JAL CLUB-Aゴールドカードの魅力──旅行好き「JALファン」は携帯必須の一枚

JAL CLUB-Aゴールドカード

仕事で出張が多いビジネスパーソンや、旅行好きで「JAL(日本航空)のファン」という人なら、JAL CLUB-Aゴールドカードは、検討に値する一枚だろう。特典航空券や座席のアップグレード、ツアー商品の購入に使えるマイルが、JALを利用して出張したり、旅行したりするほど貯まるというものだからだ。

しかも、JALならではの特典のみならず、提携カード会社の「ゴールドカード」としてのサービスを兼ね備えている。さらに、提携会社の組み合わせが豊富で、自分のライフスタイルにあったブランドが選択できるのも魅力的だ。

JAL CLUB-Aゴールドカード の基本情報

まずはCLUB-Aゴールドカードの基本情報からみてみよう。

年会費1万7,600円(税込)Visa/Mastercard/JCB
2万900円(税込)AmericanExpress
3万800円(税込)DinersClub
ブランドVisa/Mastercard/JCB/ AmericanExpress/ DinersClub
ポイント・還元率JALマイル、1.0〜2.0%(100円で1マイル) ショッピングマイル・プレミアム自動入会(年会費無料)
保険 海外旅行障害保険:最大5,000万円〜1億円
国内旅行障害保険:最大5,000万円
ショッピング保険
:最大500万円(DinersClub/JCB/OPクレジット)
:最大300万円(AmericanExpress /Mastercrad/Visa/TOKYU POINT/Suica)※提携会社で免責金額に違いあり
ETCカード年会費:無料
家族カード 8,800円(AmericanExpress以外は初年度年会費無料)、9,900円(DinersClub)
申込み条件申し込み条件 20歳以上で継続的に安定した収入がある(DinersClub以外)、27歳以上で継続的に安定した収入がある(DinersClub)= いずれも学生除く

なお、CLUB-Aゴールドカードに入会後初めての登場時に5,000マイルがプレゼントされ、その後翌年以降、毎年最初の登場時に2,000マイルがプレゼントされる。なお、搭乗毎にフライトマイルの25%がプラスされるという特典がついている。

JAL CLUB-Aゴールドカードの5つの特徴

続いて、JAL CLUB-Aゴールドカードの特徴を説明しよう。

特徴1 JALカードショッピングマイル・プレミアムに自動入会

JAL CLUB-Aゴールドカードを取得すると、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に年会費無料(通常は税込3,300円)で自動入会することになる。そのため、本来は200円で1マイルなのだが、ショッピング利用で得られるマイルが通常の2倍(100円で1マイル)となる。

さらに大丸や松坂屋などの特約店でカードを利用すれば、さらに2倍(合計4倍)貯まるし、搭乗ボーナスもつく。貯まったマイルは他のポイントにも移行できるが、特典航空券や座席アップグレードなど使うほうがお得だ。なお、マイルはe JALポイントに交換すれば、JALパックツアー商品にも使える。

特徴2 提携ブランドが多種にわたる

国際ブランドは基本情報で提示したVisa/Mastercard/JCB/ AmericanExpress
/ DinersClubとなるが、Suica、TOKYU POINT BlubQ、OPクレジットなど提携ブランドが多く、それぞれの会社のゴールドサービスが受けられるので、自身のライフスタイルなども考慮しながら、提携ブランドの組み合わせを選択するとメリットはさらに大きくなる。

特徴3 空の旅でメリットが豊富

国内29主要空港とホノルルのダニエル・K・イノウエ空港が利用できる「空港ラウンジサービス」が無料(DinesrsClubの場合は「エアポートラウンジ」なので詳細は直接確認)で使える。また、帰国時に空港から手荷物宅配サービスがあって、提携会社によって、割引になったり、無料になったりする。JAL国際線に搭乗する際は、エコノミーや特典航空券でもビジネスクラスのチェックインカウンターを利用してスムーズに搭乗できる。航空機での移動が便利になるサービスがさまざま付帯している。

特徴4 JAL関連サービスが割引に

JALパックでのパッケージツアーの国内・海外の旅行代金が3~5%オフになり、ホテルニッコー・JALシティで割引や特典がある。また人気の「JALカレンダー」が毎年もらえるなど、いろいろな特典も楽しみだ。

特徴5 最高1億円の旅行傷害保険

海外旅行ではカード利用で最高1億円の傷害保険がつく。1旅行につき50万円、年間100万円を限度として携行品損害保険がつき、海外旅行中は日本語による24時間救急サービスがある。なお、提携ブランドで補償最高額は異なる。付帯サービスの詳細な内容は申し込み前に必ず確認をしておこう

JALCLUB-Aゴールドカードの注意点

特徴だけでなく注意点も見ておこう。

年会費が高め

年会費1万7,600円(税込)が高いと感じる人がいるかもしれない。提携ブランドによっては、さらに年会費が高くなるケースもある。また、ゴールドカードだと、家族カード無料というものもあるが、CLUB-Aゴールドカードは年会費8,800円(税込)、DinersClubは9,900円(税込)となっている。

なお、家族会員、カード利用で本会員と同様のフライトマイル、ショッピングマイルが獲得できるのだが、家族カードを作るのなら、家族全員が飛行機をたくさん利用する家庭でないと、CLUB-Aゴールドカードのメリットを十分に引き出せないかもしれない。

航空機に乗らないとボーナスがつかない

入会後の搭乗で5,000マイル、翌年からは最初の搭乗で2,000マイルのボーナスがつく。また、搭乗ごとにフライトマイルの25%が加算されるが、これらは航空機を利用しない限りもらえない。簡単に言うと、こうした特典を得るためには、JAL(グループ)を利用する必要があるということになる。

JAL CLUB-Aゴールドカードが使いやすい

JAL CLUB-Aゴールドカーはどんな人に適したカードなのだろうか。オススメとされることが多いタイプを挙げてみよう。

仕事で海外出張が多い人

何と言っても、JAL(およびグループ航空会社と提携する「ワンワールド」加盟航空会社)を使うたびに、フライトマイルが加算されるのは最大のメリットだ。出張で貯まったマイルを、特典航空券に交換したり、e JALに交換してJALパックのツアー商品を買ったりして、プライベートで利用すれば、まさに「役得」となるだろう。

空の旅が好きな人

「JALで“空の旅”を楽しみたい」という人には、うってつけだろう。公共料金や通信費、外食費などで同カードを利用し、毎月10万円程度を支払うと、年間1万2,000マイル程度が貯まるので、1年間で東京~大阪、2年間で東京~グアム間の特典航空券と交換できる。また、諸条件をクリアすれば、入会特典として最大8,100マイルがもらえるので、JAL「どこかにマイル」というサービス(6,000マイルで往復航空券と交換)を使うと、それだけで旅行に行くことが可能だ。

JAL CLUB-Aゴールドカードの評判・クチコミ

JAL CLUB-Aゴールドカードの利用者は、どんな感想を持っているのか、ネットで公開されているレビューや口コミを探してみた。

「JALのマイラーで、毎年の搭乗ボーナスがノーマルカードより多くもらえるので重宝する。サービス内容やゴールドカードの優越感を考えると、ノーマルより年会費が多いけど満足」

と評価する声があった。その一方で、航空関連の特典やサービスをさらに充実させてほしいというこんな意見もあった。

「航空便遅延お見舞金制度の対象が国際線のみで国内にはないのが残念。航空会社のカードなのに……」

提携会社の組み合わせ次第でマイル獲得スピードがアップ

「空の旅を楽しむことが一番の趣味」という人たち、中でも「JALが大好き」という人たちには、“陸上”でも“空の上”でも、フライトマイルが貯められるJALCLUB-Aゴールドカードは大きな魅力を持っているのではないだろうか。

しかも、提携会社が多いので、自分のライフスタイルに合わせてベストな組み合わせが選択できると、マイル獲得のスピードはアップする。どの組み合わせにするべきなのか、選択肢が多い分、申し込み前の下調べは大変になるが、上手に利用できると大きなメリットが得られるカードであることは間違いないだろう。