おすすめの暗号資産(仮想通貨)アプリを
ランキング形式で紹介

(公開日:

暗号資産(仮想通貨)投資を行う際は、スマホアプリを使うことで、より利便性の高い取引を行うことができる場合がある。今回は、暗号資産(仮想通貨)投資を行う上で、ダウンロードしておくべきおすすめのアプリをいくつかご紹介する。

暗号資産(仮想通貨)アプリのメリット

アプリを利用することで得られるメリットはいくつかあるが、ここでは以下の2つをご紹介する。

PCがなくても取引が可能

スマホ向けのアプリであれば、PCを持っていない場合でも、手軽に暗号資産(仮想通貨)取引を行うことができる。また、PCと異なり、スマホの場合は電車の中でも取引を行うことができる。実際、暗号資産(仮想通貨)は、急激な価格変動が生じることが多く、外出中でも場所を選ばずに取引ができるということは大きなメリットの一つと言える。

プッシュ通知で価格変動を通知してくれる

また、アプリによっては、プッシュ通知機能が備わっている場合もある。プッシュ通知機能をONにしておけば、急激な相場変動が発生した場合でも、ほぼリアルタイムでアナウンスしてくれるので便利である。

暗号資産(仮想通貨)アプリのデメリット

一方で、暗号資産(仮想通貨)を取引する際にアプリを利用することのデメリットとしては以下の2つが挙げられる。

スマホの紛失リスクがある

PCと比べると、スマホは普段から携帯していることが多いため、その分、紛失リスクも高くなる。仮に、暗号資産(仮想通貨)を保有したまま自身のスマホを紛失した場合、暗号資産(仮想通貨)が盗難されてしまう可能性がある。上記を踏まえ、紛失リスクがあることを考慮した上で、セキュリティ対策を講じる必要がある。

アプリを提供していない場合がある

2020年7月9日現在、数多くの暗号資産(仮想通貨)取引所でスマホ向けアプリが提供されているが、すべての取引所でアプリが展開されている訳ではない。そのため、アプリを通じて暗号資産(仮想通貨)取引を行う場合、口座開設を行う前に、その取引所がアプリを提供しているか否かを確認しておく必要がある。また、アプリを提供している場合でも、求めている機能が実装されていない場合もあるため、利用したい機能がアプリに実装されているか否かを事前に確認すべきである。

暗号資産(仮想通貨)アプリの種類

暗号資産(仮想通貨)アプリの種類としては、取引所アプリ、資産管理アプリ、情報収集アプリ、ウォレットアプリなどの種類がある。以下におすすめのアプリを紹介する。

取引所アプリ

暗号資産(仮想通貨)取引所が提供しているアプリでは、暗号資産(仮想通貨)の取引や日本円の入出金などのサービスを利用することができる。おすすめの取引所アプリは下記の通りである。

コインチェック

コインチェックのアプリは、UI/UXが優れており、初心者でも簡単に暗号資産(仮想通貨)の売買ができることで高い評価を得ている。相場の急激な変動があった際には、プッシュ通知で相場の変動をアナウンスしてくれる機能が備わっている。また、ウィジェット機能を利用すれば、暗号資産(仮想通貨)のリアルタイムの価格をスマホで即座に確認することができる。

GMOコイン

GMOコインには、「GMOコイン 暗号資産ウォレット」が用意されている。「GMOコイン 暗号資産ウォレット」は、一般的な暗号資産(仮想通貨)の売買や日本円の入出金を行うことができるアプリである。

ビットフライヤー

ビットフライヤーは、国内最大級の取引量を誇る暗号資産(仮想通貨)取引所。アプリを通じて、ビットコインやアルトコインの取引に加え、チャートの確認を行うことができる。また、ビットコインのレバレッジ取引についても、アプリを通じて行うことができる点に特徴がある。

DMM Bitcoin

DMMビットコインは、DMMグループが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所。一番の特徴は、アルトコインのレバレッジ取引がアプリ経由で出来ることであり、投資上級者に人気がある。また、使いやすさも抜群であるため、初心者の方でも簡単に利用することができる。

ビットバンク

ビットバンクは、手数料の低さに定評のある暗号資産(仮想通貨)取引所。チャートの見やすさに加え、操作性の高さも魅力。アプリを使えば、高度なテクニカル分析も可能。初心者のみならず、上級者から人気があることも特徴の一つである。


資産管理アプリ

資産管理を行うための暗号資産(仮想通貨)アプリの中で、代表的なものは以下の通り。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)

Crptofolio(クリプトフォリオ)は、暗号資産(仮想通貨)のポートフォリオを管理するためのアプリ。保有する暗号資産(仮想通貨)を一括管理することができ、リアルタイムの総資産額を確認することができる。シンプルなデザインが魅力で、多くの暗号資産(仮想通貨)投資家から人気を得ていることで知られている。

【参考】iOSAndroid

Blockfolio(ブロックフォリオ)

Blockfolio(ブロックフォリオ)は、上記のCrptofolio(クリプトフォリオ)と同様、暗号資産(仮想通貨)のポートフォリオを管理するためのアプリである。海外発のアプリだが、日本語表記に対応しているため、ストレスなく利用することができる。指定した価格に到達すると通知が送られてくるアラート機能も便利である。

【参考】iOSAndroid

情報収集アプリ

情報収集を行うための暗号資産(仮想通貨)アプリの中で、代表的なものは以下の通り。

暗号資産(仮想通貨)ニュース ビットコインの情報まとめ

「暗号資産(仮想通貨)ニュース ビットコインの情報まとめ」は、初心者向けのコンテンツが充実した暗号資産(仮想通貨)情報アプリ。ビットコインの仕組みなどのコンテンツに加え、カンファレンスでの発表内容など界隈のニュースをいち早く届けてくれる。

【参考】iOS

コイン相場

「コイン相場」のアプリを使えば、マーケット情報を確認したり、自身のポートフォリオを管理したりすることができる。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(NEM)、モナコイン(MONA)などを始めとして、1,400銘柄以上の暗号資産(仮想通貨)に対応している。

【参考】iOSAndroid

暗号資産(仮想通貨)アプリ(ウォレット)

ウォレット機能が搭載された暗号資産(仮想通貨)アプリの中で、代表的なものは以下の通り。

Bread

Breadは、スマホで暗号資産(仮想通貨)を保管することができるモバイルウォレット。海外発のサービスだが、日本語表記に対応しており、気軽に利用することができる。

【参考】iOSAndroid

Ginco

Gincoは、国内発のモバイルウォレット。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)を始めとした1,000種以上の暗号資産(仮想通貨)に対応。シンプルで簡単なUI(ユーザーインターフェース)で保有する暗号資産(仮想通貨)を安全・安心に管理することができる。

【参考】iOSAndroid

二段階認証ができるスマホアプリ

二段階認証ができる暗号資産(仮想通貨)アプリの中で、代表的なものは以下の通り。

Google Authenticator

二段階認証アプリであるGoogle Authenticatorを活用すれば、暗号資産(仮想通貨)取引所にログインする際にハッキング攻撃を受けるリスクを抑えることができる。ちなみに、国内取引所を利用する上では、二段階認証は必須とされているので、是非ともダウンロードしておきたい。

【参考】iOSAndroid

最後に

今回は、暗号資産(仮想通貨)取引所アプリに加え、資産管理アプリ、情報収集アプリ、ウォレットアプリ、二段階認証アプリなどを紹介した。アプリを使えば、外出先でもチャートの確認や実際の取引を行うことができる他、資産管理や情報収集などにも役立てることができる。必要に応じて、アプリを利用することで、より有意義な暗号資産(仮想通貨)取引を行っていくと良いだろう。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする