仮想通貨・ビットコインのウォレットとは?おすすめの種類を徹底解説

(公開日:

ビットコイン(BTC)投資を始めると必ず目にするワードの1つが「ウォレット」(Wallet)だ。日本語で簡単に説明するなら「仮想通貨(暗号資産)の電子財布」といった意味を持ち、ビットコイン取引を行う上で重要な役割を担っている。

ただし、ウォレットには様々な種類があり、ビットコイン投資を始めたばかりの人の多くにとっては、それぞれどのような違いがあるのか理解に困るのではないだろうか。この記事ではウォレットの基礎知識やウォレットの種類について、分かりやすく解説していく。

【参考記事】仮想通貨/暗号資産とは何か?
【参考記事】仮想通貨/ビットコイン投資の始め方・購入方法

仮想通貨・ビットコインのウォレットとは?

仮想通貨のウォレットは日本のニュースでは「電子財布」などと訳されることもあるが、基本的にはカタカナのまま「ウォレット」という呼び名が一般的だ。そのウォレットは、「秘密鍵」「公開鍵」「ビットコインアドレス」の生成・管理を担っている。

秘密鍵・公開鍵・ビットコインアドレスの関係性

秘密鍵と公開鍵、ビットコインアドレスについて簡単に説明しておこう。現金に例えるなら、秘密鍵は「暗証番号」、ビットコインアドレスは「口座番号」に相当する。ビットコインを送付してもらう場合は、ビットコインアドレスを相手先に教える。

上記のような関係性から、秘密鍵はビットコインアドレスに送付されたビットコインの所有者が自分であることを証明するという役割を果たす。逆に言えば、秘密鍵を失うということはビットコインを失うということと等しい。

ちなみにビットコインアドレスは公開鍵から生成され、公開鍵は秘密鍵から生成されるが、その逆はできない。すなわち、ビットコインアドレスから公開鍵は作成できず、公開鍵から秘密鍵は作成できない。

仮想通貨・ビットコインのウォレットは2種類に大別

冒頭、ウォレットにはさまざまな種類があると説明したが、大きく分けると「ホットウォレット」と「コールドウォレット」に分類できる。前者はインターネットに接続して利用するウォレット、後者はインターネットに接続しないで利用するウォレットだ。

そしてさらに細かく分類すると、ホットウォレットには「ウェブウォレット」「ソフトウェアウォレット」「モバイルウォレット」などがあり、コールドウォレットには「ハードウェアウォレット」「ペーパーウォレット」などがある。

ホットウォレットウェブウォレット
ソフトウェアウォレット
モバイルウォレット
コールドウォレットハードウェアウォレット
ペーパーウォレット

ホットウォレットとは?

ホットウォレットは前述の通り、パソコンやスマートフォンでインターネットに接続して利用するウォレットだ。インターネットが接続可能な環境ではすぐ利用できるため、利便性は極めて高い一方で、ネットワーク上で利用する分、安全度は低くなる。

ホットウォレットには「ウェブウォレット」や「ソフトウェアウォレット」、「モバイルウォレット」に分類され、ウェブウォレットは「Google Chrome」や「FireFox」などのウェブブラウザを使って利用するホットウォレットのことだ。

一方で、ソフトウェアウォレットは、パソコンに専用のソフトウェアをインストールして利用するホットウォレットのことを指す。モバイルウォレットは、スマートフォンにアプリをインストールして利用するホットウォレットのことだ。

コールドウォレットとは?

コールドウォレットは、インターネットに接続せずに利用するウォレットのことを指す。ネットワークに接続していないハードウェアや紙を用いることから、利便性は低いがハッキングなどを心配する必要はなくなる。

ネットワークに接続していないハードウェアを使ったウォレットのことを、「ハードウェアウォレット」と呼ぶ。ここで言うハードウェアとは、USBメモリーのような形状の外部デバイスなどのことだ。

紙に印刷するタイプのコールドウォレットは「ペーパーウォレット」と呼び、紙に秘密鍵と公開鍵を印刷して保管する。ハッキングされる可能性はゼロだが、盗難や紛失によってビットコインを失うリスクがあるので、いずれにしても注意が必要だ。

またペーパーウォレットをネット上にアップするのも厳禁だ。印刷された内容を第三者が閲覧できる状態だと、自身のビットコインが奪われてしまうかもしれないからだ。

ウォレットはどのように選べばいい?

ウォレットを選ぶ際には利便性や安全性を天秤にかけ、自分に合ったウォレットで保管するようにしよう。

またホットウォレットの場合、ソフトウェアやアプリによって機能や使いやすさなどが異なり、比較ポイントとなる。ハードウェアウォレットとしては「Ledger Nano S」などが販売されているが、価格は多くの商品が1万円以上となっており、コスト面では不利だ。

取引所ウォレットとは?リスクは?

仮想通貨取引所でビットコインを購入する場合、「Coincheck」や「GMOコイン」、「bitFlyer」といった仮想通貨取引所でも自動的にウォレットを持つことになる。こうしたウォレットを「取引所ウォレット」などと呼ぶ。

【参考記事】仮想通貨/ビットコイン取引所比較
【参考記事】仮想通貨おすすめ銘柄・取引所ランキング!
【参考記事】Coincheck(コインチェック)の評判・口コミまとめ
【参考記事】GMOコインの評判・口コミまとめ
【参考記事】ビットフライヤー(bitFlyer)の評判・口コミ

取引所ウォレットはビットコインなどの仮想通貨を取引する上では非常に便利だが、一方で、仮想通貨取引所がハッキングの被害に遭い、自身の仮想通貨が失われてしまう可能性もゼロではない。

ただし、もちろん自身で利用しているウォレットであったとしても、ホットウォレットである以上は常にハッキングなどの被害に遭うリスクを抱えている。

そのためリスクを最小限に抑えるためには、取引する分のビットコインは取引所ウォレットで保管し、取引せずに資産として眠らせておくビットコインは自身のハードウェアウォレットに保管するなど、工夫することが肝心だ。

仮想通貨・ビットコインのウォレットに関する十分な理解を

この記事では仮想通貨のウォレットについて包括的に説明してきた。特にウォレットの種類については、仮想通貨の紛失リスクに関わることなので、十分な理解が求められる。知識が十分ではない場合、もう一度この記事をじっくりと読み直してほしい。

多くの仮想通貨の取り扱いがある取引所

初心者でも利用しやすい国内の取引所で多くの仮想通貨を取り扱っている取引所を3つ紹介する。3つの取引所の比較表を下記にまとめた。

取引所/販売所取扱銘柄数手数料
Coincheck17種類取引所:無料
販売所:0.1〜5.0%
GMOコイン14種類取引所:
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所:無料
bitFlyer13種類取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
※Makerは受取の手数料、Takerは支払の手数料

Coincheck(コインチェック)

取扱銘柄数17種類
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
アイオーエスティー(IOST)
エンジンコイン(ENJ)
オーエムジー(OMG)
パレットトークン(PLT)
取引所手数料無料
販売所手数料0.1〜5.0%

Coincheckは国内の取引所でも最も多い17種類の仮想通貨を取り扱っているのが特徴だ。マネックス証券で有名なマネックスグループの傘下でもある。一覧表で挙げた通貨に関してはほとんど取り扱っているが、ポルカドット(DOT)を含めた3つの通貨の取り扱いがないので、Coincheckの口座とCoincheckで取り扱っていない通貨の取り扱いがある取引所の口座を複数開設すると投資の選択肢を広げられる。

GMOコイン

取扱銘柄数14種類
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
取引所手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料無料

GMOコインは取扱通貨数ではCoincheckに劣る14種類であるが、取り扱いがないポルカドット(DOT)を含む3つの通貨を取り扱っていることが特徴だ。2つの口座を開設すれば、取引できる仮想通貨の種類は20種類となり、一覧表に掲載された通貨のすべてを取引できる。Coincheckと共に開設する口座の中で最も相性のいい組み合わせといえるだろう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

取扱銘柄数13種類
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
リスク(LSK)
リップル(XRP)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
ステラルーメン(XLM)
ネム(XEM)
テゾス(XTZ)
ポルカドット(DOT)
取引所手数料0.01~0.15%
販売所手数料無料

bitFlyerCoincheckが取り扱っていないポルカドット(DOT)、テゾス(XTZ)を取り扱っているため、Coincheckとの組み合わせならGMOコインの次に相性がいい。bitFlyerの強みは流動性であり、利用者が多く流動性が高いことから取引が成立しやすい。頻繁に仮想通貨を取引するならbitFlyerの口座も開設しよう。

参考文献

ビットコインウォレットの種類とは?取引所との違いや選ぶポイントを解説(Coincheck)
https://coincheck.com/ja/article/355

ビットコイン(BTC)のウォレットとは?種類と入手方法をご紹介 _ ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)なら(GMOコイン)
https://coin.z.com/jp/column/bitcoin-wallet/

ビットコインのウォレットとは?ビットコインの仕組みを通して理解する(DMM Bitcoin)
https://bitcoin.dmm.com/column/0116

仮想通貨の利用方法の多様化と金融規制の関係(金融庁)
https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20181003-4.pdf

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする