【新規登録】DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の
口座開設方法と手順を画像付きでわかりやすく解説

本記事では、DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の口座開設方法と手順を画像付きで解説する。

事前に準備すべきもの

まず、DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の口座開設を行うにあたって、事前に必要なものを整理する。具体的には、下記の通りである。

1. メールアドレス

1つ目はメールアドレス。無料のフリーメールのアドレスでも問題ない。

2. 本人確認書類

2つ目は、本人確認書類。具体的には、下記の中から1つを提出する。

  • 運転免許証(表面/裏面)
  • パスポート(顔写真欄/所持人記入欄)
  • 住民基本台帳カード(表面/裏面)
  • 在留カード又は特別永住者証明書
  • その他、各種保険証及び住民票の写し等

3. 銀行口座

3つ目は、銀行口座。日本円の入出金を行う際に、銀行口座が必要となるため、事前に用意しておく必要がある。

具体的な口座開設方法と手順

これらを踏まえ、DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の口座開設に向けた具体的な手順を画像を使いながら説明していく。

STEP1:メールアドレスの登録

まず、メールアドレスを登録し、アカウントを作成する。具体的には、DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の公式サイトにアクセスし、画面右上にある「口座開設」をクリックする。

メールアドレスを下記のように入力し、「確認して登録します」をクリックする。

入力したアドレスに対してメールが届くので、記載されているURLをクリックする。以上でメールアドレスの登録は完了となる。

メールアドレスとパスワードはログインする際に毎回必要になるので、忘れないように記録しておく必要がある。特に、パスワードの管理については細心の注意を払うべきである。

STEP2:パスワードの登録

仮口座登録を完了させるため、パスワードを設定する必要がある。具体的には、下記の画面にパスワードを入力し、「パスワードを設定する」をクリックする。

STEP3:マイページにログイン

仮口座登録を完了した後、マイページにログインして、本口座開設の手続きに進む。

すると、会員ログインページに遷移するので、先程、登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインする。

この時点では、まだ本口座開設が完了していないことに注意する必要がある。

STEP4:個人情報の入力

本口座開設を行うべく、個人情報の入力を行っていく。入力すべき項目は、下記の通り。

  • 口座開設の種類
  • 現住所
  • 職業
  • 資産状況
  • 投資経験
  • 投資目的・取引目的
  • 取引の動機

また、これらに加えて、「契約締結前交付書面、各種重要事項の承諾」「口座開設にあたっての表明確約」「暗号資産取引のリスクに関する確認」を求められる。

STEP5:本人確認書類の提出

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)で暗号資産(仮想通貨)取引を行うには、上記の個人情報の入力に加え、本人確認書類の提出が必要となる。また、実際に取引を開始するには、本人確認書類を提出した後に郵送されてくるハガキを受領する必要がある。本人確認書類を提出するには、下記の画面から本人確認資料をアップロードする。

STEP6:電話番号認証

「本人確認書類を提出する」ボタンを押すと、下記の画面に遷移し、電話番号認証を求められる。

電話番号を入力し、送信されたSMS(電話番号宛のテキストメッセージ)に表示されている6桁の番号を入力する。

STEP7:ハガキを受領し、認証コードを入力

自宅にハガキが郵送されてくるので、それを受け取り、記載されている認証コードを入力する。

最後に

今回の記事は以上となる。DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の口座開設は下記のリンクから行うことができる。

暗号資産をはじめるなら、DMM Bitcoin

本記事に加えて、必要に応じて、DMMビットコイン(DMM Bitcoin)公式サイトの口座開設の手順についても参考にしつつ、登録すると良いだろう。