国内の仮想通貨/ビットコイン取引所を取扱通貨の豊富さの観点から比較

仮想通貨取引所を選ぶ上で、検討すべき重要な項目の一つとして、「取扱通貨の豊富さ」が挙げられる。本記事では、国内の仮想通貨取引所/販売所を取扱通貨の豊富さの観点から比較した上で、取扱通貨の豊富な取引所を紹介する。

国内の主な仮想通貨/ビットコイン取引所を取扱通貨の豊富さの観点からランキング

1位:Coincheck(コインチェック)

コインチェック株式会社

Coincheck(コインチェック)

Coincheckを運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。2018年1月に発生したハッキング事件に見舞われたが、東証一部上場のマネックスグループの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。  もっとみる >

取扱仮想通貨12種類
手数料取引所:0%
最低取引数量円建てで500円相当額
スマホ対応投資初心者でも見やすく分かりやすい優れたUI/UX
セキュリティ国内外複数の情報セキュリティ企業等を通じ、情報システムの信頼性、安全性、効率性のモニタリングを実施

詳細情報はこちら


Coincheck(コインチェック)は、国内で最多の12種類の仮想通貨を取り扱う仮想通貨取引所として知られている。具体的な取扱通貨については、下記の通り。

・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・ETC(イーサリアムクラシック)
・LSK(リスク)
・FCT(ファクトム)
・XRP(リップル)
・XEM(ネム)
・LTC(ライトコイン)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・MONA(モナコイン)
・XLM(ステラルーメン)
・QTUM(クアンタム)

2位:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinを運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM.com証券を傘下に抱える合同会社DMM.comのグループ会社。売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。DMM.com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。  もっとみる >

取扱仮想通貨9種類
手数料販売所:スプレッド
最低取引数量0.001BTC
スマホ対応注文・分析に優れたスマホアプリ
セキュリティ顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施

詳細情報はこちら


DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)は、Coincheck(コインチェック)に次いで、取扱仮想通貨の豊富な仮想通貨取引所として知られている。具体的な取扱通貨については、下記の通り。

【現物取引】

・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・XRP(リップル)

【レバレッジ取引】

・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・XRP(リップル)
・MONA(モナーコイン)
・NEM(ネム)
・LTC(ライトコイン)
・ETC(イーサリアムクラシック)
・BCH(ビットコインキャッシュ)

3位:bitFlyer(ビットフライヤー)

株式会社bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。グループ子会社のbitFlyer Blockchainにおいては、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されている。  もっとみる >

取扱通貨の種類8種類
手数料取引所:0.01〜0.15%/販売所:無料
最低取引数量取引所:0.001BTC/販売所:0.00000001BTC
スマホ対応スマホアプリでビットコインFXも取引可能
セキュリティマルチシグを他社に先駆けて導入

詳細情報はこちら


bitFlyer(ビットフライヤー)の取扱仮想通貨は8種類。具体的な取扱通貨については、下記の通り。

・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・ETC(イーサリアムクラシック)
・LTC(ライトコイン)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・MONA(モナコイン)
・LISK(リスク)
・XRP(リップル)

4位:GMOコイン

GMOコイン株式会社

GMOコイン

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。売買コストの低さと仮想通貨FXアプリ「ビットレ君」の使いやすさで人気がある。GMOクリック証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。  もっとみる >

取扱仮想通貨7種類
手数料取引所:-0.01%〜0.05%/販売所:スプレッド
最低取引数量0.0001BTC
スマホ対応複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ
セキュリティ24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理

詳細情報はこちら


GMOコインの取扱仮想通貨は7種類。具体的な取扱通貨については、下記の通り。

・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・LTC(ライトコイン)
・XRP(リップル)
・ネム(NEM)
・XLM(ステラルーメン)

5位:bitbank(ビットバンク)

ビットバンク株式会社

■ ビットバンク株式会社

bitbankは、2014年5月に設立されたビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所(関東財務局長 第00004号)。2020年2月14日現在、bitbankの取扱通貨の種類は6種類となっている。

登録年月日:平成29年9月29日
法人番号:1010801024625
本店所在地:東京都品川区西五反田7-20-9
代表電話番号:03-6427-1520
取扱仮想通貨:BTC/XRP/LTC/ETH/MONA/BCH
取引所URL:https://bitcoinbank.co.jp/

取引所 詳細情報はこちら取引所サイトはこちら


bitbank(ビットバンク)の取扱仮想通貨は5種類。具体的な取扱通貨については、下記の通り。

・BTC(ビットコイン)
・XRP(リップル)
・LTC(ライトコイン)
・ETH(イーサリアム)
・MONA(モナーコイン)
・BCH(ビットコインキャッシュ)

最後に

今回は、国内の仮想通貨取引所を「取扱通貨の豊富さ」の観点から比較し、紹介した。仮想通貨取引を行い、リターンを最大化させるためには、投資対象の仮想通貨の銘柄の選択肢を増やすことが有効な選択肢の一つとなる。上記の内容を参考にしつつ、仮想通貨取引所を選ぶ上では、取扱通貨の豊富さを含め、様々な観点から比較・検討することを推奨する。