FXの指値注文とは?逆指値注文との違いや注文のコツを解説

(公開日:

FXには、リアルタイムでの為替レートで新規注文や決済注文する方法以外に、指定した価格で新規注文や決済注文するようにあらかじめ設定しておく「指値注文」という注文方法が存在する。

この記事では、FXの指値注文の特徴や他の注文方法との違い、具体的なケースにおける指値注文の取引方法について紹介する。

FXの指値注文とは

指値注文はFXの基本的な注文方法の一つとなる。指値注文とはどのような注文方法なのか、成行注文や逆指値注文との違いを見ていこう。

指値注文の特徴

指値注文とは「いくらで売りたいのか、またはいくらで買いたいのか」を指定して取引する注文方法だ。

米ドル/日本円の現在価格が100円だった場合、「99円になったら買い注文」「101円になったら売り注文」というふうにあらかじめ指定しておくことができる。

指値注文は、リアルタイムでチャートを見ていなくても、事前に指定した価格で自動的に売り買いの注文ができることから、日中仕事で忙しい方や深夜取引をおこなう人に利用しやすい方法といえるだろう。

成行注文との違い

成行(なりゆき)注文とは、事前に注文の価格を設定せずに、現在の為替レートの動きを見ながらおこなう注文方法だ。

数ある注文方法の中でもスピーディーに取引が完結する方法である。指値注文と成行注文は注文するタイミングに大きな違いがある。

指値注文は事前に指定した価格で買いまたは売り注文を指定しておくのに対し、成行注文はリアルタイムで為替レートの動きを見ながら、約定したい価格になったタイミングで注文をいれる。

逆指値注文との違い

逆指値注文とは「現在の為替レートよりも不利な為替レートになった場合に約定するよう注文を入れておく」方法だ。

米ドル/日本円の現在価格が100円だった場合「99円になったら売り注文」「101円になったら買い注文」というふうに指値注文とは逆に指定する。

これだけ聞くと、不利な注文を入れることに何のメリットがあるのかわかりにくいのではないだろうか。

しかし、逆指値注文を上手く活用することで、損失をコントロールすることができたり、利益を確保することが可能になる。

たとえば夜しかチャートを見ることができない人の場合、あらかじめ逆指値注文を入れておくことで、日中に大きく価格が下落することがあっても、自分で設定したラインで損失を確定させることができる。

つまり、許容範囲を超える損失を出さないように「損切り」することができ、反対に含み益が出ている時は「利益確定」をしてその時点までの利益を確保することができる。

指値注文の取引方法

それぞれの注文方法を説明したところで、具体的な指値注文の取引方法について見ていこう。

指値注文は、指定した金額になると自動で注文が確定するので、指値注文を上手に使いこなせるようになれば、普段忙しくて取引する時間がない人でも効率よく取引に参加できる。

買い注文の場合

買い注文は、現在の為替レートよりも価格が下落したタイミングで購入したい場合に指値注文を設定する。価格が下落することで、現在の為替レートよりも有利なレートで購入できる。

現在のドル/円の為替レートを1ドル100円とした場合、レートが99円まで値下がりしたら「新規で買い」というふうに指値注文を入れる。

指定した99円に実際のレートが到達すれば、自動的に買い注文が確定する。

売り注文の場合

売り注文は、現在の為替レートよりも上昇したタイミングで売りたい場合に、指値注文を設定する。価格が上昇することで、現在の為替レートよりも有利なレートで売却が可能だ。

現在のドル/円の為替レートを1ドル100円とした場合、101円まで値上がりしたら「新規で売り」というふうに指値注文を入れる。

指定した101円に実際のレートが到達すれば、自動的に売り注文が確定する。

指値注文を上手く活用するためのポイント

指値注文はエントリーをおこないたい水準があらかじめ決まっている場合にとても便利な方法である。

しかし注意点としては、リアルタイムで相場を見ながら少しでもコストのいいところでポジションを作ろうとするあまりに、1銭や2銭までコストの低下を狙って指値をおこなうことである。

できる限りコストのいいところでエントリーすることは大事だが、指値を多様することによって、あと数銭のところで指値が刺さらずに相場が思った方向に向かうことも往々にしてあるだろう。

トレード期間がスキャルピングなどなら1銭とかはとても大事であるが、中長期的なトレードの場合は数銭の差は誤差であるといえる。

エントリーできないリスクも考えて、成行注文との使い分けをしっかりとおこなうようにしよう。

これからFXを始める人に読んでほしい記事一覧

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする