DMMビットコインの手数料が安い!特徴やメリット始め方も解説

(公開日:
DMMビットコイン

どうせ使うなら、少しでも手数料の安い暗号資産(仮想通貨)取引所を使いたい。そこで、本記事ではDMMビットコインの手数料をご紹介する。また、DMMビットコインの特徴やメリット・デメリット、始め方についても解説する。

DMMビットコインとは?

DMMビットコインは、2018年1月に提供が開始された仮想通貨取引所だ。運営しているのは18領域58事業を手がけているDMMグループなため、多くの人々から信頼を寄せられていると言える。

DMMビットコインの手数料

DMMビットコインの手数料は、以下のとおりだ。

  • 口座開設手数料:無料
  • 口座維持手数料:無料
  • 日本円振込入金手数料:無料
  • 日本円クイック入金手数料:無料
  • 日本円出金手数料:無料
  • 暗号資産(仮想通貨)入金手数料:無料
  • 暗号資産(仮想通貨)出金手数料:無料
  • 取引手数料:無料 ※BitMatch取引手数料を除く
  • レバレッジ手数料: 0.04%/建玉ごと

このように、DMMビットコインは基本的には手数料無料で使える。これだけの手数料がすべてが無料というのは非常に珍しい。

ちなみに、「0.04%/建玉ごと」と設定されているレバレッジ取引とは、口座に預けた証拠金を担保とし、証拠金の何倍もの金額で取引できる取引方法のことを指す。このレバレッジ取引だけは手数料がかかるため、注意が必要だ。

DMMビットコインの特徴

DMMビットコインの特徴として、以下の5つが挙げられる。

  • 取り扱い銘柄数が多い
  • スマートフォン用のアプリが使いやすい
  • サポートが充実している
  • セキュリティ体制が整っている
  • 少額の取引も実行できる

取り扱い銘柄数が多い

仮想通貨は2000種類以上も存在すると言われている。そのため、さまざまな仮想通貨に投資してみたいと考える人もいるはずだ。

その点、DMMビットコインは取り扱い銘柄が非常に多い。具体的には、以下の銘柄を取り扱っている。

現物取引

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • ステラ・ルーメン

レバレッジ取引

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ステラ・ルーメン
  • イーサクラシック
  • テゾス
  • オーエムジー
  • エンジンコイン
  • ネム
  • クアンタム
  • ベーシックアテンショントークン
  • モナーコイン

とくにレバレッジ取引の銘柄が充実しているため、現物取引ではなくレバレッジ取引をしたいと考えている人にとって嬉しいポイントだろう。豊富な選択肢のなかから取引する銘柄を選べる点は、DMMビットコインの特徴のひとつだと言えるだろう。

スマートフォン用のアプリが使いやすい

ネット上で、「DMMビットコインのアプリが使いやすい!」といった声が多数見受けられる。アプリで現物注文やレバレッジ注文を出せるため、時間や場所を問わずに取引できて快適に感じる人が多いのだろう。いちいちパソコンを起動しなくても仮想通貨取引ができるのは、有難いものである。

育児や仕事と仮想通貨投資の両立がしやすいと考えられる。スマートフォンアプリが使いやすい点も、DMMビットコインの特徴のひとつだと言える。

サポートが充実している

新しい取引所を使う際には、操作方法などを不安に感じる人も多いのではないだろうか。複雑な操作をひとりで覚えるのは、なかなか大変そうに感じられるのも無理ないだろう。

その点DMMビットコインは、サポート体制が非常に充実している。具体的には、専用フォームからの問い合わせと、LINEからの問い合わせに24時間365日対応しているのだ。日中は仕事などで忙しくしている人でも安心して使えると考えられる。サポート体制が充実している点も、DMMビットコインの特徴として挙げられる。

セキュリティ体制が整っている

過去に、仮想通貨取引所がハッキングされた事件が起こったことを知っている人も多いだろう。万が一仮想通貨を預けている取引所がサイバー攻撃に遭い、資産を喪失してしまったらと考えると、かなり恐ろしいものだ。

DMMグループ傘下のDMMビットコインは、セキュリティレベルが非常に高いと言われている。具体的には、以下のようなセキュリティ対策を講じている。

  • コールドウォレット採用
  • 不正ログイン防止
  • 顧客資産の分別管理
  • 2段階認証
  • 生体認証
  • SSL暗号化通信

このことから、強靭なセキュリティ対策が整っている点も、DMMビットコインの特徴だと言えるだろう。

少額の取引も実行できる

DMMビットコインでは、少額での取引が可能だ。具体的には、以下の表の通りである。ちなみに、詳しいことはDMMビットコインの公式サイト(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/overview)から確認することをおすすめする。

このことから、DMMビットコインの特徴として、少額の取引も実行できる点が挙げられる。

DMMビットコインを使う際の注意点

DMMビットコインにはさまざまなメリットがある一方で、注意点も存在する。具体的には、以下のとおりだ。

  • スプレッドがやや広い
  • レバレッジ倍率が低く設定されている
  • 送金スピードが遅い傾向にある
  • 現物取引できる仮想通貨銘柄の種類が少ない

スプレッドがやや広い

DMMビットコインは、「取引所形式」ではなく「販売所形式」を採用している。一般的に、「取引所形式」よりも「販売所形式」のほうが、スプレッドが広い傾向にあるものだ。

そのため、DMMビットコインではスプレッドがやや広めに設定されている。ちなみにスプレッドとは、仮想通貨の購入価格と販売価格の差のことである。スプレッドが広ければ広いほど、取引実行者の金銭的負担が大きくなるのだ。

DMMビットコインは手数料のほとんどが無料なため、スプレッドがやや広いのはやむを得ないとも言えるだろう。とはいえ、DMMビットコインスプレッドの広さには注意が必要である。

毎週メンテナンスがある

仮想通貨取引をする人の多くが、「いつでも好きなタイミングでチャート分析や取引をしたい」と考えていることだろう。残念なことに、DMMビットコインでは毎週水曜日の12時~14時にメンテナンスを実施している。毎週メンテナンスを行っているからこそ、充実したサービスやサポートを提供できているとも言える。

とはいえ、メンテナンス中は、新規口座開設や仮想通貨取引などのあらゆる操作ができないため、不便に感じる人もいるのではないだろうか。このように、毎週メンテナンスがある点も、DMMビットコインを使う際の注意点のひとつだ。

送金スピードが遅い傾向にある

ブロックチェーン技術を用いている仮想通貨は、法定通貨に比べて遥かにスピーディーに取引できる点が特徴だ。中央集権型ではなく分散型に構築されているからこそ、スピーディーな取引を実現できているのである。しかし、DMMビットコインは、ほかの取引所に比べて送金スピードがやや遅い。特に、複数の人が同じ時間に取引を実行している場合、数時間~数日かかることもあるという。

以上のことから、DMMビットコインを使う際の注意点として、送金スピードが遅い傾向にある点が挙げられる。

現物取引できる仮想通貨銘柄の種類が少ない

仮想通貨取引にまだ慣れていない初心者の人には、レバレッジ取引よりも現物取引の方がおすすめだ。証拠金を担保にして何倍もの金額で取引できるレバレッジ取引は、大きく儲けられる可能性がある一方で、リスクが大きいからだ。

しかし、DMMビットコインではレバレッジ取引ができる銘柄は多いものの、現物取引できる銘柄は12種類だけだ。初心者の方は現物取引を何度か行ったうえで、慣れてからレバレッジ取引に挑戦すると良いだろう。現物取引できる仮想通貨銘柄の種類が少ない点も、DMMビットコインを使う際の注意点のひとつだ。

なお、口座開設の際には使いやすく取引所手数料無料といったメリットがあるコインチェックがおすすめだ。

DMMビットコインがおすすめな人

DMMビットコインの特徴やメリットは理解できたものの、自分に合うか分からず不安に感じている人もいるだろう。

そこで、ここではDMMビットコインがおすすめな人の特徴をご紹介しよう。DMMビットコインがおすすめな人の特徴は、以下のとおりだ。

  • さまざまな仮想通貨銘柄の取引をしたい人
  • サポート体制やセキュリティ面を重要視する人
  •  外出先でもチャート分析や取引をしたい人

さまざまな仮想通貨銘柄の取引をしたい人

国内の仮想通貨取引所は、海外の仮想通貨取引所にくらべて取り扱い銘柄が少ない傾向にある。しかし、豊富な選択肢のなかから取引する仮想通貨を選びたいと考えている人もいるだろう。

その点、DMMビットコインは、レバレッジ取引の取り扱い銘柄数が国内最多であるため、さまざまな仮想通貨銘柄で取引を行える。このことから、DMMビットコインがおすすめな人の特徴として、「さまざまな仮想通貨銘柄の取引をしたい人」が挙げられる。

サポート体制やセキュリティ面を重要視する人

どれだけ機能が充実している仮想通貨取引所でも、サポート体制やセキュリティ面が不十分では、安心して使うことができないだろう。仮想通貨投資は資産形成になり得るのだから、当然のことだ。

DMMグループ傘下のDMMビットコインなら、万全のサポート体制やセキュリティ体制が整っている。そのため、サポート体制やセキュリティ面を重要視する人にも、DMMビットコインをおすすめできる。

外出先でもチャート分析や取引をしたい人

仕事や家事、育児などで日頃忙しくしている人のなかには、「仮想通貨取引に興味があるけど、なかなか時間を捻出できない!」と感じている人もいるだろう。

DMMビットコインなら、スマホアプリが非常に見やすく設計されているため、移動時間や隙間時間にサッとチャートを確認したり、取引を実行したりできる。外出先でもチャート分析や取引をしたい人にも、DMMビットコインはおすすめだと言える。

DMMビットコインがおすすめではない人

DMMビットコインがおすすめではない人の特徴は、以下のとおりだ。

  • さまざまな銘柄で現物取引をしたい人
  • 送金スピードの速い取引所を使いたい人
  • スプレッドが狭い取引所を使いたい人

さまざまな銘柄で現物取引をしたい人

DMMビットコインは、レバレッジ取引できる仮想通貨銘柄が豊富な反面、現物取引できる銘柄は12種類だ。決して少ないわけではないが、レバレッジ取引ではなく現物取引でさまざまな銘柄を扱いたい人には、DMMビットコインは不向きだろう。

送金スピードの速い取引所を使いたい人

先述したとおり、DMMビットコインは送金スピードがやや遅い傾向にある。長期保有する分には問題ないが、デイトレードなど短期間での取引をしたい人にはDMMビットコインは向いていないと言える。

スプレッドが狭い取引所を使いたい人

DMMビットコインは手数料が格安な反面、スプレッドが広い。販売所形式なため仕方ない部分ではあるものの、スプレッドが狭い取引所を使いたい人には、DMMビットコインは向いていないと考えられる。

DMMビットコインの始め方

DMMビットコインで口座開設する方法は、以下のとおりだ。

  1. メールアドレスの登録
  2. 基本情報の入力
  3. 本人確認
  4. 口座開設審査
  5. 口座開設完了 お取引スタート

たったこれだけで口座開設が完了するため、興味がある人は気軽に口座開設をしてみてはいかがだろうか。

DMMビットコインの評判

評判まとめサイトである「みんなの評判」に寄せられたDMMビットコインの評判をご紹介しよう。具体的には、以下の通りだ。

https://minhyo.jp/dmmbitcoin

サイトの分かりやすさや電話サポートの手厚さ、アプリの使いやすさに対する良い評判が見受けられた。一方で、なかにはカスタマーサポートの対応に不満を抱いている人もいるようだ。とはいえ、感じ方は人それぞれなので、評判は参考程度に、実際に使ってみることをおすすめする。

DMMビットコインに関するよくある質問

DMMビットコインを使う際に、疑問に感じることも多いだろう。そこで、ここではDMMビットコインに関するよくある質問として、以下の内容をご説明する。

  • DMMビットコインでは、パソコンがなくても取引出来る?
  • DMMビットコインでは、デモ口座はある?
  • DMMビットコインでの口座開設は、誰でも出来る?
  • DMMビットコインの仮想通貨保管方法は?

DMMビットコインでは、パソコンがなくても取引出来る?

パソコンを持っていない人でも、スマートフォンひとつで取引可能だ。DMMビットコインのアプリは、iPhoneにもandroidにも対応しているため、どなたでも取引可能だ。

DMMビットコインでは、デモ口座はある?

残念ながら、デモ口座は用意していない。簡単に口座を開設できるので、実際に口座開設することをおすすめする。

DMMビットコインでの口座開設は、誰でも出来る?

誰でも開設できるわけではない。年齢が20歳以上、国内在住などの条件を満たしている必要がある。

DMMビットコインの仮想通貨保管方法は?

DMMビットコインでは、仮想通貨をコールドウォレットで保管している。コールドウォレットとは、インターネットから切り離した場所で保管する方法のことで、安全性が担保されるという特徴を持つ。

【まとめ】DMMビットコインの手数料は安い!

本記事では、DMMビットコインの手数料や特徴、メリット・デメリット、口座の開設方法などを説明した。DMMビットコインの手薄量はほとんどが無料なため、他の取引所と比べて安いと言えるだろう。ただし、その分スプレッドがやや広い点には注意が必要だ。

DMMビットコインはサポート体制やセキュリティ体制が整っているため、仮想通貨取引初心者の人からベテランの人まで、多くの人におすすめできる取引所だ。口座の開設方法も簡単なため、ぜひ本記事を参考にしてDMMビットコインの利用を始めてみていただきたい。

なお、口座開設の際には使いやすく取引所手数料無料といったメリットがあるコインチェックがおすすめだ。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする