アヴァトレード(Ava Trade)評判:スプレッド、MT5【FX】

(公開日:

外資系FX会社のアヴァトレード・ジャパン (Ava Trade Japan) は55種の通貨ペアを取り扱い、他社にないマイナー通貨でも取引が可能だ。取引単位は1,000通貨。スプレッド(取引コスト)は変動性で、事前に把握するのは難しいが、比較的高めの設定であると思われる。

世界的取引ツール「メタトレーダー4(MT4)」に対応しており、自動売買を行うことが可能だ。自社オリジナルの自動売買ツールも2種用意している。

結論からいうと、アヴァトレード・ジャパンは自動売買を行いたい方に向く。口座開設の際は同じく自動売買できるFX会社との比較検討が望ましい。以下に自動売買できる代表的なFX会社をまとめる。

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか種類
アイネットFXリピート系「ループイフダン」平均利益率127%(2020年度)デモ口座あり。ループイフダンのオンラインセミナーもループイフダンはデモ口座対応。自動運用を仮想の資金で試せる
使用感を事前に試したい方に推奨
リピート系
FXブロードネット自動売買ツール「トラッキングトレード」。利益実績84.8%(2014年10月15日~2021年3月31日)9つの取引コースを用意。複数コースの保有OKルールが異なる取引コース9種。複数のコースを持てるため取引の目的ごとに使い分けられる
取引管理を重視したい方に向く
リピート系
インヴァスト証券プログラムをリストから選ぶ選択型システムトレード「トライオートFX」ETF(上場投信)の自動売買も可能売買プログラムを選ぶほか、自分で設定もできる。またETF(上場投信)も同じツールで自動売買できる
より発展的な自動売買を行いたい方にはインヴァスト証券が推奨される
選択型
アヴァトレード「MT4(世界的な取引ツール)」対応の本格システムトレード4社で唯一MT4対応。独自売買プログラムも提供4社でMT4に対応しているのは同社だけ。「AMMA」または「DUPLI TRADE」に申し込むと独自の売買プログラムを利用できる。
MT4で本格的な自動売買を行いたい方に向く
選択型

アヴァトレード・ジャパンは取引ツールにも強みがある。同じく取引ツールに定評があるFX会社を以下にまとめる。

 ポイント最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
FXTFFXTF情報局ではFXに関する情報を提供、コストが低い10,000通貨300.1銭×
JFXスキャルピング可能で短期売買がしやすい10,000通貨260.2銭×
アヴァトレードシストレ可能であり、MT4の次世代ツールMT5にも対応1,000通貨501.1銭
OANDA 対応通貨ペアの種類が多い1通貨690.3銭~0.8銭×

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) を簡潔にまとめると?:自動売買&取引ツール重視トレーダー向き

アヴァトレード・ジャパンは以下のような人に向いているFX会社だ。

  • 自動売買したい
  • 取引ツールにこだわりたい
  • マイナーな通貨を取引してみたい

アヴァトレード・ジャパンは世界的な取引ツール「MT4(メタトレーダー)」を用いた自動売買に対応している。高度な取引ツールを用いた自動売買を行いたい方に推奨されるだろう。

情報コンテンツや取引ツールの操作性の面が充実している訳ではないが、アヴァトレード・ジャパンは取引ツールにこだわりアクティブに取引するトレーダーを目指す方に特に向くだろう。

また通貨の取扱数が多いので、イスラエルシェケル、チリペソなどのマイナーな通貨の取引がしたい人もアヴァトレード・ジャパンを利用しよう。

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) のメリット──優秀な取引ツールを利用できる

アヴァトレード・ジャパンを利用するメリットはメタトレーダー4(MT4)とメタトレーダー5(MT5)が使えることだ。

メタトレーダー4(MT4)は世界のFXブローカー100社以上で採用されている優秀な取引ツールだ。テクニカル分析からシストレまでこなせるので、日本の投資家においても利用率が高い。

メタトレーダー5(MT5)はMT4の次のバージョンであり、アヴァトレード・ジャパンは日本でも数少ないMT5に対応したFX会社である。

日本の大手のFX会社は独自で取引ツールを作成し、サービスの差別化を目指しているので独自の取引ツールが使いにくいと感じることもあるだろう。
アヴァトレード・ジャパンは実績の伴った優秀な取引ツールで取引ができるので、取引ツールで不便な思いをしたくない人にメリットが大きいFX会社だ。

また、MT4が合わなかった人にもアヴァトレード・ジャパンは「DupliTrade」と「AMMA(Ava MT4 Multi Agemt)」の2つの独自の取引ツールを用意している。
取引ツールに関しては後ほど詳しく解説するが、他のFX会社の独自ツールを使って不便な思いをした人はアヴァトレード・ジャパンを検討しよう。

円通貨ペアは少ないが、マイナーな通貨ペアを含む55種類の通貨ペアを扱っているのもメリットといえるだろう。

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) のデメリット──情報収集に難ありか

一方で、アヴァトレード・ジャパンのデメリットをあげるなら情報収集面で手厚い訳ではないことだろう。

アヴァトレード・ジャパンのコンテンツには動画マニュアルにMT4動画マニュアルとマーケット情報に小次郎講師直伝「チャートの極意」などがあるが、シンプルで最低限の情報コンテンツとなっている。

ハイレベルな取引ツールがあり、取引できる通貨ペア数が多いため、トレーダーの中でも優秀な取引ツールを使いたい人や、取引したいマイナー通貨がある場合は特に向いているが、さらに情報収集に関してもより手厚くしたい方は、他のFX会社で情報収集用の口座を持とう。FX会社の口座開設は基本的にどこも無料だ。

アヴァトレード・ジャパンのデメリットを補完できるFX会社

FX会社にはそれぞれ強みがあるので、複数の口座を開設するとメリットを享受しやすく、デメリットを補完できる。アヴァトレード・ジャパンは情報収集に難があるので、マーケット情報の提供に積極的なLIGHT FX(トレイダーズ証券)に口座を開設して情報の収集に役立てよう。

口座を開設するとFX会社の情報コンテンツを利用できるので、LIGHT FXに限らず情報の収集に必要なコンテンツを提供しているFX会社があれば複数開設しておきたい。基本的に口座開設に費用はかからないので、複数開設によってコストが増加するデメリットはない。

アヴァトレード・ジャパン株式会社 (Ava Trade) の概要──外資系FX会社

アヴァトレード・ジャパンは国際金融グループ「アヴァグループ」の子会社だ。中核企業「アヴァトレード」が2006年にアイルランドに設立され、現在は世界10カ国に展開する。18万口座を保有し、年間の取引高は5,000億ドルを超える。

自己資本比率は500%以上で、顧客からの預かり資産はすべて「日証金信託銀行」にて分別管理されている。

アヴァトレード・ジャパンの会社概要とサービス概要は下記の通りだ。

設立年月2007年3月
自己資本規制比率622.8 %(2020年10月時点)
通貨ペア数55種類
最小取引単位1,000通貨(0.01ロット)
取引手数料無料
口座維持費無料
入出金手数料クイック入金のみ無料、出金無料
出金にかかる日数3営業日
レバレッジ個人は25倍固定
両建て可能(会社側は非推奨)
取引時間米国標準時間:月曜7:00~土曜7:00
米国夏時間:月曜6:00~土曜6:00
ロールオーバー米国標準時間:毎日6:58~7:05
米国夏時間:毎日5:58~6:05

入金手数料は基本的に自己負担だが、出金手数料は会社負担となっている。出金にかかる日数は3営業日が目安だ。

クイック入金を利用すると振り込み手数料が無料だ。対象の銀行は、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行などの都市銀行や、楽天銀行、住信SBIネット銀行などのネット銀行があげられる。

メンテナンスに関しては取引時間外である週末におこなわれるが、緊急メンテナンスの必要性がある場合はこの限りではない。

取り扱い通貨は55種 1,000通貨単位の取引

アヴァトレード・ジャパンの通貨ペアは55種あり、取り扱いは抜群に豊富だ。「イスラエルシェケル」や「チリペソ」など、マイナー通貨まで取引できる。通貨ペアの一覧は以下の通りとなっている。

通貨ペアの数自体は豊富だが、対円通貨ペアの数が7種であることには留意したい。市場シェアが高いFX各社では全通貨ペアに占める対円通貨ペアの割合は半数近くを占めるが、アヴァトレード・ジャパンは全通貨ペアに対して1割強である。

初心者にとっては対円通貨ペアの方が取引しやすいかと思われるが、アヴァトレード・ジャパンの場合は外貨同士の通貨ペアも視野に入れた方が同社の選択肢を十分に活かし切ることができるだろう。

自己資金が証拠金の100%を下回るとロスカット

FXでは取引で評価損失が一定以上になると、それ以上の損失を防ぐためにポジションを強制的に決済する「ロスカット」処置が取られることが一般的だ。アヴァトレード・ジャパンの場合、自己資金が証拠金の100%時点まで下がると発動される。

たとえばポジションの証拠金率が4%(レバレッジ25倍)である場合、100万円分のポジションを建てるために必要な証拠金は4万円だ。自己資金が10万円なら6万円の損失でロスカットされる。

法人口座のレバレッジは変動する

個人口座のレバレッジは25倍固定だが、法人口座の必要証拠金率は変動する。必要証拠金率が変動すればかけられるレバレッジも変動してしまう。

対円通貨ペア7種に限定して2020年11月に公開された法人口座の必要証拠金率について下記の表にまとめた。

米ドル/円1.4%NZドル/円2.0%
ユーロ/円1.5%カナダドル/円1.7%
豪ドル/円2.1%スイスフラン/円1.3%
英ポンド/円1.9%  

必要証拠金率からレバレッジを計算する方法は「100÷必要証拠金率」だ。米ドル/円であれば100÷1.4%=約71.4倍となる。

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) の取引ツール──世界的ツール「メタトレーダー4(MT4)」 

アヴァトレード・ジャパンは「メタトレーダー4(MT4)」に対応している口座で、取引ツールとしても提供している。MT4は世界中のトレーダーが愛用する取引ツールで、多彩なテクニカルチャートを表示させることが可能となっている。

なお、MT4で表示されるレートは、アヴァトレード・ジャパンが提供するレートとは異なる。あくまで参考値として捉え、実際の売買ではアヴァトレード・ジャパンのレートを確認するのが望ましい。

MT4では自動売買も可能だ。「EA(Expert Adviser)」と呼ばれる自動売買プログラムを自分で設定するか、あるいはすでに設定されたEAを選択することで自動売買を始められる。

アヴァトレード・ジャパンはMT4のブラウザ版も提供しているため、サブPCやスマホからでも利用できる。ただしブラウザ版は自動売買には対応していないので注意が必要だ。

アヴァオリジナル自動売買ツール「DUPLI TRADE」「AMMA」

MT4でも自動売買は可能だが、アヴァトレード・ジャパンは独自の自動売買も提供している。「DupliTrade」と「AMMA(Ava MT4 Multi Agemt)」の2種で、どちらもすでに売買条件が設定された自動売買プログラムを選ぶ選択型の自動売買ツールだ。

利用するにはアヴァトレード・ジャパンの口座を作成後、別途申し込みが必要となる。

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) は日本初のMT5に対応したFX会社

アヴァトレード・ジャパンはMT4の次のバージョンである「メタトレーダー5(MT5)」を日本で初めて利用できるようにしたFX会社だ。
MT5はMT4の改良版であり、動作もチャート分析も次世代であるMT5の方が優れている。現状はMT4の方が使われているが、今後普及していくのはMT5だろう。

MT4とMT5の具体的な違いは、タイムフレーム設定をMT4が9種類に対して、MT5は2倍以上の21種類のタイムフレームから選択して選ぶことができる。
マーケットデータも買値、売値、高値、安値、時間の5つの値のみの取得から、マーケットウォッチタブを利用することで20以上の統計データを閲覧可能となった。

現状は、MT4の方が使いやすいという意見もまだあるが、今後のアップデートが期待できるのはMT5なので、MT5に対応したアヴァトレード・ジャパンの口座の開設も検討しよう。

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) の評判──通貨ペアの多さに定評 コストには厳しい意見

アヴァトレード・ジャパンの口コミを確認すると、通貨ペアの豊富さには好意的な意見が多かった。他社にないマイナー通貨にも取引できるため、通貨ペアの選択肢を求める層からは強い支持がありそうだ。一方で、取引コストの高さには厳しい意見が多い印象だ。

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) のクチコミ(口コミ)・評判は?

割安なレートを提示してくれるのがいい

一時的なキャンペーンレートなどに頼ることなく、割安なレートを提示してくれるのは大変良いです。先進国を中心とする通貨のスプレッドは狭く優位性が高いですが、一方で発展途上国や新興国通貨のスプレッドは他社に劣る条件も多いです。なお、意見の異なる各アナリストからのニュースやマーケット情報も毎日更新されるのは大変便利です。スワップポイントもあまり期待できないため、自身は先進国通貨を中心にトレードを行っております。
実際にボラティリティの高まる局面でも約定拒否となることはなく加えて売買スプレッドが大きく上乗せされることもないので、安心して大きなロットで保有できます。その他国際ニュースの解説やそれにより想定される値動き等を分析してくれておりますが、ポジショントークや出尽くした材料を改めてなぞるような内容も多くあまり参考になりません。

★★★★★5点
(40代・男性)

メタトレーダー4が利用できるなどツールがいい

取り扱い通貨の幅が多く広く外国通貨、取引をしたい方にはお勧めだと思います。普段見かけたことがない通貨や通貨ペアも扱っていてマニア向けです。スプレットやスワップは他のサイトとは見劣りしますが、ツールも使いやすくメタトレーダー4が利用できますのでスムーズな注文ができ助かりました。
チャートも細かく自分好みで設定できますので自分で見やすい設定にできます。1000通貨単位で取引ができるので少額取引が多い方には合うと思います。

★★★★4点
(30代・男性)

他のユーザーと差をつけたいなら利用すべき取引システム

複数の口座を開設しているユーザーにとって、自動的にトレーディングを管理するシステムは、テクニカル分析をする上では便利な内容だと思いました。高性能な取引フォームを採用していることで、各通貨におけるメリットやデメリットを即座に理解できます。
また過去のデータから売買すべきタイミングをチャートによって指南してくれるので、玄人ユーザーにとっては興味深い内容が満載です。
他のユーザーと差をつけたいならば、一度は利用すべき取引システムだと思われます。

★★★★4点
(30代・男性)

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) のスプレッド(取引コスト)──変動性、スプレッドは広い

アヴァトレード・ジャパンのスプレッドは変動性のため、事前に確認することが難しい。

ここではアヴァトレード・ジャパンが参考値として公開しているスプレッドのうち、対円通貨ペア7種のスプレッドについて、以下の通りまとめる。

米ドル/円1.1銭NZドル/円2.7銭
ユーロ/円1.8銭カナダドル/円2.3銭
豪ドル/円2.1銭スイスフラン/円2.5銭
英ポンド/円2.5銭  

アヴァトレード・ジャパンの「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」のスプレッドを、市場シェアの高いFX各社と比較すると、3通貨ペアいずれにおいてもアヴァトレード・ジャパンが最も高くなった。

主要通貨ペア「米ドル/円」では、スプレッドが最も安くなった「SBI FXトレード」の11倍以上、2位以下のFX会社でも5倍以上アヴァトレード・ジャパンの方が高くなった。他通貨ペアでも数倍の取引コストだ。

アヴァトレード・ジャパンのスプレッドは変動性のため一概にはいえないが、スプレッドは比較的高めに設定されていると考えられるだろう。

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) の口座開設方法──口座の複数保有も可能

アヴァトレード・ジャパンの口座開設方法は次の3つの手順でおこなうことができる。

  1. 口座開設フォームに必要事項を入力
  2. 本人確認書類などの必要書類を提出
  3. 返送不要の簡易書留を受け取る

まず、口座開設フォームに必要事項を入力しよう。その後は、本人確認書類をWEB上からアップロードする。
マイナンバーカードを持っている場合は、マイナンバーカードの表面と裏面を撮影するだけで本人確認が終了する。審査終了後にログイン情報が記載された簡易書留が届くので、これで取引の準備は整ったことになる。

また、アヴァトレード・ジャパンはEA(エキスパート・アドバイザー)を複数稼働させたい場合や、シストレと裁量を同時におこないたい場合は口座を複数持てる。マイページにログインして「口座の追加」から2つ目の口座を開設可能だ。

リアル口座の開設の前にお試しでデモ口座を利用できる

アヴァトレード・ジャパンはリアル口座と呼ばれる正式な口座を開設する前にデモ口座を開設できる。

リアル口座と同じ機能を21日間、お試しで体験できる口座である。デモ口座は氏名・メールアドレス・電話番号の入力だけで開設可能だ。

デモ口座で機能を試してからリアル口座を開設するのもいいだろう。

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) にログインできない場合の対処方法

アヴァトレード・ジャパンはMyAva(旧名:マイページ)にログインすることで、サービスを利用できる。

MyAvaにログインできない場合は、ログインID(メールアドレス)、パスワードに半角と全角の間違いも含めて誤りがないかどうかも確認しよう。また、デモ口座でMT4にログインするときは、サーバーの選択に注意が必要だ。サーバーの選択は「Ava-Demo」であり、「Ava-AVA Demo」ではログインできない。

他に問題がない場合で、ログインができないのであればアヴァトレード・ジャパンのカスタマーサポートに連絡が必要だ。

アヴァトレード・ジャパン (Ava Trade) キャンペーン

最後にアヴァトレード・ジャパンによるキャンペーンを紹介する。

利用すれば利用するほどキャッシュバック──アヴァトレード大盤振舞キャンペーン

アヴァトレード・ジャパンでは過去に「アヴァトレード大盤振舞キャンペーン」が開催されていた。

アヴァトレード・ジャパンを利用すれば利用するほど、ステージが上昇しキャッシュバック金額が増えるキャンペーンだったが現在は開催していない。また、2014年にはキャッシュバック金額の変更があった。

過去のキャンペーンではあるが、今後また同様のキャンペーンを開催する可能性があるので参考となるキャンペーンの情報を下記にまとめている。

変更前の金額変更後の金額
ステージ3300円400円
ステージ4400円500円
ステージ5500円600円

MT5を利用してポイントサイトでポイントをゲット

ポイントサイトのハピタスでは過去にアヴァトレード・ジャパンの利用でポイントが獲得できるキャンペーンを開催していた。アヴァトレードMT5の利用でポイントが獲得できるというものだ。

ポイント獲得条件は新規口座開設と、60日以内に往復で0.5ロット以上の取引を達成した場合である。獲得できるポイントは7500ポイント、ハピタスの1ポイントは1円として換算されるので7500円がもらえる計算だ。

2020年11月現在ではポイントサイトの案件がストップしているため、ポイントの獲得はできない。しかし、ポイントサイトでは定期的にFXの口座開設による、ポイントのキャンペーンが開催しているのでチェックしておこう。

【注目】有力FX会社の早見表(スタイル&ニーズ別)

短期で取引したい(デイトレ&スキャルピング)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか約定スピードドル円 スプレッド通貨ペア数最小取引単位シストレ対応
JFXスキャルピング公認。高速取引専用ツールが魅力数秒単位のスキャルピングに対応。
MT4に対応
4社で唯一数秒単位のスキャルピング「秒スキャ」に言及
超短期トレーダーはJFX推奨
最速:0.001秒 平均:0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭2610,000通貨×
LION FX(ヒロセ通商)スキャルピング公認。取扱通貨ペアは業界最多水準大口ならキャッシュバックキャンペーン手厚い
通貨ペア数が多く、スキャルピングの選択肢が広い
数十万円キャッシュバックの取引キャンペーンが定番
大口トレーダーに推奨
最速:0.001秒 平均:0.003~0.005秒 (2020年7月実績)0.2銭501,000通貨×
セントラル短資FXスキャルピング向けに「1クリック注文」用意4社で最もドル円スプレッド安いドル円メインのトレーダーに向く0.1銭251,000通貨
OANDA スキャルピング公認。95%以上の注文が0.001秒で処理口座開設者に世界7拠点からマーケット情報提供口座開設者は「OANDAラボ」から情報提供受けられる
情報も重視したい方はOANDA
新規注文の99%が0.001秒で処理 (2021年5月3週実績)0.3~0.4銭4010,000通貨
※OANDAは「東京サーバー」コース(その他コースでは1通貨単位、69通貨ペアも)

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

②スプレッド重視(とにかく取引コストを低く)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円
ネオモバFXドル円スプレッドが最低0銭「Tポイント」で取引可能TポイントでFXと株式の取引可能
ポイントで疑似体験したい方に向く
0~0.3銭0.4~0.6銭0.9~1.1銭0.6~1.1銭1.2~2.5銭
ゴールデンウェイ・ジャパン大口取引も低スプレッド 1万通貨超なら3社で最も低い(ドル円)1万通貨超なら3社で最低
取引金額が大きい方に推奨される
0.1銭0.3銭0.6銭0.4銭1.0銭
SBI FXトレード1,000通貨以下なら低スプレッドで原則固定3社で最も通貨ペアが多い3社で最も通貨ペアが多いが、1,000通貨超のスプレッドは変動制
少額トレーダーに向く
0~0.1銭0.3銭0.69銭0.4銭0.9銭

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

③中長期で取引したい(スワップ=金利収入重視)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか米ドル円ポンド円ランド円メキシコ円トルコ円最小取引単位通貨ペア数スプレッド(米ドル/円)シストレ対応
みんなのFX高水準スワップが魅力「オプション」取引も可能(LIGHT FXはFXのみ)「オプション」のほか「自動売買」に対応(LIGHT FXはFXのみ)
FX以外の選択肢も持ちたい方に推奨
32円259円50.7円35.7円292円1,000通貨270.2銭
LIGHT FX新興国通貨スワップに強み新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向新興国通貨スワップが「みんなのFX」より高い傾向
高金利通貨のスワップを獲得したい方に向く
31円259円63.7円49.7円292円1,000通貨270.2銭×
表中のスワップポイント(米ドル円~トルコリラ円)は「2021年5月24~28日の累計 1万通貨の買い」の数値

※トルコリラ/円に特化した図表は、下記の記事内を参照されたい。

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

④少額取引(数円~数千円で始めたい初心者&取引金額を細かく調整したい方)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか
SBI FXトレード全34通貨ペアで1通貨単位取引OK唯一マイナー通貨の少額取引可能「ブラジルレアル」などのマイナー通貨も取り扱う
さまざまな通貨で少額FXを行いたい方に推奨される
ネオモバFX最低取引単位1通貨スプレッド0はネオモバだけ(ドル円、1,000通貨以下)1,000通貨以下のドル円スプレッド0
少額かつドル円トレーダーに推奨
LINE FX1,000通貨単位取引。いつもの「LINE」で取引可能3社で唯一米国株取引可能「国内株」「米国株」「投資信託」を取り扱い、いずれも少額取引可能。3社で最も選択肢が多い
FX以外の少額取引を行いたいならLINE FX

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑤自動売買(時間が無い方向け。プログラムによる取引)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くか種類
アイネットFXリピート系「ループイフダン」平均利益率127%(2020年度)デモ口座あり。ループイフダンのオンラインセミナーもループイフダンはデモ口座対応。自動運用を仮想の資金で試せる
使用感を事前に試したい方に推奨
リピート系
FXブロードネット自動売買ツール「トラッキングトレード」。利益実績84.8%(2014年10月15日~2021年3月31日)9つの取引コースを用意。複数コースの保有OKルールが異なる取引コース9種。複数のコースを持てるため取引の目的ごとに使い分けられる
取引管理を重視したい方に向く
リピート系
インヴァスト証券プログラムをリストから選ぶ選択型システムトレード「トライオートFX」ETF(上場投信)の自動売買も可能売買プログラムを選ぶほか、自分で設定もできる。またETF(上場投信)も同じツールで自動売買できる
より発展的な自動売買を行いたい方にはインヴァスト証券が推奨される
選択型
アヴァトレード「MT4(世界的な取引ツール)」対応の本格システムトレード4社で唯一MT4対応。独自売買プログラムも提供4社でMT4に対応しているのは同社だけ。「AMMA」または「DUPLI TRADE」に申し込むと独自の売買プログラムを利用できる。
MT4で本格的な自動売買を行いたい方に向く
選択型

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑥サポート重視(初心者&夜間取引が多い人向け)

 ポイント各社のメリット特に誰に向くかその他の問い合わせ窓口
外為どっとコム24時間電話受付。為替のプロが対応税金やマーケット情勢についても回答オペレーターは為替のプロ。オンラインFXセミナーも頻繁に行われる
初心者のエントリー口座として特に推奨
メール
外為ジャパン電話&LINEで24時間対応。LINEも24時間対応高機能FXツール「プレミアチャート」を無料提供。値動きを詳細に分析できる
本格的な取引も行いたい方に向く
メール、LINE
DMM FXコールセンターは24時間受付。メールやLINE、AIチャットも3社で唯一株式取引可能(株式も24時間サポート対応)「株式」「CFD」を取り扱い、いずれも24時間サポートの対象。独自の競走馬ファンドサービス「BANUSY」はユニーク。
サポートのほか選択肢も重視したいならDMM FXが推奨される
メール、LINE、AIチャット

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑦取引ツール重視(MT4など)

 ポイント最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
FXTFFXTF情報局ではFXに関する情報を提供、コストが低い10,000通貨300.1銭×
JFXスキャルピング可能で短期売買がしやすい10,000通貨260.2銭×
アヴァトレードシストレ可能であり、MT4の次世代ツールMT5にも対応1,000通貨501.1銭
OANDA 対応通貨ペアの種類が多い1通貨690.3銭~0.8銭×

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑧デモ口座のあるFX会社

 最小取引単位通貨ペア数ドル円 スプレッドシストレ対応
DMM FX10,000通貨210.2銭×
アイネットFX10,000通貨240.7銭~1.8銭
FXTF10,000通貨300.1銭×
JFX1,000通貨260.2銭×
LION FX1,000通貨500.2銭×
FXブロードネット1,000通貨240.2銭
アヴァトレード1,000通貨551.1銭
セントラル短資FX1,000通貨250.1銭
OANDA1通貨690.3銭~0.8銭×
外為どっとコム10,000通貨300.2銭×
みんなのFX1,000通貨270.2銭
2021年6月1日現在

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

⑨「提供情報の多さ」重視(知識をつけたい・戦略を練りたい)

FX会社概要
LIGHT FX金融情報サービス「FXi24」を通じて為替ニュースを閲覧できるほか、重要度がひと目で分かる経済指標カレンダーも公表
インヴァスト証券自動売買ができるトライオートFXでは、自動売買に関する知識が丁寧に紹介されており、初心者でも無理なく自動売買に挑戦できるようになっている
LINE FX何よりの強みと言えるのが、LINEで為替や相場に関するニュースを受け取ることができることだ。経済指標の発表に合わせて通知がすぐに送られてくるため、チャンスやピンチに素早く反応することができる

更に詳しい比較・デメリットを補うFX会社の組み合わせはこちら(特化記事)

FX会社名 ポイント
DMM FX 口座開設数は国内最大級
SBI FXトレード 最小1通貨から取引可能、積立FXも対応
LIGHT FX スワップポイントに定評、実践的な情報コンテンツ
外為ジャパン 1,000通貨単位、クイック入金や24時間サポート体制
楽天FX 楽天ポイント・グループのシナジーで若者が流入
マネックス証券 リスク管理しやすい仕様、外貨出金が可能
LINE FX シンプル設計や通知機能がライトユーザーに便利
ゴールデンウェイジャパン スプレッド業界最狭水準、MT4利用可
FXブロードネット 豊富な取引コースや自動売買が好評
LION FX(ヒロセ通商) 最高水準の取扱通貨ペア数、多様なキャンペーン
ネオモバFX Tポイント利用可、少額からの投資にも強み
トライオートFX 自分で自由度高く作成可能な「設定型」の自動売買
JFX 約定力に定評、スキャルピングも
セントラル短資FX 値動きを予測する「みらいチャート」が好評
OANDA Japan 豊富なテクニカル指標・描画オブジェクト標準装備
アヴァトレード・ジャパン 日本初MT5に対応
アイネットFX 裁量取引も、自動売買取引も可能
更新日:2021/01/25

動画でもFXを勉強(松井証券によるFX動画の例)

たとえば「MATSUI FX」(通貨ペアの追加や主要ネット証券初の1通貨単位取引導入など、2021年2月にサービス内容がリニューアルされた)を運営する松井証券は以下のように動画でFXについて解説するシリーズを用意している。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする