イーサリアムの将来価格は?将来性があると言われている要因を徹底解説!

(公開日:

近年、仮想通貨という言葉を耳にする機会が多くなっている。そのため、仮想通貨の取引に興味を持っている方は多いのではないだろうか。今回の記事では、仮想通貨の中でも将来性が高いイーサリアムを紹介する。

イーサリアムの将来価格の予想や価格が上がる要因を記載しているので、イーサリアムをあまり知らない方でもイーサリアムの取引を行える知識を身につけられると思う。

他にもおすすめの仮想通貨取引所を紹介しているので、これから仮想通貨を始める方は自分に合った仮想通貨を見つけることができるはずだ。

なお、イーサリアム以外のコインも多く扱いたい方は取引種類の多い取引所であるCoincheckがおすすめである。

そもそもイーサリアムとは

そもそもイーサリアムはプラットフォームのことで、仮想通貨を意味するものはイーサと呼ぶが、日本ではどちらもイーサリアムと呼ぶことが多い。それを踏まえた上で、イーサリアムの特徴を解説していこう。

発行枚数の上限が設定されていない

仮想通貨の中には発券枚数を定めることによって通貨の価値を維持しようとするものもある。その理由は価格が低下するリスクを回避する為だ。しかし、現在まで不安定な値動きを続けている仮想通貨にその考えが当てはまるのかは分からない。最も認知度があるビットコインは2100万枚までしか発行しないと定めている。一方、イーサリアムは現段階では発行枚数の上限は定めていない。

その代わりに2021年にロンドンハードフォークによりバーンが実装された。バーンにより供給量を制限することができ、イーサリアムの希少性と価値を担保している。

現在発行上限枚数が定められていないとはいえ、ゆくゆくは上限を定める可能性もある。もしそうなれば価値が変動する可能性もあるので、引き続きイーサリアムの動向を見守りたい。

スマートコントラクトを導入している

イーサリアムの特徴としてスマートコントラクトを導入していることが挙げられる。

スマートコントラクトは一定の条件を設定しておけばそれを満たすと自動で取引を行う機能のことで、この機能のおかげでコストや時間の削減を実現することが可能になった。契約執行、価値移転、決済の流れを管理者抜きで行えるようになっていて、例えるなら自動販売機のようなイメージだ。スマートコントラクトは様々なサービスの基盤となっている。

さらに取引の透明性を高くして不正取引も防止することに成功していることも大きな魅力だ。スマートコントラクトのおかけでデータの改ざんやハッキングされるリスクが低くなっている。

スマートコントラクトは管理者がいなくても取引ができることで非常に評価されている機能で、その利便性の高さから今後は他の取引所でも取り入れる業者が増えることが予想される。

DAppsを構築できる

上記に説明したスマートコントラクト技術だが、最近ではこの技術を利用したDAppsが日本でも話題を呼んでいる。

DAppsとはブロックチェーン上で動いているアプリケーションのことで、通称”分散型アプリケーション”とも呼ばれることがある。分散型と呼ばれる通り、
DAppsでは資産を分散管理することが可能となっている。また、DAppsは金融、不動産、ゲームなど様々な分野での実用化が進んでいる。

特にゲームにおいては、DAppsゲーム内で通貨を獲得するとそれが自分の資産になる。これはスマートコントラクト技術によって資産を持つことや渡したりすることがデジタル世界でも可能になったおかげだ。

今では仮想通貨やブロックチェーンの技術が私たちの生活に広く浸透してきている。スマートコントラクトはこれからも仮想通貨を私たちの生活の身近にしていく手助けをするだろう。

イーサリアムの将来価格はどうなる?

2025年に2万ドル超え?英紙インディペンデントでの予測

2021年に英紙インディペンデントは30名以上の学者に、今後のイーサリアムの価格予想に対しての調査を行った。その結果、2025年に2万ドルを超えるだろうと予想する声が多くなった。

それはスマートコントラクトの開発が進むことで、それに伴いイーサリアムの価値も上がると考えられているためだ。DeFi市場の拡大にどれだけ貢献できるのかがイーサリアムの価格に直結しそうだ。

2030年に7.2万ドル超え?米ファインダー社の予測

2021年に米ファインダー社は40名以上の専門家にイーサリアムの今後の価格予想に対しての調査を行った。その結果、なんと2030年までに7.2万ドルを超えるという結果が出た。中には10万ドルを超えるだろうと大きく予想する者もいた。

イギリスの調査と同じく、こちらの意見もDeFiを始めとしたイーサリアムのブロックチェーンを使った急速な成長を期待しており、最も価値がある仮想通貨になるだろうという予想となった。

今やビットコインよりも期待されていると言っても過言ではないイーサリアム。もちろん今後の動向次第だが、これらの声を知るとどうしても価格上昇を期待せずにはいられない。

なぜイーサリアムの価格が上がる予想が多いのか

イーサリアムは人気の仮想通貨で価格も高い。そしてこの先も価格が上がると予想する投資家も少なくない。そこでこの章ではなぜイーサリアムの価格が上がる予想が多いのかを解説していく。

4つのアップデートが終わっているわけではない

イーサリアムは4つのアップデートが済めば完成することが決まっている。
現在はまだ2つのアップデートしか完了していないが、今後少しずつアップデートが進んでいく。

そして注目したいのが、アップデートをする度に価格が上昇する点だ。この情報を知っておくだけでも投資のタイミングが洗練されるはずだ。アップデートを行うということはイーサリアムが整備されていくことでもある。仮想通貨の中でも特に人気の通貨なだけにアップデートの前後は注目が集まり、以前はアップデートをきっかけに2倍ほど価格が上昇した事例もある。

アップデートを重ねてイーサリアムの価値が上がり、それに比例して価格が上がっていく。不定期に行われるアップデートを見逃さないためにも鮮度の高い情報を集めていきたい。しかし、アップデートをすると発表していても延期が続くこともあるので、投資をする際は細心の注意が必要だ。

イーサリアム企業連合として有名企業との連携も強い

イーサリアムはイーサリアム企業連合というものを発足しており、これはイーサリアムを企業向けに活用することを目的として設立されたものだ。イーサリアム企業連合はEEAと称されることもある。

イーサリアム企業連合を設立することにより、企業がイーサリアムを活用することに対してのサポートをすることができるようになった。そしてイーサリアムを活用したい企業の中には国内外問わず有名な会社が数多く存在しており、これはイーサリアムに将来性を高く感じているためだ。今では企業からの手厚いバックアップを受けており、その影響で世界中から高い信頼を得ることに成功している。

イーサリアムは今後も有名企業との連携を増やして活躍の場を広げていくことだろう。今後の動向から目が離せない。

DeFi市場の成長に伴う期待性

イーサリアムはスマートコントラクトを発明して、DeFiの受け入れ基盤として大きなシェアを獲得している。つまりDeFi市場が成長すれば、それに比例してイーサリアムの価値が上がるのだ。

しかし現在では、いわゆるイーサリアムキラーと呼ばれるブロックチェーンがそのシェアを奪おうとする動きが強まっている。実際に2020年にはDeFi市場のシェア率はほぼ100%イーサリアムだったのに対し、2022年に入った現在は70%を割っている。他のブロックチェーンがDeFi市場にどう進出してくるかがイーサリアムの価値に強く影響してくることは間違いなさそうだ。

ICOとしての利用価値

イーサリアムとICOはよくセットで語られるほど関係性が深い。

ICOは暗号資産を新規に発行する際に資金を調達する仕組みを指す。これは事業計画を発行し、それに賛同した投資家が出資をしてもらい資金を集める仕組みだ。

ではなぜICOがイーサリアムとセットで語られることがあるのかというと、イーサリアム自体がICOにより発行された仮想通貨だからだ。また、イーサリアムは新しい仮想通貨を作り出す機能を備えているため、ICOとの相性は抜群なのだ。

ICOから生まれたイーサリアムが更なる仮想通貨を生み出すためにICOを使っているという切っても切れない関係性となっているのだ。

米国でイーサリアムのETFが上場する可能性

現在イーサリアムの価格に連動するETFが登場する期待が高まっている。先日ビットコインがETFデビューした後にビットコインが史上最高値を更新した。この前例を考えると、もしもイーサリアムが上場すれば価格上昇に期待することができると言える。そしてビットコインETFが登場したということはイーサリアムETFも現実的だということが分かる。

そして年内にイーサリアムのETFが実現することを想定して、イーサリアムを買い増しする投資家も現れている。どうなるかはハッキリとは分からないがイーサリアムのETFが実現する可能性があることは確かなので、今後もイーサリアムの動向をチェックしておきたい。

NFT業界の成長性に伴うイーサリアムの需要性

近年NFTが大きな話題を呼び、注目されて賑わいを見せている。それと同時にイーサリアムにも注目が集まっている。NFTはスマートコントラクト技術を使い改ざんを不可能な状態にすることで、アート作品をデジタル化する価値を見出すことに成功した。

ブロックチェーン上にデータを記録することでアートが本物だと証明することができるのは画期的で、クリエイターだけでなくコレクターも夢中になっている。NFTは飛ぶ鳥を落とすほどの勢いがあるだけにこれからも注目していきたい。

イーサリアム関連のニュースを定期的に確認する

仮想通貨は情報の鮮度が大事なので関連するニュースを確認する必要がある。そこでおすすめのニュースサイトを紹介する。

Coindesk Japanをチェックする

Coindesk JapanはCoindesk Japan株式会社が運営するWebメディアだ。世界最大級のブロックチェーン・仮想通貨に特化したアメリカのメディアCoindeskの日本版で、仮想通貨やブロックチェーンを中心に、金融、経済、ビジネスの情報を投資家のために提供している。

アメリカのCoindeskの翻訳記事や日本国内向けの記事、インタビュー記事を配信しており、仮想通貨の新鮮な情報を発信している。信用できるニュースを提供し、投資家に正しい知識を与えている。

投資関連の記事は間違った情報も出回りやすいがCoindesk Japanは正しい知識を提供しているので、イーサリアムの最新の情報を知りたい投資家にはCoin desk Japanをおすすめする。

CoinPostをチェックする

Coin Postは株式会社Coin Postが運営する国内最大級の仮想通貨・ブロックチェーンメディアだ。有益な情報が埋もれている日本の仮想通貨の情報を仮想通貨投資家に届ける目的で発足された。そして日本に留まらず、日本から海外へ発信するメディアを目指している勢いのあるメディアだ。

世界に発信するという大きな目標を掲げているCoinPostは仮想通貨の情報の指針となることを目指している。また、取引所や仮想通貨界隈を引っ張っている人物にインタビューをするなど、常に新鮮な情報を届けるためにあらゆる方面からの情報収集を行なっている。

そのため、今後のイーサリアムの最新の情報を知る手段としてCoinPostをチェックすることをおすすめする。

イーサリアムを取引するのにおすすめな仮想通貨取引所3選

Coincheck

イーサリアムを取引するのにおすすめの仮想通貨取引所はCoincheckだ。

Coincheckは東証一部企業のグループ会社のコインチェック株式会社が運営していて、さらにマネックスグループがバックにいるため運営に対して信頼感がある。そして2012年から創設されているCoincheckは取引所の中でも古株で、長く運営できているだけでも信頼することができると言える。

2018年にはハッキングされてしまったが、それに伴いセキュリティが見直され、今では国内の金融庁が安全性を認めるほど安全な取引所に生まれ変わっている。

もちろんセキュリティ面だけじゃなく、取り扱っている銘柄が多いことも魅力だ。イーサリアムを取引するうちに他の銘柄に興味が出てもCoincheckで完結することができるだろう。

スマホのアプリもあり、とにかく取引する時の操作が簡単で使いやすい。500円から投資を始めることができるため、初めて投資をしようと思っている初心者におすすめの取引所だ。

BitFlyer

BitFlyerはメガバンクから出資をうけている国内有数の仮想通貨取引所だ。さらに日本だけでなく世界にもサービスを展開しており、今後もますます活躍の場を広げることになりそうだ。

BitFlyerはビットコインの流通量は国内で最も多いことで広く認知されているが、イーサリアムの取引でも問題なく使うことができる。管理方法としてコールドウォレットを導入しており、これは世界的にもセキュリティが高いと定評がある。

そしてBitFlyerは「かんたん積立」という積立投資ができるサービスもある。金額や頻度を細かく設定できるため、自分好みの投資を自動で行える。

DMMビットコイン

DMMビットコインはDMMグループが運営する仮想通貨取引所だ。

DMMグループはこれまで培ってきた金融ノウハウを駆使して投資家が利用しやすいサービスを展開している。レバレッジの取扱銘柄は国内の取引所では最も多いことが特徴だ。口コミの中にはレバレッジ取引が魅力だという声も多く、またそれが最大の強みだということが分かる。

BidとAskが表示されているだけの販売所で、取引方法が簡単なので初心者でも取引することができる。取引ツールも豊富なため、投資経験のある方でも満足できる内容となっており、経験年数に関わらず幅広い層から支持される取引所だと言える。

最後に

今回はイーサリアムの将来性について解説した。

数ある仮想通貨の中から、なぜこれほどまでにイーサリアムが注目され、投資されているのかを少しでも理解してもらえたら嬉しくおもう。そしてイーサリアムに対しての知識をつけることによって興味を持ってもらい、投資をしてもらえるのであればこんなに嬉しいことはない。

これからますます認知度が上がっていくであろう仮想通貨の世界。時代に乗り遅れないためにも今後も新鮮な情報を追って発信していく。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする