FXは少額でいくらから始められる?メリットや運用のポイント・おすすめのFX会社を紹介

(公開日:

FXは少額でいくらから始められる?

FXは「どのくらいの資産から始めることができるか」はとくに気になるところではないだろうか。まずは最低金額としていくらくらいから始められるのかを見ていこう。

最低金額としては数千円からスタートができる

結論から言うと「最低数千円からスタートが可能」である。 ただし、これにはいろいろな条件が存在する。

まず、FXには取引を行うに当たって最小取引単位というものが存在する。

この最小取引単位というのは、FX会社でそれぞれ設定されているが、多くのFX会社は1,000通貨単位か1万通貨単位で設定している。

最低取引単位で取引を行う場合の計算方法

日本では最大レバレッジは25倍で設定されている。

※計算上の前提条件として米ドルを1,000通貨で取引を行うものとし、1米ドル:100円で計算している。

1,000通貨単位の米ドルを買うということは1,000米ドル×100円=10万円の資金が必要となる。

10万円というのはレバレッジを利用しない場合の必要金額のことだ。

レバレッジは最大25倍ということは証拠金として入金している金額の25倍のリスク量が取引可能ということを意味しているため、10万円分の米ドルを売り買いする場合は下記のようになる。

  • 10万円÷25倍=4,000円

そのため、1,000通貨の米ドルをFXで取引する場合は4,000円が最低必要金額の証拠金となる。

FX会社の最低取引通貨単位が1万通貨の場合、証拠金は10倍の4万円必要だ。

また、FX会社の中には裁定取引通貨単位が1通貨単位で設定している会社も存在する。

その場合は「100円÷25倍=4円」が最低必要証拠金額となる。

このように、FXというのは最初必要となる金額が小さな金額でスタートすることが可能だ

少額で始める危険性はある?

少額でFXを始めることに危険性があるのかと考える方もいるのではないだろうか。

結論は「少額投資で行うことに危険性はない」というのが回答となる。

むしろ少額で投資できるということはメリットしかなく、使い方によってリスク管理を行いやすくなるため、レバレッジをしっかり理解し、取引をスタートすることをおすすめする。

FXを少額で始めるメリット

では具体的に少額で始めるにはどのようなメリットがあるのかを見ていこう。

エントリーを分散することができる

少額で投資するメリットとして「エントリーを分散することが可能」という点があげられる。

FXは通貨ペアの動きを予測し、どこかで売り買いを行い、為替レートの変動を利用して利益を得るということが取引の目的となる。

しかし、「いつ、どのタイミングで相場が動き始めるかわからない」というのが難しい点である。

また、ピンポイントで相場の安値や高値を予測するということは難しく、一度のエントリーのタイミングでしっかりと相場の大きな転換点を捉えるということは不可能だろう。

そこで「エントリーを分散してゆっくりと相場の動きを考えながらポジションを増やしていく」ことが大事になる。

エントリーを分散するメリットは、一度目のエントリーのポイントから予想とは外れた方向に動いた場合の損失を限定できる点や、時間経過とともに予想した値動きになることを確認してからポジションを増やすことができる点があげられる。

相場というものはゆっくり時間をかけてトレンドが変化するため、そのトレンドの変化に合わせてエントリーを分散しながら取引するということでリスク管理を行いやすくなる。

最初のエントリーで利用できる証拠金を全て利用することは絶対に避けるべき取引のため、ここもあわせて理解してほしい。

そして、最低取引数量が1,000通貨単位のFX会社と1万通貨単位のFX会社によってエントリーできる回数も異なる。

もしも、証拠金を日本円で10万円入金した場合でエントリーの回数を実際に考えるとわかりやすいのではないだろうか。

このようにリスク管理の観点からエントリーの分散というのはとても大事なことを理解してもらえるといいだろう。

デモトレードではなく実際のお金で取引を学ぶことができる

デモトレードがないFX会社というのはデメリットと考える人もいるかもしれないが、完全にデメリットのみというわけではない。

その理由として、デモトレードではFXの取引において一番大事なことを学ぶことができないからである。

取引において一番大事なことは「実際の資金を利用して取引を行った場合の心理的な揺れ動きを理解すること」がある。

デモトレードは利益が出ても、損失が出てもダミーの資金であるため、自分自身に影響はない。

しかし自己資金を入れて取引を行うと当然ながら損失も利益も全て自身の資産の変動に影響する。

取引を行うことでFX投資家が難しいことは「自分自身のトレードを行っている心理状態をコントロールすること」である。

たとえば、10万円を証拠金としてポジションを保有し、次の状況になった場合に自身がどのように感じるか考えてほしい。

①評価益が4万円(+4万円)となっており、決済を行うと資金は14万円に増加する。
②評価損失が4万円(-4万円)となっており、決済を行うと資金は6万円に減少する。

①の場合は「まだ決済せずに保有して4万円の評価益がなくなってしまうのではないか」という不安感が生じ、とりあえず4万円を確保するために決済を行い、安心感を得ようと思わないだろうか。

一方、②の場合「6万円まで減少している中で、保有していればこのマイナスの4万円が回復するのではないだろうか」というふうに考えてしまうことはないだろうか。

これはマイナスが生じたという事実を受け入れることができないという心理的背景であり、FXを始めたばかりではよくある心理行動である。

そして決済を先延ばしにしてしまい、マイナスがさらに拡大して「一度のトレードで資産の大半を失ってしまう」というのが負けパターンの典型とも言えるだろう。

そのため、少額の資金でもいいので実際の取引を行い、自身の資産の変動にともなう心理的な動きを自分自身でフィードバックしながら感情の揺れ動きを体感することが大切である。

通貨を分散することができる

少額取引のメリットとして、少ない資金でも通貨ペアを分散して投資できることがあげられる。

資産運用の基本としてポートフォリオの分散というものがある。

これは一つの投資対象に全ての資金を投資した場合、その投資対象一つの値動きで自分自身の資産が大きく変動するため、投資対象を複数に分けてリスクを分散することで資産運用を安定させるという考え方である。

FXの場合、投資対象として「ドル円」や「ユーロドル」「ユーロポンド」などたくさんの通貨ペアが存在する。

外国為替市場は通貨によって下落しやすい通貨、下落しにくい通貨などまったく異なる動きをするため、通貨ペアを分けて投資を行うことで、リスクを分散できる。

ただし、相関関係が強い通貨ペア同士というのは、分散してもリスクを大きく軽減することができないため注意しよう。

動きに関係性のない通貨ペア(例としてドル円とユーロポンドやドル円と豪ドル/ニュージーランドドルの通貨ペア等)を組み合わせて取引することが大切である。

そして、通貨の分散を行いながら毎月定額で少額で色々な通貨ペアに積立を行うことで、ポートフォリオの分散とエントリーの分散が可能である。

少額取引ができるFX会社

では実際に少額で取引ができるFX会社の特徴を見ていこう。

松井証券FX

出典:MATSUI FX
松井証券はFX会社ではなく総合ネット証券会社の老舗であり、信頼性が高い証券会社の一つである。

松井証券のFXは最低取引単位が1通貨単位という単位での取引が可能。

また、松井証券のメリットとしては総合ネット証券のため、取り扱い商品がFXだけではなく投資信託や株式等も取り扱いがある。

そのため、今後FX以外の投資商品に挑戦していきたいという方には利便性が高いだろう。

同じ証券会社内の口座の資金振替だけですぐに取引が可能となっており、FX以外で分散投資をしながら資産管理は同一の証券会社で行いたい場合におすすめの会社と言えるだろう。

みんなのFX

出典:みんなのFX
みんなのFXは最低取引単位が1,000通貨単位と少額からFX投資が可能である。

みんなのFXで定評があるのはスプレッドの狭さと、スワップポイントと比較的に高いという点であり、バランスが取れていると言えるだろう。

また「ヒートマップ」という通貨毎にどの通貨が強いのか弱いのかというデータやポジションブック※1というものが>提供されており<、トレードで必要な情報がバランスよいのが特徴である。

そのため、FXを始めたての人でも視覚的にも使いやすく、さらに中上級者にも必要な情報が提供されている、幅広いユーザーが利用しやすいFX会社と言えるだろう。

※ポジションブックとは売買比率である。売買比率とは市場内で現在ロングポジションが多いのかショートポジションが多いのかという比率を確認できるものであり、ロングポジションの比率が多いと、どこかで決済のための売り注文が入るということが確認できるためトレードにはとても大切な情報となっている。

SBIFXトレード

出典:SBI FXトレード
SBIFXトレードは最低取引通貨単位が1通貨からとなっており、小さな金額からでも取引ができるFX会社となっている。

SBIFXトレードのメリットはドル円を中心としたスプレッドの狭さであり、短期的なトレードを行う方はSBIFXトレードはおすすめの一社となるだろう。

※検討する一社だと選択肢の一つくらいなニュアンスになるので、もう少しおすすめというふうな言い方でお願いできますでしょうか?

また通貨ペアも34種類と豊富なことも魅力の一つだ。「ポーランドズロチ」や「ノルウェークローネ」など他のFX会社があまり取り扱っていない通貨ペアも存在するため、マイナーな通貨を取引したい方は開設しておくべきFX会社と言える。

外為どっとコム

出典:外為どっとコム
外為どっとコムの最小取引通貨単位は1,000通貨単位からとなっており、少額からの取引が可能な老舗のFX会社の一社である。

外為どっとコムの大きなメリットは情報量が充実しており、マーケットレポートやアナリストの予想など色々な教材コンテンツが豊富なFX会社である。

そのため、とくにこれからFXを始める人は勉強のために口座開設しておくことをおすすめしたい。

通貨ペアも30通貨ペアとなっており、豊富な通貨ペア数を提供していることから通貨ペアで分散投資を行うには適した一社となるだろう。

少額で運用していくためのポイント

これからFX取引を行いたいという方で一番大切なことは「精神的に不安になるようなポジションは保有しないこと」というものがある。

上記でも記載したように、自分自身のメンタルコントロールが投資の世界では共通して利益を出すために大切なことであり、そのメンタルコントロールを行うために心理的に不安になるようなポジション量は保有しないということが絶対条件とも言えるだろう。

相場というのはエントリーのタイミングがとても大事だが、常にタイミングをピンポイントで当てることはできない。

しかし、ゆっくりと相場の動きに合わせてポジション量を増減させることは、相場に関係なくできることであり、このリスクコントロールが勝敗を決すると考えていいだろう。

そして、少額投資というのはリスクコントロールを行う上で有用なものであり、積立で資産運用を行う場合はとくに長期的な視野でリスクコントロールを行いながら取引することが必要となる。

最初は無理をせずに、小さな金額でFXの難しさやリスクを理解することがスタートし、その後、自身のスタイルができてきてから本格的に運用するという手順を踏むとよいだろう。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする