【新規登録】ビットフライヤー(bitFlyer)の
口座開設方法と手順を画像付きでわかりやすく解説

本記事では、ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法と手順を画像付きで解説する。

事前に準備すべきもの

まず、ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設を行うにあたって、事前に必要なものを整理する。具体的には、下記の通りである。

1. メールアドレス

一つ目はメールアドレス。無料で取得可能なフリーメールも使用可能である。

2. 本人確認書類

二つ目は本人確認書類。個人の場合は、運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)、パスポート、在留カード等が必要となる。法人の場合は、登記事項証明書が必要となる。

3. 銀行口座

三つ目は銀行口座。ビットフライヤー(bitFlyer)の場合、登録内容と実際の銀行口座情報に相違がない場合、最短で当日中に銀行口座情報確認が完了する。

ビットフライヤーの登録方法

STEP1:メールアドレスの登録

まずは公式サイトにアクセスし、メールアドレスを入力する。

すると、確認メールが送信される。

その後、メールボックスに下記のメールが届く。

リンクをクリックし、パスワードを入力する。その後、同意事項を確認の上、チェックボックスにチェックを入れる。

STEP2:二段階認証の登録

同意事項の確認を完了後、二段階認証の登録を実施する。

二段階認証は、セキュリティを強化するためにも必ず設定する必要がある。二段階認証に使用する確認コードを取得する場合、認証アプリで受け取る方法とスマホのSMS(ショートメッセージサービス)で受け取る方法がある。

携帯電話のSMSで受け取る場合、SMSが受信できる携帯電話番号を入力する。

その後、送信されてきた確認コードを入力し、認証を行う。

STEP3:本人情報の登録

二段階認証設定が完了したら、そのまま本人情報を登録する。本人情報の登録が完了次第、本人確認資料を提出する。

STEP4:本人確認書類の提出

ビットフライヤー(bitFlyer)では、「クイック本人確認」と「対面での本人確認」の2種類の方法で本人確認を行うことができる。

クイック本人確認

クイック本人確認は、スマートフォンで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影するだけで、オンライン上で本人確認が完了する本人確認方法のことである。登録された本人情報と本人確認書類の内容が一致していれば、最短で申し込み当日中に本人確認審査が完了し、仮想通貨(暗号資産)の取引が可能となる。

対面での本人確認

対面での本人確認は、ビットフライヤー(bitFlyer)から送られてきた本人確認に必要なレターを受け取り、本人確認を行う方法である。事前に指定しておいた本人確認書類を用いて、本人確認を行う。本人確認書類は、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードの3つから選択する。

STEP5:銀行口座の登録

入出金に使用する銀行口座を登録する。銀行口座を登録し、日本円を入金することで、仮想通貨(暗号資産)取引が可能になる。

STEP6:ハガキの郵送を待つ

住所確認のために、数日後、自宅にハガキが郵送されてくる。これで本人確認は完了となる。

最後に

今回の記事は以上となる。ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設は下記のリンクから行うことができる

bitFlyer(ビットフライヤー)- 仮想通貨の購入/販売所/取引所

本記事に加えて、必要に応じて、ビットフライヤー(bitFlyer)公式サイトの口座開設の手順についても参考にしつつ、登録すると良いだろう。