料は完全無料となっている。以下で、おもな国内の取引所の手数料を比較する。

取引所売買手数料(取引所)売買手数料(販売所)送金手数料(BTC)
コインチェック無料無料(スプレッド負担)0.001BTC(変動制)
bitFlyer約定数量×0.01~0.05%無料(スプレッド負担)0.0004BTC
DMM Bitcoin無料(スプレッド負担)無料
GMOコインMaker:-0.01%Taker:0.05%無料(スプレッド負担)無料

アービトラージの始め方

1: 2つの取引所を用意する

アービトラージは取引所ごとの価格差を利用して利益を得る方法なので、事前に複数の取引所に口座を開設しておく必要がある。まずは各公式サイトにアクセスして口座を開設しよう。

口座を開設したら、取引するための日本円をあらかじめ入金しておく。アービトラージで利益を得るにはタイミングが重要なので、後から入金しても間に合わないこともある。多くの国内取引所では少額から仮想通貨を取引できるが、アービトラージで利益を得るためには通常より多めの資金が必要となる。

日本円の入金方法は、銀行振込・コンビニ入金・クイック入金の3種類があるが、初めて仮想通貨を購入するときは手数料がかからない銀行振込をおすすめする。ただし振込手数料はユーザーの負担となる。アービトラージに慣れてきたら、入金が即座に反映されるクイック入金などを利用しても良いだろう。

2: それぞれの仮想通貨の金額を確認する

複数の取引所に口座を開設したら、販売されている仮想通貨の価格を確認する。同じ単位で価格差が出ていることを確認できれば、アービトラージのチャンスだ。初心者の場合、どの取引所でも取り扱っており送金も比較的スムーズに行えるビットコインがおすすめだ。

3: 仮想通貨を購入する

価格を確認したら、実際に購入する。取引所の公式サイトにログインして購入したい銘柄を指定するところでビットコインを選択し、資金に合った数量を指定して購入の手続きをする。

アービトラージで利益を得るには、前述したように安い価格で購入して高い価格で売却しなければならない。安い方の取引所を選択しているか、間違いのないように確認しながら購入の手続きをすべきだ。CoinChoiceなどの情報サイトを利用して、価格差をリアルタイムで確認しながら取引を行うと良いだろう。

4: 仮想通貨を送金する

購入した仮想通貨を、売却したい取引所の口座へ送金する手続きを行う。送金するときには送金先の口座のアドレスが必要となるので、あらかじめ控えておこう。初めて送金するときは、そのアドレスを使用して送金先を編集してから送金の手続きを行う。次回からは送金先を指定するだけで簡単に送金できるようになる。

送金する取引所によっては送金時に手数料がかかることがあるため、前述の一覧表を参考にすると良いだろう。また、普段はすんなり送金できていたとしても、システムの状況などにより送金に時間がかかってしまうこともある。送金の手続きを終えたら、送金先の口座に入金されたことを必ず確認しよう。

5: 仮想通貨を売却する

別の取引所に仮想通貨を送金できたら、さっそく売却しよう。事前におよその手数料を計算しておけば、利益が少ない場合に手数料負けすることを防げる。すぐに大きく値下がりすることは少ないが、売却前に念のため再度価格を確認しておこう。万が一仮想通貨が大きく値下がりしていた場合には、売却を中止することもできる。

おすすめの仮想通貨取引所

Coincheck

Coincheckは初めて仮想通貨の取引をする方にも分かりやすいシンプルなUIと、厚いサポート体制が好評の取引所だ。ビットコインを500円という少額から購入できることもメリット。また専用のアプリもシンプルな操作性で非常に使いやすく、業界最大のダウンロード数を記録しているほど多くのユーザーに支持されている。

Coincheckは取引手数料が無料なので、アービトラージをするために口座を開設する人にもおすすめ。国内の仮想通貨取引所としては最大の17種類の銘柄を取引できることもメリット。他の取引所への送金も簡単に行えるので、取引を始めたばかりの方でも安心して利用できるはずだ。

bitFlyer

bitFlyerは仮想通貨取引量が国内トップクラスの取引所で、特にビットコインの取引量日本一の実績がある。高度なセキュリティ対策が行われていて国内はもちろん海外からも定評があり、大切な資産を安心して運用することができる。仮想通貨の最低購入価格が非常に安いことも特徴で、資金の少ない初心者でも参入しやすくなっている。

bitFlyerは初めてビットコインの取引をしたい方にもおすすめできる取引所だ。取引量が国内最大なので、売買が成立しやすく初心者にも取引しやすいマーケットとなっているからだ。手数料も安いため、新たにアービトラージをしてみたい方はbitFlyerで口座を開設してみると良いだろう。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinはセキュリティ対策に自信を持つDMMグループが運営する仮想通貨取引所。15種類の仮想通貨を取り扱っており、少ない元手で大きな利益が期待できるレバレッジ取引が全ての銘柄で可能なこともメリット。

DMM Bitcoinは取引手数料と送金手数料がともに無料なので、アービトラージを行いたい方におすすめの取引所である。専用のアプリではチャートを4分割で閲覧できるなど、見やすさと使いやすさは抜群。

GMOコイン

GMOコインは。数々の金融商品を展開するGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所。金融商品提供の実績が豊富なため多くのノウハウを持っており、高い信頼性がある。取り扱っている仮想通貨は8種類で、4倍という高い倍率のレバレッジ取引ができることもメリット。

GMOコインは販売所での取引手数料と送金手数料が無料で、アービトラージを行いたい方におすすめの取引所。手数料が安いだけでなくマイナスの手数料という独特のシステムがあり、逆に手数料が返ってくることもある。それゆえ、アービトラージのように一回の取引の利益が少なくても安心。

最後に

アービトラージは、仮想通貨の取引を始めたばかりの方でも低いリスクで利益を得やすい取引方法だ。それなりの利益を得るにはかなりの元手が必要ですが、資産を運用する方法としては魅力的な取引である。

仮想通貨のマーケットはまだ歴史が浅く、制度が未成熟な点があり、それが各取引所での仮想通貨の価格差に表れています。それゆえ、アービトラージで利益を得られるのは今のうちだという意見もある。

国内の仮想通貨取引所は新規ユーザーを取り込もうとさまざまな工夫をしており、初心者でも参入しやすくなっている。アービトラージを行いたい方は、ぜひこの機会に複数の取引所で口座を開設してみよう。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする