ファクトム(FCT)の最新ニュース

ファクトム(FCT)に関する最新ニュースを知りたい場合は、公式サイト公式ツイッターアカウントを参照のこと。

ファクトム(FCT)の概要

ファクトム(FCT)は書類などのデータをブロックチェーン上に記録し、分散管理できるデータ管理プラットフォームである。プラットフォーム内で使用される通貨はFCT(ファクトイド)と呼ばれる。取引の承認システムは、PoW(Proof of Work)を採用している。

ファクトム(FCT)の特徴

ファクトム(FCT)の特徴は以下の通り。

分散型プラットフォーム

ファクトム(FCT)を活用すれば、電子データの記録と複数のネットワーク参加者による分散管理が可能となる。市役所や法務局で事務的な手続きをする際に必要となる書類は管理が煩雑で目的の書類を探すには相応の手間がかかる。ファクトム(FCT)を活用すれば、重要書類の管理が容易になり、改ざんや情報漏洩リスクを低減することができる。

ビットコインをベースに開発

ファクトム(FCT)の2つ目の特徴として、ビットコインをベースに開発されたことが挙げられる。ファクトム(FCT)では、ビットコインに用いられているブロックチェーンの中に電子情報データを保存する仕組みが用いられている。記録をブロックチェーンで分散管理することにより、データ改ざんを防ぎながら安全に管理することができる。

ファクトム(FCT)の購入方法

ファクトム(FCT)は国内または海外の取引所で購入することができる。CoinDesk Japanでは、金融庁に認可された国内の仮想通貨取引所でファクトム(FCT)を購入することをおすすめする。具体的には、以下の通り。

coincheck(コインチェック)

Coincheckを運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:コインチェック事件)に見舞われたが、東証一部上場のマネックスグループの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。サービスの使いやすさに定評があり、スマホアプリの累計ダウンロード数は2021年11月18日時点で440万を突破。取引手数料は無料。国内では最多となる17通貨に対応しており、国内ではCoincheckでしか取り扱っていないアルトコインも多い。代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の理事(非常勤)を務めている。

取扱仮想通貨 17種類
手数料 取引所:0%
最低取引数量 円建てで500円相当額
スマホ対応 投資初心者でも見やすく分かりやすい優れたUI/UX
セキュリティ 国内外複数の情報セキュリティ企業等を通じ、情報システムの信頼性、安全性、効率性のモニタリングを実施
Coincheckの口コミ•評判口コミを見る
  • アプリは使いやすく、注文方法も簡単。手数料もリーズナブルで使いやすく、欠点を探すのが難しいくらいの取引所だと思います。

    ★★★★★5点
    (50代・女性)
  • とくに、チャートの見やすさがバツグン。取引ができる通貨の種類が多いところも、Coincheckのウリだと思います

    ★★★★★5点
    (20代・女性)
  • 良いところは初心者でもまごつかないアプリが用意されていること。仮想通貨初心者ですが、使い方をマスターできることが嬉しい。

    ★★★★4点
    (50代・女性)

ファクトム(FCT)の価格・レート・チャート

ファクトム(FCT)の価格・チャートを確認する方法は以下の通り。

CoinMarketCap

CoinMarketCapのこちらのページを閲覧すれば、ファクトム(FCT)の価格・レート・チャートを確認することができる。

Coingecko

Coingeckoのこちらのページを閲覧すれば、ファクトム(FCT)の価格・レート・チャートを確認することができる。

ファクトム(FCT)の今後の将来性を決める要因

ファクトム(FCT)の今後の将来性を決める要因を整理する。

国内取引所への上場

2022年3月6日現在において、ファクトム(FCT)を取り扱っている国内の仮想通貨取引所はコインチェックのみである。今後、ファクトム(FCT)を取り扱う仮想通貨取引所が国内で増えれば、ファクトム(FCT)の価格形成にポジティブな影響を与える可能性がある。

大手企業との提携

ファクトム(FCT)はビル&メリンダ・ゲイツ財団やマイクロソフなどと提携を行ったことが過去に報じられている。今後も提携する企業や大学が増えれば、価格が上がっていく可能性がある。

プラットフォーム開発の進捗

ファクトム(FCT)のプラットフォーム開発が進み、より性能が向上すれば、ファクトム(FCT)価格にポジティブな影響があるだろう。

ファクトム(FCT)に関するQ&A

ファクトム(FCT)に関するQ&Aを整理する。

ファクトム(FCT)はいくらから買える?

ファクトム(FCT)の最低注文数量は、円建てで500円相当額、ビットコイン建てで0.001BTCである。

ファクトム価格はなぜ上がらない?オワコン?

ファクトム(FCT)は上場している取引所が少なく、日々の取引高が少ないため、投資対象として魅力に欠ける面がある。また、プロジェクトの進捗が見えづらいこともデメリットとして挙げられる。初心者で暗号資産取引を始める場合は、ビットコインやイーサリアムなどの主要な暗号資産から取引をスタートすることを推奨する。

最後に

ファクトム(FCT)は、価格変動(ボラティリティ)が大きく、ハイリスク・ハイリターンな側面が存在するため、その性質を正確に理解した上で、取引を行うことが求められる。本記事で紹介した内容をもとに、安全な取引を開始することを推奨する。

(公開日:

この記事をシェアする