仮想通貨ETFとは?いつ日本で買える?具体的な銘柄も含めて徹底解説

(公開日:

ブラジルなどで認可され始めている「仮想通貨ETF」。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)など様々な仮想通貨で構成されるETFのことで、仮想通貨に分散投資できるほか、仮想通貨取引所に口座が無くても投資できるといったメリットがある。

ではこの仮想通貨ETFは、いつ日本で購入することができるようになるのか。もしくは、すでに購入することは可能なのだろうか。仮想通貨ETFの基礎知識やすでに承認されている仮想通貨ETFについて触れつつ、解説していく。

【参考記事】仮想通貨/暗号資産とは?
【参考記事】仮想通貨/ビットコインFXとは何か?

「仮想通貨ETF」とは?

そもそも仮想通貨ETFとはどのような金融商品なのか。

「ETF」とは?

まずETFとは「上場投資信託」のことで、証券取引所に上場している投資信託のことを指す。上場しているため、株式と同様に証券取引所で売買をすることが可能だ。そして仮想通貨ETFとは、複数の仮想通貨の値動きに連動した運用成果を目指すETFのことだ。

そして冒頭説明した通り、ETFは証券取引所に上場している金融商品であるため、仮想通貨ETFであれば仮想通貨取引所に口座を持っていなくても、間接的に仮想通貨に投資することができる。

「ビットコインETF」との違いは?

仮想通貨ETFに似たETFとしては「ビットコインETF」がある。ビットコインETFはビットコインのみの値動きに連動したETFであるのに対し、仮想通貨ETFは複数の仮想通貨で構成されるインデックスに連動しているという違いがある。

具体的な例を挙げれば、ビットコイン(BTC)70%、イーサリアム(ETH)20%、イーサリアムクラシック(ETC)5%、ライトコイン(LTC)5%、というように、仮想通貨ETFは複数の仮想通貨で構成されている。

また、仮想通貨ETFはビットコインETFに比べて、リスクが低めに抑えられているという特徴がある。仮に構成通貨の1つが暴落しても、仮想通貨ETF全体に与える影響は1種類の仮想通貨に投資しているときよりも小さく済むからだ。

【参考記事】ビットコインETF

仮想通貨ETFはどのようにして承認される?

続いて、仮想通貨ETFが承認されるまでの流れを説明しておく。

まず資産運用会社が仮想通貨ETFを各国の金融規制当局に申請する。そして金融規制当局がその申請を承認すると、仮想通貨ETFがその国の証券取引所で上場する。そうすると、市場でその仮想通貨ETFの売買取引がスタートする。

ここでいう「金融規制当局」とは、アメリカの場合は「米証券取引委員会(SEC)」が相当する。

仮想通貨ETFはどうすれば購入できる?

仮想通貨ETFを購入するためには、自身が証券口座を有している証券会社が仮想通貨ETFを取り扱っている必要がある。

仮想通貨ETFはブラジルなどですでに承認・上場しているが、2021年9月時点では日本の証券会社ではそれらの仮想通貨ETFを取り扱っていない。

アメリカで仮想通貨ETFが承認されれば日本の証券会社が取り扱う可能性も出てくるが、2021年9月時点ではアメリカで仮想通貨ETFはまだ承認されておらず、日本の証券会社を通じて購入できるようになるにはまだ時間がかかりそうだ。

すでに上場している仮想通貨ETFは?

参考までに、世界ですでに上場している仮想通貨ETFの1つを紹介しておこう。

Hashdex Nasdaq Crypto Index ETF

「Hashdex Nasdaq Crypto Index ETF」は、2021年2月からバミューダ証券取引所で取引が始まった仮想通貨ETFだ。提供会社は、米ナスダックとブラジルを拠点とする投資企業Hashdexだ。

この仮想通貨ETFは、ナスダックの仮想通貨指数「Nasdaq Crypto Index」(NCI)に連動する投資成果を目指している。ナスダックの公式サイトによれば、2021年9月15日時点ではNCIの構成通貨は以下のように説明されている。

仮想通貨構成比率
Bitcoin(BTC)62.39%
Ethereum(ETH)31.7%
Litecoin(LTC)1.34%
Chainlink(LINK)1.25%
Bitcoin Cash(BCH)1.01%
Uniswap(UNI)0.90%
Stellar Lumens(XLM)0.75%
Filecoin(FIL)0.66%
出典:ナスダック公式サイト

ビットコインとイーサリアムを中心に、ライトコインなどその他のアルトコインで構成されている。ちなみにHashdex Nasdaq Crypto Index ETFについては、ブラジルでも2021年4月までに上場している。

仮想通貨ETFの今後

仮想通貨ETFに関しては、2021年8月までにカナダで資産管理企業Evolve Fundsが金融規制当局に申請を行っている。承認されるかどうかはまだ不透明だが、Evolve Fundsが運用するビットコインETFはすでにカナダで上場しており、仮想通貨ETFも承認される可能性が高そうだ。

そして今後の注目は、世界最大のマーケットであるアメリカで、いつ仮想通貨ETFが承認されるか、という点だ。アメリカで承認されればその後、様々な国で仮想通貨ETFの申請が活発化するとみられているからだ。

また将来的には、「仮想通貨と国債」「仮想通貨と株式」「仮想通貨と国債と株式」というように、仮想通貨とほかの資産と組み合わせたETFも誕生していくはずだ。こうしたETFを「バスケット型ETF」などと呼ぶ。

バスケット型ETFにおいて、仮想通貨よりもボラティリティ(値動きの振れ幅)が低い資産と組み合わせられることで、高いボラティリティに躊躇して仮想通貨投資をしていない個人投資家も、手が出しやすくなる。

関連ニュースには目を通しておこう

2021年9月時点では、仮想通貨ETFは日本の証券取引所を通じて売買することはできないが、アメリカで承認・上場する流れが加速すれば、いずれは気軽に売買できる日が来ると考えられる。

ちなみに仮想通貨ETFの承認のニュースは、仮想通貨の相場にも大きな影響を与える。仮想通貨ETFの承認によって、仮想通貨への信頼度が高まることが期待されるからだ。そのため今は日本の証券取引所を通じて売買ができなくても、関連ニュースには目を通しておきたい。

多くの仮想通貨の取り扱いがある取引所

初心者でも利用しやすい国内の取引所で多くの仮想通貨を取り扱っている取引所を3つ紹介する。3つの取引所の比較表を下記にまとめた。

取引所/販売所取扱銘柄数手数料
Coincheck17種類取引所:無料
販売所:0.1〜5.0%
GMOコイン14種類取引所:
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所:無料
bitFlyer13種類取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
※Makerは受取の手数料、Takerは支払の手数料

Coincheck(コインチェック)

取扱銘柄数17種類
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
アイオーエスティー(IOST)
エンジンコイン(ENJ)
オーエムジー(OMG)
パレットトークン(PLT)
取引所手数料無料
販売所手数料0.1〜5.0%

Coincheckは国内の取引所でも最も多い17種類の仮想通貨を取り扱っているのが特徴だ。マネックス証券で有名なマネックスグループの傘下でもある。一覧表で挙げた通貨に関してはほとんど取り扱っているが、ポルカドット(DOT)を含めた3つの通貨の取り扱いがないので、Coincheckの口座とCoincheckで取り扱っていない通貨の取り扱いがある取引所の口座を複数開設すると投資の選択肢を広げられる。

GMOコイン

取扱銘柄数14種類
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
取引所手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料無料

GMOコインは取扱通貨数ではCoincheckに劣る14種類であるが、取り扱いがないポルカドット(DOT)を含む3つの通貨を取り扱っていることが特徴だ。2つの口座を開設すれば、取引できる仮想通貨の種類は20種類となり、一覧表に掲載された通貨のすべてを取引できる。Coincheckと共に開設する口座の中で最も相性のいい組み合わせといえるだろう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

取扱銘柄数13種類
取扱通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
リスク(LSK)
リップル(XRP)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
ステラルーメン(XLM)
ネム(XEM)
テゾス(XTZ)
ポルカドット(DOT)
取引所手数料0.01~0.15%
販売所手数料無料

bitFlyerCoincheckが取り扱っていないポルカドット(DOT)、テゾス(XTZ)を取り扱っているため、Coincheckとの組み合わせならGMOコインの次に相性がいい。bitFlyerの強みは流動性であり、利用者が多く流動性が高いことから取引が成立しやすい。頻繁に仮想通貨を取引するならbitFlyerの口座も開設しよう。

参考文献

Hashdex Launches First Crypto ETF(ナスダック)
https://www.nasdaq.com/articles/hashdex-launches-first-crypto-etf-2021-02-16

Hashdex to launch the Hashdex Nasdaq Crypto Index ETF(Hashdex)
https://www.prnewswire.com/news-releases/hashdex-to-launch-the-hashdex-nasdaq-crypto-index-etf-301225330.html

Nasdaq Crypto Index (NCI) Tracking the Crypto Landscape(ナスダック)
https://www.nasdaq.com/crypto-Index

Bitcoin ETF – ビットコイン(Bitcoin)用語集(bitFlyer)
https://bitflyer.com/ja-jp/glossary/bitcoin_etf

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする