仮想通貨・ビットコインの今後と将来性
──最新の見通し予想【2020年版】

世界中には数千種類の仮想通貨が存在すると言われている。しかし、いざ仮想通貨を購入しようと思っても、「そもそも、仮想通貨・ビットコインに将来性があるのかどうかわからない」という声も少なくない。そこで、今回は、仮想通貨の今後の将来性を考える上で必要な論点を踏まえた上で、初心者の方におすすめできる将来性の高い銘柄をいくつかご紹介する。

仮想通貨・ビットコインの今後と将来性──最新の見通し予想

仮想通貨・ビットコインの今後と将来性を考える上で、参考となる調査レポートや価格予測をいくつか紹介する。必要に応じて、参照のこと。

英コインシェアーズ(Coinshares)──ビットコインの次の進化が始まる段階として2022年を設定

仮想通貨の今後の将来性については、英大手仮想通貨ファンド「Coinshares」がビジネスや金融を取り巻く過去から現在までの状況を分析し、ビットコインの現在や将来について考察するレポートを発表している(参考:CRYPTO TRENDS REPORT)。レポート内で言及されている主要なポイントとしては、2013年から2017年にかけて、ビットコインは「消費者」レベルで取引されていたが、2017年から2022年にかけては、「機関」による投資が進む段階だとしている。ビットコインの次の進化が始まる段階として2022年を設定し、以降を「ビットコインバンキング」の時期として予測している。その際には、ビットコインによる銀行預金、保険、投資商品、国境を越えた支払い、ソブリン通貨といった顧客向けの主要サービスが取り扱われるとしている。

米ファンドストラット(Fundstrat)──ビットコインが今後6ヶ月で17,000ドルに急騰する可能性を示唆

米国に本拠を置く独立調査会社・ファンドストラットは、2020年のビットコインの可能性について強気を維持している。具体的には、ビットコインが今後6ヶ月で17,000ドルに急騰する可能性があると予測している(参考:Fundstrat: Bitcoin price will rise to $17,000 after halving)。

主要通貨別:今後の将来性予想

仮想通貨銘柄別の今後の将来性予想は下記の通り。

ビットコインの今後の将来性

ビットコイン(BTC)価格や今後の将来性を考える上で、論点となり得る要素を記載する。

論点1:ビットコイン決済の普及

1つ目の論点は、ビットコイン決済の普及である。ビットコインのメリットの一つは、いつでもどこでも無制限の支払いと受け取りが可能なことである。今後、ビットコインを活用した決済が普及することで、ビットコインの需要が増加し、価格上昇の要因となる可能性がある。

論点2:半減期の到来

2つ目の論点は、半減期の到来である。2020年5月に予定されている半減期に向かって、ビットコイン価格が上昇する可能性があると言われている。実際、一部の市場観測筋は、2012年と2016年のビットコインの過去2回の半減期は、ビットコイン価格の大幅な上昇の要因となったと述べており、ドイツのバイエルン州立銀行は、「2020年の半減期はビットコイン価格を9万ドルまで押し上げる可能性がある」と予測している(出典:半減期でビットコイン価格は2万〜5万ドルに:ヘッジファンド・マネージャーが予測)。その一方で、一部のトレーダーは、「半減期は多くの人が期待するような強気の要因にはならない」「半減期は重要ではない」と述べ、むしろ前例のないFRB(連邦準備制度理事会)の金融政策をはじめとする今後数年の間にビットコイン価格を押し上げる可能性のある他のマクロ経済要因に注目している(出典:ビットコイン半減期は重要ではない:大手トレーダーの見解)。

論点3:開発者コミュニティによる仕様のアップデート

3つ目の論点は、開発者コミュニティによる仕様のアップデートである。ビットコインでは、ビットコインのネットワークが抱える課題の一つである「スケーラビリティ問題」を解決するために、開発コミュニティが仕様変更を提案してきた経緯がある。その利害の対立によって、仕様変更に対して意見が割れ、コミュニティが分裂した場合、仮想通貨の運営が不安定になり、市場への懸念材料となる可能性がある。

論点4:世界各国の規制強化の動き

4つ目の論点は、世界各国の規制強化の動きである。過去の記録を見る限りでは、中国、日本、米国などで仮想通貨に対する規制強化の動きがあれば、それに伴って、ビットコイン(BTC)価格が下落するケースが存在する。仮想通貨を用いた詐欺やマネーロンダリングを未然に防止し、健全なマーケット環境を形成する上では、規制は必要不可欠なものであるが、短期的には、規制強化の動きは仮想通貨の価格下落をもたらす可能性がある。反対に、規制緩和のニュース等があれば、仮想通貨価格の上昇に伴って、ビットコイン(BTC)価格も上昇する可能性がある。

論点5:ビットコインETFの認可状況

5つ目の論点は、ビットコインETFの認可状況である。ビットコインETFの認可状況が、ビットコイン価格に影響を与える可能性がある。

イーサリアムの今後の将来性

イーサリアム(Ethereum)価格や今後の将来性を考える上で、論点となり得る要素を記載する。

論点1:イーサリアムを活用した分散型アプリケーションの増加

1つ目の論点は、イーサリアムを活用した分散型アプリケーションの増加である。イーサリアム(Ethereum)を活用した分散型アプリケーション(Dapps)が増加し、イーサ(ETH)が利用できるプラットフォームが増えれば、長期的には価格形成に対してポジティブな影響をもたらす可能性がある。

論点2:開発者コミュニティによる仕様のアップデート

2つ目の論点は、開発者コミュニティによる仕様のアップデートである。イーサリアムでは、2020年第二四半期を目処に、「Ethereum2.0」と呼ばれる大型アップデートが行われることが見込まれており、イーサリアム価格の変動要因となる可能性がある。

参考:95%の自信──イーサリアム2.0は第2四半期にローンチするか?

論点3:半減期の到来

3つ目の論点は、半減期の到来である。ビットコインの半減期が2020年5月頃に控えており、その影響を受ける形で、イーサリアム(Ethereum)価格の変動が起こる可能性がある。ちなみに、一部の市場観測筋は、2012年と2016年のビットコインの過去2回の半減期は、ビットコイン価格の大幅な上昇の要因になったと述べており、ドイツのバイエルン州立銀行は、2020年の半減期はビットコイン価格を9万ドルまで押し上げる可能性があると予測している。ビットコインの半減期が2020年5月頃に控えており、その影響を受ける形で、イーサリアム価格の変動が起こる可能性がある。

論点4:世界各国の規制強化の動き

4つ目の論点は、世界各国の規制強化の動きである。過去の記録を見る限りでは、中国、日本、米国などで仮想通貨に対する規制強化の動きがあれば、それに伴って、イーサリアム(Ethereum)価格が下落するケースが存在する。仮想通貨を用いた詐欺やマネーロンダリングを未然に防止し、健全なマーケット環境を形成する上では、規制は必要不可欠なものであるが、短期的には、規制強化の動きは仮想通貨の価格下落をもたらす可能性がある。反対に、規制緩和のニュース等があれば、仮想通貨価格の上昇に伴って、イーサリアム(Ethereum)価格も上昇する可能性がある。

論点5:イーサリアムETFの認可状況

5つ目の論点は、イーサリアムETFの認可状況である。イーサリアムETFの認可状況が、イーサリアム価格に影響を与える可能性がある。

リップルの今後の将来性

リップル(Ripple)の価格や今後の将来性を考える上で、論点となり得る要素をいくつか記載する。

論点1:大手金融機関との連携

1つ目の論点は、大手金融機関との連携である。「低コスト、安全、スピーディーな次世代国際送金システム」を目指すリップル(Ripple)は、世界中の金融機関から注目されているが、リップル(Ripple)が国内外の大手金融機関の送金システムに導入されることによって、リップル(Ripple)価格が上昇する可能性がある。実際、2017年9月に三菱UFJ銀行が銀行間決済に使われるシステムにリップルの技術を活用すると発表した際には、リップル(Ripple)価格の上昇が見られた。このような大手企業との提携が増えれば、リップル(Ripple)価格に対して、ポジティブな材料となる可能性がある。

出典:国際送金を数分で 仮想通貨技術使い三菱UFJ銀など(日本経済新聞)

論点2:半減期の到来

2つ目の論点は、半減期の到来である。リップル(Ripple)自体に半減期は存在しないが、ビットコインの半減期が2020年5月頃に控えており、その影響を受ける形で、リップル(Ripple)価格の変動が起こる可能性がある。ちなみに、一部の市場観測筋は、2012年と2016年のビットコインの過去2回の半減期は、ビットコイン価格の大幅な上昇の要因になったと述べており、ドイツのバイエルン州立銀行は、2020年の半減期はビットコイン価格を9万ドルまで押し上げる可能性があると予測している。

出典:半減期でビットコイン価格は2万〜5万ドルに:ヘッジファンド・マネージャーが予測

論点3:世界各国の規制強化の動き

3つ目の論点は、世界各国の規制強化の動きである。過去の記録を見る限りでは、中国、日本、米国などで仮想通貨に対する規制強化の動きがあれば、それに伴って、リップル(Ripple)価格が下落するケースが存在する。仮想通貨を用いた詐欺やマネーロンダリングを未然に防止し、健全なマーケット環境を形成する上では、規制は必要不可欠なものであるが、短期的には、規制強化の動きは仮想通貨の価格下落をもたらす可能性がある。反対に、規制緩和のニュース等があれば、仮想通貨価格の上昇に伴って、リップル(Ripple)価格も上昇する可能性がある。

仮想通貨の将来性ランキング

仮想通貨の銘柄ごとの将来性ランキングについては、こちらの記事「仮想通貨おすすめ人気ランキング!今後伸びる将来性の高い狙い目の銘柄を徹底比較【2020年最新版】」を参照のこと。また、おすすめの仮想通貨銘柄を探す上では、2020年4月に公開された120銘柄以上を評価対象とするWeiss Ratings社による仮想通貨格付ランキングも必要に応じて参照すると良いだろう。

仮想通貨の今後の将来性に関する有識者の発言

仮想通貨の今後の将来性に関する有識者の発言を整理する。

ポジティブな見解

仮想通貨の今後の将来性に関する有識者のポジティブな見解については、下記の通り。

スティーブ・ウォズニアニック

米Appleの共同創業者として知られるスティーブ・ウォズニアニック氏は、2019年10月にラスベガスで開催されたMoney20/20において、「ビットコインはゴールドや米ドルより優れている」と発言している。これは、政府がいつでも増刷できる法廷通貨と異なり、上限発行枚数が決められているビットコインの方が価値が安定しているとの見解に基づいている(出典:Money20/20:The Woz Reminds The Bitcoin And Cryptocurrency Community What’s Important)。

ウィンクルボス兄弟

仮想通貨投資で莫大な利益を得たことで知られ、世界の仮想通貨長者ランキングにも上位にランクインしているウィンクルボス兄弟は、「この10年〜20年の間に、ビットコインの価格は30〜40倍まで上昇するだろう」と予想している(出典:Bitcoin will someday be worth as much as 40 times its current value, says Cameron Winklevoss)。

ジョン・マカフィー氏

ジョン・マカフィー氏は世界的に有名なセキュリティソフト「McAfee」を開発するMcAfee社の創業者である。仮想通貨・ブロックチェーン業界においては、一定の影響力を持っている人物として知られるマカフィー氏は、 「2020年までにビットコインは100万ドル(約1億円)に到達するだろう」と予想している。2020年4月29日時点でのビットコイン価格は約85万円であることを踏まえると、かなり強気の予想と言える。ただし、その後、同氏は自らの発言を撤回し、ビットコインの今後に期待していないとも受け取れる旨のツイートを行なっている(出典:https://twitter.com/officialmcafee/status/1213839069681205254)。

ネガティブな見解

仮想通貨の今後の将来性に関する有識者のネガティブな見解については、下記の通り。

ウォーレン・バフェット

米バークシャー・ハサウェイ創業者であり、投資の神様として知られるウォーレン・バフェット氏は、兼ねてから仮想通貨・ビットコインに対して否定的な見解を示してきたが、2020年2月24日に実施されたCNBCのインタビューの際に、「暗号通貨は基本的に価値がない」「私は仮想通貨を所有していないし、今後も決して保有することはない」と述べ、仮想通貨・ビットコインの将来性に対してネガティブな姿勢を明らかにしている(出典:Warren Buffett: ‘I don’t own any cryptocurrency and I never will’)。

ビル・ゲイツ

米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は、米CNBCにの番組に出演した際に、「ビットコインは非常に愚かな投資であり、もしするなら空売りする」とコメントしたことで知られている出典:Bill Gates: I would short bitcoin if I could)。

仮想通貨を始める上でおすすめの取引所3選

コインチェック株式会社

Coincheck(コインチェック)

Coincheckを運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:コインチェック事件)に見舞われたが、東証一部上場のマネックスグループの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。サービスの使いやすさに定評があり、2019年12月時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録している。取引手数料は無料。国内では最多となる12通貨に対応しており、国内ではCoincheckでしか取り扱っていないアルトコインも少なくない。代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の理事(非常勤)を務めている。  取引所詳細はこちら > 

取扱仮想通貨14種類
手数料取引所:0%
最低取引数量円建てで500円相当額
スマホ対応投資初心者でも見やすく分かりやすい優れたUI/UX
セキュリティ国内外複数の情報セキュリティ企業等を通じ、情報システムの信頼性、安全性、効率性のモニタリングを実施

今すぐ口座開設Coincheck公式サイトへ

株式会社bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは、国内最大級の取引量を誇る仮想通貨取引所として知られている。CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。創業者の加納裕三氏は、一般社団法人 日本ブロックチェーン協会の代表理事を務めており、 グループ子会社のbitFlyer Blockchainでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。  取引所詳細はこちら > 

取扱通貨の種類11種類
手数料取引所:0.01〜0.15%/販売所:無料
最低取引数量取引所:0.001BTC/販売所:0.00000001BTC
スマホ対応スマホアプリでビットコインFXも取引可能
セキュリティマルチシグを他社に先駆けて導入

今すぐ口座開設bitFlyer公式サイトへ

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinを運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM.com証券を傘下に抱える合同会社DMM.comのグループ会社。売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。DMM.com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。 取引所詳細はこちら > 

取扱仮想通貨11種類
手数料販売所:スプレッド
最低取引数量0.001BTC
スマホ対応注文・分析に優れたスマホアプリ
セキュリティ顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施

今すぐ口座開設DMM Bitcoin公式サイトへ

※ 本サイトは情報提供を目的としており、暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。本サイトに記載の各取引所や各サービスの評価は、投資家向けアンケート調査結果や独自評価軸に基づいて作成していますが、各サービスの内容の正確性、信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者ご自身で各取引所やサービスの内容をご確認ください。
※ 投資を行う際は、 暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。万が一、これらの情報に基づいて利用者が損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。
※ 本サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、当該暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各サービスの公式サイト等に記載されている特定時点の情報を記載したものです。最新情報は各サービスの公式サイトにてご確認ください。また、キャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、利用の際は各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※ 本記事内のリンクから口座開設を行うと、CoinDesk Japanは対価として収入を得ることがあります。
※ 本サイトを利用されると、CoinDesk Japanの利用規約に同意したものとみなされます。以上の注意事項とともに利用規約についてもご了承ください。