イーサリアム(ETH)におすすめの取引所とは?選び方のポイントも解説

(公開日:

イーサリアムを取引するのには、どこの取引所が良いのだろうか?取引所が多すぎて、悩んでいる方もいるのではないだろうか。中には、イーサリアムの取り扱いのない取引所もあるので、注意しよう。

そこで今回は、イーサリアムのおすすめの取引所をご紹介している。この記事を読めば、おすすめの取引所の他、イーサリアムの今後の見通しについても予測ができるようになるだろう。

イーサリアムの特徴

スマートコントラクトを備えている

イーサリアムの大きな特徴として、スマートコントラクトを備えているという点が挙げられる。スマートコントラクトとは経済活動をスピーディーにするシステムで、近年大きな注目を集めている。今後のさまざまな経済活動の中心的な存在となる可能性を秘めているので、詳細を解説する。

スマートコントラクトの概念は1994年から世に出始めたが、近年の仮想通貨やブロックチェーンの浸透により注目度が向上した。なぜなら各種の経済的な取引を大幅に自動化できるシステムであり、経済活動を活性化させる力があると認知されてきたからだ。

売買契約を例にすると、通常は購入者と販売者の間には小売業者などの仲介者が存在する。仲介者が売買の仲立ちを行い、仲介手数料を受け取る仕組みだ。購買者と販売者双方の負担は軽減されていたが、経済活動のデジタル化が進むにつれて問題点も指摘されていた。

スマートコントラクトとは、仲介者をなくして売買を自動的に履行するプログラムのことを指す。仲介者をなくすことによって仲介手数料が発生しなくなり、取引時間も大幅に削減できる。従来の売買方法と比較して各段に経済活動が活性化することが見込まれている。

スマートコントラクトがなぜ取引の自動化を促すのかというと、ブロックチェーン上にプログラムとして組み込まれているから。ブロックチェーンとは、ビットコインが今日のように世界中で利用されるようになった要因であるデータベースだ。

元々ブロックチェーンにも取引の仲介者が必要ないという特徴があった。ただし恩恵を受けるのはビットコインを取引するユーザーに限られていた。スマートコントラクトのプログラムが組み込まれることで、一般的な商品の売買取引も自動化の恩恵が受けられることが期待される。

つまり仮想通貨イーサリアムを所有していれば、従来のような仲介者が必要な売買取引を行う必要がなくなる。仲介手数料が不要になり、取引の自動化によって時間の節約にもつながる。今後あらゆる商品の新しい買い方として認知され、イーサリアムの価値が上がる可能性もあるだろう。

発行上限と半減期がない

イーサリアムの特徴として欠かせないのが、発行上限と半減期がないということだ。発行上限と半減期がないことにより、今後イーサリアムの資産としての価値が向上する可能性がある。どのようなメリットがあるのかを解説する。

発行上限とは文字通り仮想通貨の発行数量を制限するもので、ビットコインには発行上限が設定されている。半減期とはマイニング報酬(採掘報酬)の減額を指し、通常は発行上限があれば半減期も存在する。発行上限と半減期は、いずれも仮想通貨の価値を下げないために設けられている。

多くの仮想通貨は発行上限があることによって、流通量が増えすぎてインフレにならないように調整されている。国家が発行する貨幣のようには価値が保証されていないため、発行者自らが仮想通貨の価値を維持するために設けたシステムだ。

半減期も仮想通貨の価値を維持するために存在するが、仮想通貨自体の価格が半減するわけではなくマイニング報酬が半減する。半減期の前後には仮想通貨の価格が大きく変動するので、ビットコインのように半減期を狙って取引が盛んになる仮想通貨は多い。

発行上限と半減期が設定されていないことにより、イーサリアムの価値が下落するのではないかと心配する人もいるだろう。しかし元々イーサリアムは投機的な目的ではなく、先述したスマートコントラクトのベースとして機能させる目的で提供されている。

つまりブロックチェーンのようなテクニカルな経済活動の一部を担う役割があるので、投機的な値動きはないほうが都合が良い。この安定志向と明確な目的があるためイーサリアムは高く評価されており、次世代の通貨として期待されている所以である。

イーサリアムには半減期がないので、少なくとも半減期の影響で価格が変動することはない。価格が安定しているので資産として所持しやすく、今後もマイニングが継続されるので通貨の供給も安定している。新たに購入するユーザーにとっても安心して購入できるだろう。

イーサリアムには半減期がないが、ビットコインの半減期がイーサリアムの価格に影響を与えることはある。イーサリアムを所有するユーザーが、ビットコインの半減期を狙って交換すると双方に値動きがある。btc/ethの取引を行いたい人は注意してほしい。

イーサリアムを生み出したヴィタリック・ブテリン氏は、発行上限と半減期を導入しなかった理由は特にないと述べている。ユーザーからはイーサリアムの価値を守るために発行上限と半減期を導入する声もあるようだ。仮想通貨全体のトレンドも影響する可能性がある。

今後はイーサリアムにも発行上限と半減期が導入される可能性があり、まだ導入されていない現在が購入の好機だとも言える。特徴がさらに注目を集めれば価値が向上する可能性もあるので、イーサリアムをお得に取引したい人は検討してみても良いだろう。

最小発注数量で選ぶ

イーサリアムの大きな特徴として、最小発注数量が少ないという点も見逃せない。例えばビットフライヤーならば最小発注数量は0.00000001ETHで、1円から購入できる。イーサリアムをできるだけお得に購入したい人は注目してほしい。

ビットフライヤーの他にイーサリアムの最小発注数量が少ない取引所は、bitbank・BITPOINT・Zaifである。0.0001ETHから購入が可能だ。次いで最小発注数量が少ないのはCoincheckで、円建てで500円から購入できる。

イーサリアムは本来はプラットフォームの名称で、通貨の単位はイーサ(ETH)である。しかし日本ではイーサリアムは仮想通貨の名称としても浸透している。イーサリアムの仮想通貨のことをイーサコインと呼ぶこともある。

またイーサリアムクラシックという仮想通貨もあり、イーサリアムから派生して誕生した。イーサリアムクラシックも本来はプラットフォーム名で、イーサリアムと同じようにスマートコントラクトの性質を持っている。イーサリアムクラシックの単位はETCと称する。

イーサリアムの購入方法をビットフライヤーを例に解説する。まずスマホ専用のアプリ「bitFlyer ウォレット」を起動してログインし、メニュー画面を表示する。イーサリアムのロゴをタップして購入画面に進み、数量を入力して購入すれば販売所での購入手続きが完了となる。

イーサリアムは積立投資を行うこともでき、CoincheckやGMOコインでは少額からの積立が可能だ。過去3年間で10倍以上も値上がりしており、たとえ少額の積立でも大きな成果をもたらす可能性がある。確かなベースがあるイーサリアムは、今後も価値が向上する可能性は十分にあるだろう。

イーサリアム(ETH)の取引所を選ぶポイント

イーサリアムの取引所を選ぶポイントはいくつかあるが、取引量の多さを最も重視すると良い。なぜなら取引量が少ないと売買が成立しにくいため、取引の好機を逃す可能性が高いからである。取引量を確認するには、取引が行われている板に表示される出来高を見ると分かりやすい。

その他に取引所を選ぶポイントは、手数料の安さと最小発注数量が挙げられる。特にイーサリアムをできるだけお得に取引したい人は、手数料を重視していただきたい。初めて取引する人にとっても、最小発注数量は少なければ少ないほど敷居が下がるだろう。

手数料で選ぶ

イーサリアムの取引に必要な手数料は、取引所ごとに決められている。特に頻繁に取引をしたい人は取引手数料が重要だ。イーサリアムの取引にかかる費用を可能な限り抑えたい人は、手数料が少ない取引所を選ぶと良いだろう。

手数料が無料と表示されていても、仮想通貨独自のシステムにより費用がかかることもあるので注意が必要だ。例えばスプレッドというものがあり、売買の差額によって実質的な手数料が発生する。スプレッドは取引所によって差があるので、事前によく比較検討していただきたい。

最小発注数量で選ぶ

イーサリアムの最小発注数量も、取引所ごとに決められている。ビットコインに比べるとイーサリアムはまだ安価なので、最小発注数量の購入に必要な金額も低くて済む傾向がある。少額から購入できることは、リスクを抑えて取引を始められるというメリットがある。

仮想通貨は将来性があると言われているが、値上がりを保証されているわけではない。リスクを分散するという意味でも、1つの仮想通貨に始めから大金を投入するよりは少額から購入したほうが安全である。初心者にとっても少額から仮想通貨を購入できることは魅力的なはずだ。

イーサリアムのおすすめ取引所

イーサリアムのおすすめ取引所として挙げたいのは、Coincheck・bitFlyer・DMM Bitcoinである。それぞれの取引所に特徴があるが、手数料が安いことが共通している。イーサリアムを少しでも安く買うなら、手数料を重視すべきだろう。

DMM Bitcoinは送金手数料が無料なので、送金を頻繁に行いたい人には最もおすすめできる取引所だ。状況によっては送金時間がかかることがあるが、手数料を払うことにより早く送金できる場合がある。換金のしやすさも、円滑な取引を行うためには気になるポイントだ。

スプレッドの差も、イーサリアムを購入するときには注意する必要がある。特に仮想通貨の取引に慣れていない人は、取引所ごとのスプレッドの差を事前に確認していただきたい。また、レバレッジ取引に特徴のある取引所も存在する。

イーサリアムを購入できる取引所は、他にはビットバンクやzaifなどがある。ビットバンクとzaifは0.0001ETHから購入が可能で、少額から取引できることが特徴だ。ここでは特におすすめの3つの取引所の特徴と、各種手数料などを解説する。

Coincheck(コインチェック)

出典:Coincheck公式サイト

Coincheckはイーサリアムやビットコインを始めとする17種類もの仮想通貨を取り扱っており、取扱い通貨数は日本一だ。マネックスグループの子会社によって運営されており、高度なセキュリティ対策によって高い信頼性を得ている取引所である。

Coincheckの最大のメリットは取引のしやすさにある。専用のアプリはインターフェイスが見やすく、初めて仮想通貨の取引を行う人でも分かりやすいと評判だ。最低取引単位はイーサリウム価格に関わらず円建てで500円と低い値段で、気軽に取引を始められる。

Coincheckは2020年にレバレッジ取引のサービスを終了しており、その分手数料が抑えられているというメリットもある。レバレッジ取引を行いたい人にはデメリットにもなるので、どちらを優先するかはユーザーの目的次第だ。

まず、Coincheckの入金手数料などは以下の通り。

銀行振込(日本円)無料(振込手数料はユーザーの負担)
コンビニ入金(3万円未満)770円
コンビニ入金(3万円以上30万円以下)1,018円
クイック入金(3万円未満)770円
クイック入金(3万円以上50万円未満)1,018円
クイック入金(50万円以上)入金金額×0.11%+495円
出典:コインチェック公式

Coincheckのその他の各種手数料は以下の通り。

出金手数料407円
仮想通貨入金手数料通常無料
仮想通貨出金手数料ビットコインは0.0005BTC
取引手数料無料(販売所での取引にはスプレッドが発生)
最低購入額円建てで500円相当額
出典:コインチェック公式

bitFlyer(ビットフライヤー)

出典:bitFlyer公式サイト

bitFlyerは国内最大規模の取引量を持つ仮想通貨取引所で、国内のブロックチェーンを主導する立場である。イーサリアムやビットコインを始めとする13種類の仮想通貨を取り扱っている。各種手数料の多くが無料で、お得にイーサリアムの取引ができるだろう。fxの取引も盛んだ。

bitFlyerはイーサリアムの最小発注数量が特に少ないこともメリットである。0.00000001ETHから購入でき、日本円に換算するとわずか1円。イーサリアムを初めて購入する人や、少額の購入から始めてみたい人には特におすすめだ。

bitFlyerには専用のアプリ「bitFlyerウォレット」があり、ユーザーからはチャートが見やすく扱いやすいという評価を得ている。またレバレッジ取引が可能で、レバレッジ倍率は2倍となっている。bitFlyerの各種手数料などは以下の通り。

入金手数料(銀行振込)無料(振込手数料はユーザーの負担)
入金手数料(クイック入金)住信SBIネット銀行のみ無料(他銀行は330円)
出金手数料(三井住友銀行)3万円未満は220円、3万円以上は440円
出金手数料(三井住友銀行以外)3万円未満は550円、3万円以上は770円
イーサリアム入金手数料無料(マイナーに支払う手数料はユーザー負担)
イーサリアム出金手数料0.005 ETH
取引手数料(現物取引)無料(スプレッドはユーザーの負担)
取引手数料(レバレッジ取引)1日あたり建玉金額の0.04%
Lightning現物取引手数料(ETH/JPY)約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
Lightning現物取引手数料(ETH/BTC)約定数量 × 0.2%
最低購入額(取引所)0.00000001ETH
最低購入額(販売所)0.01ETH
出典:bitFlyer公式

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinは、DMMグループ傘下の株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所である。多くの金融商品を展開し、実績豊富なDMMグループによる運営は高い評価を得ている。高度なセキュリティ対策が行われており、イーサリアムの取引も安心して行えるだろう。

DMM Bitcoinは手数料の安さにも定評がある。各種手数料を他の取引所と比較しても、無料でできることが多いというメリットがある。イーサリアムをできるだけお得に取引したい人におすすめの取引所だ。

DMM Bitcoinには専用のアプリがあり、取扱いが容易で取引画面も見やすく初心者にもおすすめだ。またレバレッジ取引が可能で、レバレッジ倍率は2倍となっている。DMM Bitcoinの各種手数料などは以下の通り。

入金手数料(銀行振込)無料(振込手数料はユーザーの負担)
入金手数料(クイック入金)無料
出金手数料無料
仮想通貨入金手数料無料(マイナーに支払う手数料はユーザー負担)
仮想通貨出金手数料無料
取引手数料(現物取引)無料(スプレッドはユーザーの負担)
取引手数料(レバレッジ取引)ポジション金額の0.04% / 日
BitMatch取引手数料(現物取引)2円~
BitMatch取引手数料(レバレッジ取引)2円~
最低購入額0.0001BTC
出典:DMM Bitcoin公式

イーサリアムの価格変動に影響しうる事柄

2021年はイーサリアムの評価がさらに高まった一年となりそうだ。米国ではイーサリアムによる先物取引が開始され、大手投資会社のイーサリアム所有額がビットコインを上回ったとの発表もされた。現在イーサリアムは大型アップデートが進行中とも言われており、価格変動に影響しそうだ。

イーサリアムの特徴であるスマートコントラクトは、日本でも注目度を増している。売買活動の自動化が促進されれば、イーサリアムの価格変動に影響する可能性が高い。10年後にはイーサリアムの価値がさらに上昇していることが予想される。

最後に

イーサリアムは単なる投機目的の仮想通貨ではなく、ブロックチェーンの基盤となるシステムを構築するという役目を与えられている。スマートコントラクトによって売買活動の自動化促進の可能性を秘めており、イーサリアムの将来性は高いと言える。

イーサリアムをできるだけお得に取引したい場合は、各種手数料と最小発注数量に注目して取引所を選択すると良いだろう。本記事でおすすめした取引所は、専用のアプリがあり初心者でも取引がしやすい。イーサリアムの取引のために、ぜひ口座開設を検討していただきたい。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする