三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)の魅力──ビジネスをサポートするサービスや特典が豊富

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)は、三井住友カードが発行する法人代表者と個人事業主を対象とするビジネス用のカードだ。様々なビジネスシーンで、カードホルダーはサポートを受けることができる。

三井住友ビジネスカード for Ownersには、「クラシック」「ゴールド」「プラチナ」の3種類があり、ゴールドカードは中位にランクしている。

法人代表者、個人事業主を対象としているが、年齢は20歳以上でもあり、カードホルダーの声を見ても、法人設立から長い年月がたっていなくても作ることができるようもある。ビジネスを始めたばかりという人も一度特徴や評判について確認しておいて損はないだろう。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)の基本情報

年会費1万1,000円(税込)※インターネット申し込みで初年度無料
ブランドVISA/Mastercard
ポイントVポイント
ポイント還元率0.5%(200円につき1ポイント)
※対象店舗での利用で2.5%(200円につき5ポイント)
保険海外旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング補償:年間最高300万円
ETCカード発行無料、年会費550円(税込)
※初年度無料。前年度に利用があれば無料
申込み条件満20歳以上の法人代表者、個人事業主

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)の4つの特徴(人気の理由)

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)にはどのような特徴があるのだろうか。

特徴1 豊富なビジネスサポートサービス

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)を持つと、カード決済で経費管理がしやすくなるだけでなく、仕事で便利な付帯サービスが使える。
オフィス用品などをスピーディに手配できる「アスクルサービス」。日本全国に店舗を持つ日産レンタカー、転勤する社員の引っ越し、オフィスの移転は、基本料金から30%割引という優待価格でアート引越センターが利用できる。

特徴2 カード発行のスピードが速い

金融機関などの条件があるものの、インターネットでの申し込みから最短3営業日で審査・カード発行まで行われる。このスピードは魅力的だろう。カード郵送の期間を含めても約1週間で手元に届く。会社設立直後で、できるだけ速く法人カードが欲しい経営者には、ありがたいはずだ。

特徴3 トラベル関連の特典が充実

国内の主要空港やハワイ・ホノルルの空港内にあるラウンジが無料で利用できる。また、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険、主要タクシーがサインだけで24時間利用できて、乗車料金が自動引き落としになる「VJタクシーチケット」、東海道新幹線のネット予約&チケットレスサービス、ANAやJALの国内航空券がチケットレスで予約・発券できるサービスなど、急な出張のときに便利な特典が備わっている。

特徴4 福利厚生サービスの年会費が無料

三井住友ビジネスカードの会員は、福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」の入会金が無料になる。ベネフィット・ステーションは、各種施設の優待サービスや健康支援、教育・研修支援などが受けられるサービス。通常は従業員数に応じて年会費は20,000~1,000,000円かかるのだが、これが無料になるというもの。従業員のために福利厚生は必要不可欠だが、そこまでなかなかお金がかけられないという中小企業の経営者には、かなりうれしいサービスだろう。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)の注意点

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)を利用する際、何か注意することはないのだろうか。

注意点1 カード利用限度額が設定されている

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)ではカード利用の限度額が300万円に設定されている。一律の限度額を持たないアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードなどと比べると、カード利用が多い経営者とってはデメリットになるだろう。

注意点2 ポイント付与率がそれほど高くない

ポイントの基本付与率0.5%と、は200円の買い物で1ポイントなのであまり高くない。マクドナルドや大手コンビニなどで利用すると2%プラスされて2.5%になるのだが、こうしたお店では高額商品を購入することにはならないから、カード利用で付与されるポイントを重視している人にとっては、あまり魅力が感じられないかもしれない。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)はこんな人に向いている

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)はどんな人に向いているだろうか。カードの特色から考えてみた。

法人の代表者・個人事業主

様々なビジネスシーンに対応した優待サービスが付帯されているほか、カード利用の明細書が、会社経費の「見える化」につながり、事務処理の効率化が図られるだろう。法人代表者や個人事業主にはメリットになるはずだ。

出張の多い人

出張や旅行が多い人は、東海道新幹線やANA・JAL国内線のチケットレス利用、旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなどの充実した特典を存分に活用できるだろう。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)の評判・口コミは?

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)の利用者はどんな感想を持っているのだろうか。インターネット上のレビューサイトや口コミサイトに書き込まれていた代表的な声を取り上げてみた。

「設立間もなくてもカードを作ることができたので助かりました」

「経費の支払いをカード払いに変えたことで、領収書精算や会計処理が楽になりました」

「アメックスと同様、会社設立からあまり年数が経過していない個人事業主にも発行されるのがありがたい。高額決済がなければこのカードで十分だと思われます。カードに屋号を刻印してもらえるのもうれしいサービス」

このように発行スピードの速さや業務の効率化を評価する声が多い一方で、

「ポイント還元率は決して高くないが、送られてくる特集冊子やポイントを使う時にもらえる商品のクオリティはどれも高く安心できる」

ポイントの還元率の低さを気にする声もみられた。ただポイントで得られる特典のクオリティについては評価しているので、利用者次第でポイントに対する評価は分かれそうだ。

バランスの取れた使いやすい法人カード

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)は、数ある法人カードの中でも、様々なメリットがほどよく備わったバランスの取れたカードではないだろうか。

年会費は高すぎず、安すぎず、ビジネス向けサービスやゴールドとしての特典や優待もそれなりの内容で備わっている。また、「三井住友」という名前も利用者には安心できる要素のひとつだろう。ポイント還元率に物足りなさを感じる人がいるかもしれないが、それでも法人向けゴールドカードを検討する際には、必ず選択肢のひとつに入ってくる一枚と言えそうだ。


※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各クレジットカード会社の説明に基づき、各クレジットカード会社の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各クレジットカード会社の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各クレジットカード会社のサイトでお申し込みを行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。