ダブルトップ・ダブルボトムとは?それぞれの取引ポイントと注意点を解説

(公開日:

FXは取引を繰り返して売買差益を得るのが基本だが、相場の流れが掴めないままトレードを繰り返すと損失を抱えてしまう可能性が高くなる。

効率的な運用には将来的な値動きの予測が重要であり、まずは値動きの起点となりやすいチャートパターンを覚えるのがおすすめだ。

この記事ではトレンド転換のサインとして利用できるダブルトップ・ダブルボトムについてわかりやすく解説する。

トレンドとは

売買バランスの偏りによって発生している相場の方向性のこと

ダブルトップ・ダブルボトムそれぞれの意味は?

ダブルトップとダブルボトムそれぞれの意味を解説する。

ダブルトップ

まずはダブルトップが形成される理由とその後の値動きについて見ていこう。

FX相場のトレンドが転換する際に出現しやすいチャートパターンであるため、ぜひ参考にしてほしい。

値動きの背景

ダブルトップとは、相場が2つの山状になり下降するチャートの形を指し、上昇トレンドの最中に高値を2回タッチすることで形成される下図のようなチャートパターンのことである。

ダブルトップが形成される理由としては、まず最初の山(左の高値)を目指して買い注文が集まり、天井にタッチした時点で買いポジションの利益確定と新規の売り注文が入る。

次に、中央の谷へ到達した際に売りポジションの利益確定と買いが発生し、再度上昇して2つ目の山(右の高値)を作るのだ。

そして、直前の高値が強く意識されることによって、ほぼ同じ価格で先ほどの下落の流れが生まれる。こうしてダブルトップが形成されるのである。

ポジションとは

新規注文をしてから決済するまでの取引を指しており、建玉とも呼ばれる

将来的に予想される値動き

ダブルトップが発生した後の値動きを予想するには、先ほど触れたトレーダーの売買動向に注目してほしい。

まず、2つ目の山から下落した際に最も意識されるのは、直近で上昇反発を見せた中央の谷(安値)である。

「また上がるかもしれない」という思惑が強まることから、売りポジションの利益確定と新規の買い注文が入りやすい。

参考までに、先ほどの画像を見てもらうと中央の谷と同水準の価格で下髭をともなう陽線の反発が確認できる。

しかし、結果的に安値が突破されることで、反発を見込んで入った買いの損切りと新規の売り注文が発生し、下落が加速する。

さらに、そういった局面においても「損切りができなかった」トレーダーの買いポジションがロスカットとなり、強い勢いを作りだすのだ。

このとき、2つ目の山から下落する際にダブルトップ中央の安値の位置を突破することを「ネックラインをブレイクする」と言い、ネックラインを超えると本格的な下落となり下降曲線になる。

用語解説

<下髭とは>
ローソク足から下に伸びた線であり、ローソク足毎の終値より安い値動きが反映される
<陽線とは>
始値よりも終値の方が高い場合のローソク足であり、一般的には白や緑色で表示される
<ロスカットとは>
一定以上の損失が発生した場合にFX会社によって執行される強制的な決済

ダブルボトム

ダブルボトムはダブルトップの対にあたるチャートパターンであり、「W」の字のように2つの谷と1つの山を形成し上昇する特徴がある。

基本的な値動きの背景は先ほどの逆であり、中央の山(高値)と同水準の価格を突破することを「ネックラインをブレイクする」と言い、ブレイクした際に売りポジションの損切りと新規の買い注文、その後ロスカットが発生して上昇の流れを作りだすのだ。

また、こちらも下落トレンドが上昇トレンドに転換するタイミングで出現しやすいチャートパターンであるため、きちんと覚えておこう。

ネックラインとは

ダブルトップ(ボトム)の分析においては、本格的な値動きのきっかけとなるネックラインを理解しておこう。

ネックラインとはテクニカル分析のひとつであり、ダブルボトムやダブルトップにおけるトレンドの転換点を示すラインのことである。

たとえば、ダブルトップの場合は中央の谷である安値に平行なラインを引いたものであり、ダブルボトムの場合は山(高値)が基準となる。

先ほど触れた通り、いずれのチャートパターンにおいてもネックラインをブレイクすると強い下落、あるいは上昇が発生するため、取引ツールの描画機能を用いて可視化し、明確に判断できるようしてほしい。

エントリー・損切のタイミング

次に、ダブルトップ(ボトム)が発生した際の具体的なエントリータイミングについて見ていこう。

資産を守るために重要な損切りについても触れているので、ぜひ参考にしてほしい。

ダブルトップのエントリー・損切のタイミング

まずはダブルトップのエントリーと損切りのタイミングについて見ていこう。

ダブルトップのエントリータイミング

ダブルトップは上昇トレンドからの下落を示すチャートパターンであるため、必然的に売り注文をおこなうことになる。

そして、形状だけを見れば2つ目の山の頂点付近でエントリーしたくなるところだが、基本的には先ほど触れたネックラインを明確にブレイクしたタイミングを狙ってほしい。

理由としては、ネックラインを超えるまでは再度上昇する可能性がある上に、そのまま上昇トレンドが継続するケースもあるからだ。

もしエントリーが早すぎると大きな損失を抱えるリスクがあることから、下落トレンドの始まりを焦らずに観察しよう。

ダブルトップの損切りタイミング

先ほど触れた通り、ダブルトップはネックラインを明確にブレイクしたタイミングでエントリーするのが基本だが、その場合でも100%下落トレンドが発生するわけではない。

一旦ブレイクしたと見せかけて再度上昇するケースもあるため、資金を守るためにあらかじめ損切りラインを決めておく必要がある。

具体的には、2つの山を結んだ線である「レジスタンスライン」を基準にすることをおすすめする。

直近で2度反発している価格をブレイクすることは上昇トレンドの継続を意味しており、そのまま売りポジションを保有し続けると、含み損が拡大するどころかロスカットになる危険性もあるだろう。

そのため、事前にラインを引いていつでも損切りできるようにしてほしい。

ダブルボトムのエントリー・損切のタイミング

ダブルボトムにおいてもエントリータイミングの考え方は同様である。

中央の山を基準に引いたネックラインを明確にブレイクし、上昇トレンドが発生してから買い注文を入れるようにしよう。

また、こちらも2つの谷を結んだサポートラインをあらかじめ引いて、損切り目安をきちんと設定しておいた方がよいだろう。

ダブルトップ・ダブルボトムの取引における注意点

最後にダブルトップとダブルボトムを用いて取引する際の注意点を解説していく。

いずれも利益を得るための重要なポイントとなるので、きちんと把握しておこう。

ダマシに注意する

まず注意してほしいのが、ダブルトップ(ボトム)がネックラインをブレイクした後に再度トレンドを継続するダマシという現象である。

ダマシとは、チャートパターンのセオリ―とは真逆の方向に値動きする現象を指しており、売りまたは買いのサインが出ているにもかかわらず逆に動くため、テクニカル指標のサインが機能しなくなる。

取引の際はしっかりと押さえておく必要があるため、事前対策としてチャートの形状に注目することをおすすめする。

たとえば、下落を示唆するダブルトップの2つの山が高値を更新して切り上がっている場合は、買いの勢いが衰えておらず、そのままトレンドが継続する可能性があるのだ。

また、ダブルボトムにおいても同様、2つの谷が切り下がっている際は警戒しながらエントリーした方がよいだろう。

ただし、上記に当てはまったとしても必ずダマシとなるわけではないため、その時々の状況を見ながら判断してほしい。

短期足は根拠として弱い

結論として、1分や5分といった短期の時間足(通称:下位足)で発生したチャートパターンは、エントリーの根拠に採用しない方がよいだろう。

細かな値動きを繰り返す下位足はダブルトップ(ボトム)を形成しやすい上に、1時間以上の時間足を作りだす相場の大きな流れによって簡単に飲まれてしまうのだ。

そのため、基本的にダブルトップ(ボトム)は1時間~日足で出現しているものを参考にして、1~30分はネックラインを基準にした詳細なエントリータイミングの判断に活用するのがおすすめである。

一方、週~月足はさらに強いエントリーの根拠になり得るが、チャートパターンが形成されるまでに時間がかかり、取引の回数自体が減ってしまうリスクがあるだろう。

そのため、先ほど触れた1~日足の運用をメインに、週足以上は同時並行でチェックしていくスタイルが効率的といえる。

ダブルトップ・ダブルボトムだけを根拠にしない

ダブルトップ(ボトム)を用いてエントリーする際は、1つの根拠ではなく2つ以上の根拠を組み合わせて判断するようにしてほしい。

たとえば、38.2、50、61.8%といった黄金比に基づいてラインを引いた「フィヴォナッチリトレースメント」はチャートの反発の予測に役立つ。

そのため、ネックラインをブレイクした付近にいずれかのラインがある場合は、反発してダマシとなる可能性があり、逆にそのまま抜ければより強い根拠となるだろう。

そして、一定期間の値動きを平均化した「移動平均線」は上昇に対するレジスタンス、下落トレンドにおけるサポートラインの役割を果たす。

具体的な利用方法としては、ダブルトップ(ボトム)が出現しているチャート画面に表示させて、右側の山(谷)の先端にラインがあれば、セオリー通りのトレンド転換が見込める。

ただし、複数の根拠を用いたとしても100%ダマシが発生しないわけではないことから、先ほど触れた損切りの目安を常に設定しておくことは忘れないでほしい。

FXのおすすめ記事一覧

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする