仮想通貨と税金
押さえておくべき基本的な知識とおすすめの計算ツール

仮想通貨(暗号資産)取引を行う際に、まず第一に押さえておかなければならないのが税金に関する知識である。本記事では、仮想通貨/ビットコイン投資を始めるにあたって、利益を得た場合に必要となる税務関連の知識を初心者向けに整理する。

関連記事:仮想通貨 始め方

仮想通貨投資で利益を得た場合にかかる税金

仮想通貨投資で利益を得た場合、税金を支払うことが義務付けられている。ここでは、仮想通貨の税務上の取り扱いについて記載する。

仮想通貨と所得税

所得税の取り扱いについては、国税庁からの「タックスアンサー」や「FAQ」によって、以前から税務上の取り扱いが公表されていたが、平成31年度税制改正を踏まえ、「所得区分は原則として雑所得であること」「取得価額の計算方法については、移動平均法または総平均法とすること」が明らかにされている。また、所得の計算方法については、平成29年12月に国税庁から公表された「仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)」に記載されている。詳細については、こちらのページ「【2020年対応】仮想通貨(暗号資産)の税金の基本|税理士がわかりやすく解説!」を参照のこと。

仮想通貨と法人税

法人税の取り扱いについては、「平成31年度税制改正」により、法人税法上の取り扱いが明確化されており、これに従い、課税所得を算出し、実際の税額を計算することとなる。具体的には、「法人が期末に保有する仮想通貨の評価方法については、活発な市場が存在する仮想通貨については、時価評価により評価損益を計上すること」「法人が仮想通貨の譲渡を行った場合の譲渡損益については、その譲渡に係る契約をした日の事業年度に計上すること」「仮想通貨の一単位当たり譲渡原価の算出方法については、移動平均法又は総平均法とすること」「法人が事業年度末に有する未決済の仮想通貨の信用取引等については、事業年度末に決済したものとみなして計算した損益相当額を計上すること」が明らかにされている。詳細については、こちらのページ「【仮想通貨の法人税】法人税法改正を解説(平成31年4月改正)」を参照のこと。

仮想通貨と消費税

消費税の取り扱いについては、「平成29年度税制改正」によって、資金決済法上の仮想通貨の譲渡が行われた場合、支払い手段の譲渡として、2017年7月1日以後、非課税取引に該当することが明らかにされている。詳細については、こちらのページ「仮想通貨に関する税務上の取り扱いについて(FAQ)」内の≪消費税関係≫の記載を参照のこと。

仮想通貨と相続税

相続税・贈与税の取り扱いについては、2018年11月に国税庁より公表された「仮想通貨に関する税務上の取り扱いについて」の中で取り扱いが明確化されている。具体的には、仮想通貨を相続や贈与により取得した場合には、相続税又は贈与税が課税されることが定められている。また、評価方法については、活発な市場が存在する場合には、相続人等の納税義務者が取引を行っている仮想通貨交換業者が公表する課税時期における取引価格によって評価することが定められている。

仮想通貨の税金計算ツール

上記を踏まえ、仮想通貨取引で利益を得た場合、確定申告を行うことが義務付けられている。確定申告を行う際は、エクセル等の表計算ソフトで支払うべき税額を計算した上で、申告書を提出する方法も考えられるが、最近では、利便性の高い仮想通貨取引に特化した税金計算ツールも出てきている。以下に代表的なサービスをいくつか紹介する。

Gtax

Gtaxは、仮想通貨取引所のデータを取り込むだけで確定申告書類を簡単に作成することができるツール。取引記録のCSVデータを用意するだけで、すぐに損益計算を行うことができる。2019年12月15日時点で、48の取引所に対応している。また、海外の仮想通貨取引所でのトレードについても、円換算した状態で計算してくれる点が特徴である。

詳細:仮想通貨の損益計算ソフトGtax

tax@cryptact

tax@cryptactは、仮想通貨取引に関する損益計算/資産管理/確定申告を行うためのサポートツール。15の仮想通貨取引所/1,680の仮想通貨に対応しており、米国税制に従った計算やドル建て・ユーロ建ての取引の計算も可能である点が特徴である(参考:仮想通貨の税金の計算/おすすめ自動ソフト・ツール一覧)。

詳細:tax@cryptact

CryptoLinC

CryptoLincは、暗号資産の管理・収支計算を行うためのプラットフォーム。仮想通貨投資を実際に経験したことがある税理士が監修していることが特徴である。取引データを連携すれば、複数の仮想通貨取引所の資産の状況を一括で管理することが可能であり、CryptoLincを利用することで、よりスムーズな形で確定申告を行うことができる。

詳細:CryptoLinc

最後に

仮想通貨(暗号資産)投資は、その他の金融投資と比べて、「どのタイミングで利益が発生したのか」を正確に判断することが困難なケースも少なくない(例えば、仮想通貨FXで利益を得た場合、一般的なFX取引と異なり、雑所得が課される事になる等)。そのため、仮想通貨(暗号資産)取引にかかる税金に関して不明点がある場合は、都度、税理士に相談の上、確定申告を行うことを推奨する。また、必要に応じて、上記の仮想通貨(暗号資産)税金計算ツールを活用すると良いだろう。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。